posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 同済大学 垣屋宗寿 2017年6月

皆さんこんにちは。法学部政策科学科4年の垣屋宗寿です。最初で最後の留学レポートは、これまでの留学生活で感じた事をいくつか書きたいと思います。    2月末に中国に来て、人の対応や秩序など日本との違いに本当に驚きました。「もし日本なら」、というフレーズを口にすると息すらできなくなるほどで、自分に基準はなく、ここは外国なのだと心に決め、中国での日々が流れ始めました。    午前中のみ大学の授業があり、クラスはA班からG班に分かれています。自分は、欧米やアフリカの方が流暢に中国語を話すF班の底辺でもがいています。休学や休職をして学びに来ている人や、漢字圏ではない人と一緒に授業を受けることは、大きな刺激になっています。学生活動は、学校の野球部に参加し、メモ帳片手に中国の学生から中国語を習い、交流を深めています。中国の学生は本当に元気で、練習に向かうときは、中学校時代の体育の授業に向かう気分です。ルームメイトがイタリア人ということもあり、ヨーロッパの人に囲まれるという初めての経験もできました。東に浮かぶ島国から来た自分にとって、国境を簡単に行き来できる大陸の人と接することは、外国に対する捉え方を変化させてくれました。同済大学には、千何百人の留学生が在籍しており、僕のルームメイトは、英語で建築を学んでいます。中国語ではなく、他の専門分野を学びに来ている留学生も多いです。    大陸で活動する中で、中国史のおびただしさ、街角の熱気、夜空紅い上海と荒涼な農村との差など自分の眼で見て、肌で感じる事ができました。秩序を失ったと思われる中にも独自の秩序を保っている気がしたり、議論も最高のレクリエーションなのだと感じたりと、何気ない時に気づくことが多々ありますが、なぜか決って一人でいるときの方が新たな発見が多いです。    この写真は、先日出かけた時に撮ったものです。盛んなクラクションが鳴る中、この風景を眺めているとき、ふと慣れてしまっている自分に気がつきました。限りある時間の中で、ある意味慣れてはダメで、常に新鮮なものを求めて飽きないように動かなければと感じています。硬座(席のみの寝台列車)で移動したのですが、夜がなかなか腰を上げてくれず、とても長く感じました。今では寮のベッドに体が沈んでいくだけで、極楽に浸っています。夜の暗さを知って、昼の明るさがわかるように、留学で得られた新たな視点で今までとは異なる捉え方をしていきたいです。    最後になりますが、すべては言葉であり、その言葉があるからその意味を味わえるのだと思います。自分は、日本で生まれ、日本語が基になっている以上、日本語が母国語であるという日本人の特権を、更に意識していきたいです。国境を超えるのが益々容易になる時代において、今回留学できた事に感謝しております。お世話になった方々本当に有難うございます。もう少し成長して、来月帰国します。  
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 宇多村隆一 2017年5月

はじめまして。同済大学に留学している宇多村隆一です。 来た当初は葉の一枚も無かった木々に溢れんばかりの緑が繁り、夏の到来を待ちわびる時期になりました。 今は四月末の中間テストを受け終わり、一段落がついたところです。中間テストは中級総合、リスニング、口語、作文、閲読の五種類を五日間で行います。 日々の授業が中国語で進行するのに加えてテスト範囲がとても広いため、テストはかなり不安だったのですが、しかし友人たちと共に勉強をして、安定した気持ちで受けることができました。 私はこちらへ来た当初、毎日を不安に押しつぶされそうに過ごしていました。失敗も多く、周りに迷惑をかけました。しかし積極的に動くことを常に心がけ、失敗する度に根気よく改善をくりかえすことで、毎日を少しずつ充実したものにできるようになってきています。最近、私は外国の友人たちとともに、北京へ旅行に行きました。まだ決して流暢に会話ができるわけでもなく、また聞き取れるわけでもありません。正直、ついて行くことには抵抗があったのですが、しかし拙いながらも積極的に会話をしていくことで、少しずつ生きた中国語が自分の中に定着していく感覚を得ることができました。この感覚は、留学に来たからこそ得られたものだと思います。残りの期間も積極的に行動することを心がけて、有意義な経験を多く積みたいと思います。   写真 同済大学校内
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 小川奏人 2017年4月

 こんにちは、同済大学に留学している小川です。時が経つのは早いもので、あっという間に4月となりました。こちらは桜が満開です。  同済大学は2月末から後期の授業が始まります。授業は朝8時から始まり、中国語と英語だけで進んでいくので毎日大変で眠いです。また、中国語の授業以外に選択授業の书法とHSK5級対策の授業を取っています。授業の後は友達と食堂で昼ごはんを食べます。食堂は1食10元前後なのでお財布に優しいです。  上海は地下鉄がとても発達していて、どこにでも行きやすいので快適に暮らせています。また、レンタル自転車もたくさんあるのでちょっと出かける時も楽です。  週末は友達と遊びに行くか部屋でのんびり掃除などをして過ごしています。 留学生活を始めて色々とトラブルもありましたがなんとかなっています。これから勉強はもちろんのこと、多くの人と交流してより留学を充実したものにしていきたいです。
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 平賀礼華 2017年3月

はじめまして!中国学科2年の平賀礼華です☺︎ 私たちが同済大学に来て、一週間が経ちました。今日から3月ですが、上海ではまだ寒い日が続いていて、私たちは厚手のコートにマフラーをして過ごしています。環境が変わったばかりなの で、風邪を引かないよう気をつけたいです。 さて、今回の私のレポートでは、同済大学の寮について紹介させていただきます。留学生寮のほとんどは2人部屋で、私も韓国人の女の子と2人で住んでいます。 (↑部屋の写真) 左側の机と二段ベッドの上の段が、私のスペースです。他の友人の部屋と比べると少し狭いのですが、到着前に想像していたよりはずっと良い部屋で、トイレとシャワー、エアコン・冷蔵庫・テレビまで付いているのでとても快適に過ごせています。 留学生の寮は全部で4つあるのですが、私の部屋がある1号館のロビーにはいつも係りの人が3〜4人いて、顔も覚えてくれているので安心です。 この一週間は、学校の手続きや銀行口座の開設、中国の携帯やWi-Fiの契約など、やるべき事がたくさんあり、本当にたくさんの人に助けて貰いました。周りの中国人や他の留学生はみんな優しく、いつも声を掛けてくれてくれます。そんな友達をこれからも大切に、積極的に交流して、1年間の留学生活を楽しみたいと思います!
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 桑村里菜 2017年1月

桑村です。1月の同済大学留学レポートを担当させていただきます。 早いもので、私の留学も残すところ1か月を切ってしましました。学校の授業自体は10日の期末テストをもって終了となるので、学校生活は残り1週間余りとなります。 2学期にわたり、2つのクラスに在籍し授業を受けましたが、クラスの難易度よりも、クラスメイトの人数やクラス自体の雰囲気を見てクラスを決めたことにより、結果的に有意義な学校生活を送れたのではないかと感じています。2学期目のクラス決めの際、本来在籍したかったクラスがかなり少人数で、雰囲気も静かだったため、悩んだ末レベルを1つ落とした大人数のクラスに在籍することに決めたのですが、実際留学生活をおくる中で、自分の中国語力の成長を一番感じるのは、授業中よりも外国人の友人と中国語を使ってコミュニケーションをとっている時だったため、人数の多いクラスに在籍してたくさんの友人と毎日コミュニケーションをとれたことが、とてもいい結果につながったと思います。特に2学期目のクラスは、毎日授業後にみんなでお昼を食べに行くことが日課のようになっていたし、どこかにみんなで遊びに行こうと提案してくれる人も多く、毎日充実し、良い勉強ともなりました。また、先生も親切で熱心な方が多く、授業外でもHSKテストに向けた対応や課外活動の提案を積極的にしてくれました。残念ながら2学期の写作の先生は、あまり授業に熱意がなく、クラス内でも不満の声が上がることが度々ありましたが、同済大学では生徒の先生に関するアンケートを実施しているため、生徒の意見を先生に伝える機会も充実しているように思います。 あっという間に過ぎてしまった1年間の留学生活でしたが、友人や先生方、充実した学校設備に恵まれ、本当に有意義な1年間を過ごすことができました。帰国することが本当に名残惜しく、本科生としてこのまま同済大学に在籍したいと思うことも少なくありませんでしたが、日本に帰り、上海で学んだことを生かせるよう精進したいです。
カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

留学レポート 同済大学 赤木彩乃 2016年12月

留学期間も残り約1か月となりました。最近は悔いのないように中華をたくさん食べたり、友人たちと遊んだり、とても忙しいです。(笑)前学期は何事も必死すぎて余裕があまりなかったですが、今学期は自分の中国語のレベルも上達し、生活にも慣れ、余裕ができたので、留学期間にしかできないことを重点的にしています。  先日、中国人の知り合いの紹介でプチインターンをさせていただきました。内容は、その中国人の知り合いの方の代わりに空港に日本の企業の方たちをお迎えし、一緒に蘇州の工場に行き、またホテルまで一緒に車に乗って送迎するというものでした。私は通訳としてご一緒させていただきました。日常会話は全く問題なく、運転手の中国人の方と日本の企業の方との間に入り通訳をしました。しかし、工場での中国人の方の企業の紹介のプレゼンでは、同時通訳を頼まれましたが、全くできず、単語をいうだけで、悔しさと恥ずかしさと同時に通訳の難しさを感じました。しかし、企業の方たちと一緒に行動して、会議にも工場見学にも参加させていただいたことは、とても貴重な経験になりました。将来は私も海外で働きたいので、上海の駐在員の方たちには参考になる話をたくさんしていただいています。 【インターンシップの様子】   今月はクラスメイトが一人一足先に帰国するのでお別れ会がありました。クラスで上海ディズニーランドに行ったり、カラオケに行ったりしました!今のクラスは少人数でみんなと本当に仲が良いので毎日とても楽しいです。(上海ディズニーに私は4回すでに行きましたが、すごくおすすめです!)私ももうすぐ帰国だと思うとすごく寂しいです。ですから、残り少ない時間を有意義に使い、大いに楽しみたいと思います! 【ディズニーランドでの様子】  
カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 桑村里菜 2016年11月

同済大学に留学中の桑村です。夏休み中に9月分のレポートを担当させていただいてから、早くも2か月が経過しました。 上海では10月半ばから急に気温が下がり、少し肌寒くなりました。 9月の2週目から新しい学期が始まり、新しいクラスで毎日楽しく授業を受けています。前学期より10人ほど人数が増えた比較的大人数のクラスです。新学期開始当初は、クラスのほとんどが休み時間は英語で会話をし、授業中の発言にも英語を用いる生徒がいたため、英語がほとんど話せない私は、この先友達ができるだろうかと心配になりましたが、授業と中国語での生活に慣れ始めると、日常会話でも中国語を使ってくれるようになり安心しました。授業後は、約クラスの半数でお昼ご飯を食べたり、そのあとカフェに行ったり、週末には夜ご飯を食べに行ったりと、前学期のクラスに比べて大員数のクラスメイトと過ごす時間が長くなったことがとても楽しいです。最近では授業後に場所を借りて、餃子を自分たちで皮から作りました。        また、学校の催しとしてあったチベット祭りにも参加してきました。今までチベットから来た学生の知り合いはいなかったのですが、多くのチベット出身の学生が大学に在籍しているらしく、チベットの伝統音楽の演奏を聴いたり、伝統衣装を見たり、文化について知ることができました。       来週からは中間テスト週間が始まります。前学期より教科が増えているし、難易度も高くなっているので、テストに備えてしっかり勉強したいです。
カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報

【留学レポート】 同済大学 赤木彩乃 2016年10月

長い夏休みはあっという間に終わり、新学期が始まりました。新学期は少人数のクラスになり、またクラスのレベルも自分のレベルも上がったので授業もますます楽しいです。早いもので残り3か月ほどで2学期も終わってしまいます。精一杯頑張りたいと思います。   今日は留学生活の食事について紹介したいと思います。 私は学校の食堂をよく使います。とても安いし、おいしいし、量がとても多いです(笑)お昼は尋常じゃないくらいの学生でどの食堂も込み合います。しかしみんな食べるのがとても速いので問題ないです。北九大の食堂の様にバイキング(おばちゃんがよそってくれる)のように料理を選ぶところの食堂は種類も豊富でとてもおいしいです。   肝心な食べ物の写真を撮り忘れましたが、10元あればかなりよい食事が食べられます。安くて5元でもお腹いっぱい食べられます。   軽食である肉まんなどの包子は、1つ0.7元なので格安です。営業時間は長いところで朝の6時から夜の10時まで開いています。 とても安いので、食堂の食事だけで暮らしたら1か月400元で食費は賄うことができます。(でも周りにもおいしいお店がたくさんあるので、いろいろお店で食べることをお勧めします!)   残り少ないですが、本場の中華料理をもっと堪能して帰国したいです!
カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】同済大学 桑村里菜(2016年8月)

はじめまして。今回のレポートを担当させていただきます、桑村です。 私が上海の同済大学に留学を始めてから、早くも半年が経過しました。広いキャンパスで、多国籍にわたるたくさんの友達に囲まれ、充実した毎日を送っています。この半年間は、極力、日本語を話すことを避けようとして日本人のコミュニティには参加していないので、日常生活で日本語を話すことがほとんどなかったように思います。私が所属していた中国語初級クラスでは、ドイツ、韓国、イギリス、トルコ、ネパールなど10か国から留学生が集まっていました。毎日4コマの授業を一緒に受ける中でも、文化や考え方の違いを感じることが少なくありませんでしたが、みんな本当に仲が良く、夏休み中の今でも連絡を頻繁に取り合うような友達も数多くできました。留学期間前半においては、拙いながらも中国語という言語を通して、親友と呼べる存在ができたことが一番の喜びであると感じています。    また、留学前には、同済大学や寮の設備について、いろいろと懸念がありましたが、とても快適で安心しています。寮内には、各フロアに一つずつ洗濯機、電子レンジ、IHコンロが設置されているので、洗濯や簡単な調理については困ることはありません。また、大学内にスーパーマーケットや食堂、カフェ、携帯電話ショップもあり、大概の用事は大学内で済ませられてしまうのではないかというほどです。スーパーマーケットには、日用品や食品がある程度揃っているし、食堂やカフェは把握しきれないほどたくさんある上、価格もかなり良心的です。大学内の携帯電話ショップで携帯を契約すると、寮や大学内で使えるWi-Fiの価格も込みで月々50元で済むので、学校外にある他の携帯電話ショップに比べてかなり低価格で便利だと思います。         次の学期からは中級のクラスに上がるので、少し不安もありますが、聞いた話によるとかなり留学生の数が増えるらしいので新しい出会いがとても楽しみです。残りの半年もたくさんの国の人々と積極的に交流を図り、中国語を上達させることはもちろん、視野をどんどん広げていきたいです。
カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】同済大学 赤木彩乃 2016年8月

 早いもので前回のレポートから半年がたちました。留学は普段の3倍速で時が過ぎるというのは本当です。気がついたら半年が過ぎていたので、残りの半年を大切に過ごしたいと思います。  ほとんどのクラスメイトが1年の留学期間を終えて帰国しました。学期の最後には教室でパーティーをしたり、公園にピクニックに行ったりしました。先生やクラスメイトに恵まれていたように感じます。授業は分かりやすく、分からないところは友達が積極的に教えてくれました。 ☝クラスでのお菓子パーティー   また、前期には杭州、北京、広州、香港、雲南省、蘇州に旅行に行きました。中国の広さに圧巻されると同時に、中国のたくさんの美しい自然の場所や歴史的建造物、世界遺産をみてますます中国が好きになりました。地域ごとで中国人々の様子も全く違いました。例えば、香港は普通語よりも英語が通じたり、雲南省の少数民族の人々は見た目も話す言葉も全く違ったり、雲南省のその他の人々も親切すぎるくらい親切だったりと景色や風景を見るのも面白いですが人々との交流もとても面白かったです。  ☜杭州の西湖   北京の万里の長城☟  旅行に行ったときに自分の中国語の上達を実感しました。最初は全然ダメでしたが、雲南省と蘇州の旅行の時は「聞き取れる!」と本当に実感しました。中国の人にも褒められるようにもなって、旅行がますます楽しくなりました。8月には西安と鄭州に行く予定なので、楽しみです! ☟雲南省のタイガーヒルズ    中国は広く、見どころもたくさんあるので、この留学期間に可能な限りたくさんの名所を訪れたいと思います。    
カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[