posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 S.O 2018年11月

皆さんこんにちは。今月の同済大学レポートを担当します、S.Oです。 10月は気温が一段と下がり、冬の気配を感じるまでになりました。 さて、10月1日から7日まで中国では、国慶節という大型連休がありました。連休中は、遠出はあまりせず、上海の観光地を巡ったり、蘇州に行ったりしました。どこに行っても人が混雑していて身動きがとれず、中国の人口の多さを感じました。 そして学校生活では、2学期から毎週土曜日に同済大学の生徒たちに日本語を教えています。私たちは初級のクラスを担当していて、授業中は、教壇に立ち練習問題の答え合わせや、日本の文化についてのプレゼンテーションをします。中国人の生徒は勉強熱心で、とても尊敬しています。日本に興味を持っていて積極的に質問してくれるので、嬉しく感じます。さらに、教える難しさや言語の奥深さを感じました。授業後はみんなで昼食や夕食を一緒に食べます。夕食を食べた後はStudy groupと言って、日本語の中級クラスの人たちと交流したり、お互いに勉強を教え合ったりします。この活動のおかげで、さらにたくさんの中国人と関わることができ、有意義な時間を過ごしています。 最近は、来週に控えている中間テストや、HSKのテスト勉強で日々追われていて忙しいですが、毎日中国人の友達とご飯に行ったりその後も一緒に図書館に行き、勉強したりととても充実しています。気づけば留学も残すところ2ヶ月となりました。悔いのないように残された日々を大事に過ごしていきたいです。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科4年 T.H 2018年10月

同济大学に留学中のT.Hです。  今は国慶節という中国の休日に入っています。8月末まで中国におり、9月に入るくらいに一週間ほど日本に帰ったのですが、台風の影響で中国の便がなくなるという事態に陥り困りました。とはいえ空港から2万円の賠償金と名古屋経由の上海便を手配してもらえたので、なんとか上海に戻ることができました。そのときはびっくりしましたが、僕と同じ便に乗る予定だった中国人の大学院生の方と仲良くなれただけでなく、名古屋から上海に向かう際は、中国国際航空のビジネスクラスの席に座れたので少し得した気持ちになれました。ただ名古屋までは朝の便であり、また名古屋から上海に向かうまで4時間もの間、名古屋国際空港に滞在しなければならなかったのはつらかったですが。  留学生活についてですが、前学期、僕はFクラスという上級クラスで勉強していたため今学期はさらに上のクラスであるGクラスに参加し勉強していくつもりでしたが、人数が圧倒的に少なく、今学期はGクラスがなくなってしまう事態になりました。授業履修関係の職員さんにGクラスがないのであればFクラスでまた勉強すると良いと言われましたが先生が違うだけで学ぶ内容が全く同じかつ、教科書類は日本においてきており、もしFクラスに参加する場合、以前買った教科書をもう一度買わないといけないため、Fクラスをもう一度参加するのは諦めました。そのほか下のクラスのEなどは日本人だらけで、前学期のような少人数かつ、中国語の発言・活動、そしてクラス内での国際交流も前学期よりかなり少なくなると考え、断念。そのほかいろいろ個人的な理由もあったため、今学期はとことんレベルを下げ、自分のしたいことを伸び伸びやっていこうと決めました。  下のクラスの場合、他の留学生と交流する際は英語が重要となり、僕は英語は全くできないので、今学期は前学期と違い留学生たちとの交流というより、現地の方たちとの交流の輪をさらに広げていけたらと考えています。なので前学期あまり参加できなかったサークル活動など多く参加し前学期以上に輪を広げていけたらと考えています。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 S.O 2018年9月

皆さんこんにちは。今月の同済大学レポートを担当します、S.Oです。 9月に入って新学期が開始しました。前期が終わった後、長期休暇の間は一時退寮しなければならなかったので、日本に一時帰国していました。約2カ月ぶりの上海でとてもわくわくしていました。ですが、前学期のクラスメイトたちのほとんどが留学を終え、帰国してしまったので寂しい気もしました。 中国では、今まさに入学シーズンで日本の学期とは時期が真逆です。10日から新学期が始まったので、それまでは生活の準備や、新学期の手続きをしていました。また、それ以外には日中学生交流会と言った領事館が開催するイベントに参加したり、上海の街を散策したりと毎日充実していました。ちなみにこの写真は上海の莫于山M50という所で撮影しました。ここは芸術の街でたくさんのギャラリーがほとんど無料で見られます。絵やデザインに興味のある方は是非行ってみてください。 新学期が始まってからは前期より1つレベルを上げたクラスに入り勉強しています。徐々にレベルが上がってきて難しいと感じますが、HSKの試験に向けて頑張りたいです。 そして、サークル活動も始まってきました。久しぶりに中国人の友人に会えてとても嬉しかったです。私は、以前の投稿に書いているようにダンスサークルに入っています。再来週には新歓があるのでそのためのパフォーマンスを毎日練習しています。これからも引き続き、みんなと交流を深めながら、中国語のスキルを向上させたいです。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科4年 T.H 2018年7月

同済大学に留学中のT.Hです。7月でテストも終わり、今は夏休みです。 僕が今学期参加していたクラスは上級クラスで、上級といっても内容がとても難しいということもなく、クラスも和気藹々としているため、空き時間はもっぱらクラスメートたちと中国語で会話しご飯を食べに行ったり、クラスメートがパーティーを開いたら参加したり、また他の留学生たちとスポーツをしたり、さらには中国人の友達たちと上海の観光名所をまわったりなど、とても充実した毎日を送っています。また6月に入り急に現地の方たちとの交流が増えました。年齢層はさまざまで特に小学2年生から30代前半の方たちが多いような気がします。 留学生活についてですが、留学生たちの留学に対する目的はさまざまで、中国でビジネスを展開するために中国語をしっかり見につけたいという方や大学院に入り、将来中国に住みたいという目的で中国語を学びにきたという方、また自分の国より中国で学んだほうが語学とともに多くを学べ、国に帰ってきたときに良い職に就けるからという理由で毎日ひたすら勉強をしている方など多くの留学生の方たちと交流しました。特に学ぶ目的がはっきりして、毎日真面目に中国語の勉強に取り組んでいる留学生たちや上のクラスにいる留学生たちとの会話は、お互いわからない語彙があったら中国語を用いて教えあうなど、話していてとても刺激的に感じることが多く、また勉強になることも多くありました。 7月に入り次々と仲が良かったクラスメートが次々と帰ってしまい、中には次の学期には上海に戻ってこないクラスメートも何人かいるため、とてもさびしいです。また戻ってきても今度は違う上海の大学に行くという生徒さんや本科生になってしまう生徒さんもいるため、彼らが戻ってきてもなかなか前のように会うことが難しくなると思います。 8月に入ってからの予定として、今のところ上海以外の都市は杭州しか行けていないため、夏休みを通じてほかの地域に行けたらなと考えています。(福建や重慶または都市ではなくどこか静かな田舎)
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 K.A 2018年6月

こんにちは。今月の同済大学留学レポートを担当します、安次富です。 ここ上海に来てはや三ヵ月、念願だった僕の留学生活は残すところあとひと月となりました。正直なところ、やり残したことや後悔することは多くて、秋からまた挽回できないのが一番悔しく思います。本当にあっという間で短い期間でしたが、知らない異国の地に身を置いてみて、毎日が発見につぐ発見で溢れていて充実していた日々を過ごせていたと思います。 考えたり気づいたりすることは勿論多く、伝えることの難しさ、伝わったときの感動、コミュニケーションの重要さを改めて実感しました。そして中国語という言語を学んでいる今後の学生生活へ活かせる知識やモチベーションを得られたと思います。 語学力もそうですが、僕は特に精神的な面での成長を個人的に強く実感できました。日本では見られない他国の人間性、文化、風習がおもしろいほど僕の目に新鮮に映り、毎日誰かに感心したり、イラっとしたり、見惚れたり、ここで過ごす日々が良いことも悪いことも含め本当に濃くて楽しいです。時間を止めてあと五年くらい暮らしてこの地に染まってしまいたいと何度も思いました。僕にとってこれが初の海外だったので尚更そう感じるのかもしれません。この先の人生きっと忘れることはないでしょう。 今一番楽しみにしていることは、日本に帰った後の生活です。毎日毎日中国人や日本以外の国の方と接して生活するうちに、僕は単純ながら気が少し大きくなってしまったようで、以前に比べて些細なことでは動じない精神力を身につけたような気がします。大げさな表現ですが、上海で揉まれたおかげで帰国後も今までより頑張れるような自分になれた気がして、自分に期待するのは少しおかしな話ですが、留学で得たことを活かしどんな変化を実感できるのか、これからの生活に期待を寄せております。 もう目の前にまで迫る平成最後の夏を、ぜひともこの上海の地で迎えたいところですが、それはかないません。この上海での数ヵ月は間違いなく僕の人生に大きく影響を与えました、そして間違いなく青春の一ページです。一ヵ月後、良くも悪くも忘れがたい思い出と共に、成長した姿で無事に日本へと帰りたいと思います。きっといつかまた帰ります、さようなら上海。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 S.O 2018年5月

こんにちは。同済大学に留学している中国学科3年の大出です。 上海に来てから約3ヶ月が経ちました。 学校生活についてですが、私はDクラスに入っていて、先生たちはかなり丁寧に教えてくださり、分かりやすいです。初めは中国語が聞き取れず、進め方にも慣れてなかったので、とても難しく感じましたが、授業はほとんど午前で終わりなので、午後の間に予習や復習などをやっていると徐々に理解が深まりました。またクラスメイトも国際色豊かで、毎日刺激的です。もし、1人誕生日の人がいたら、誕生日会を開いてクラスのみんなで祝うほど仲が良いです。  また、私はストリートダンスサークルに参加しています。ほぼ毎日夜に練習があり、中国の生徒さんと交流できとても楽しいです。練習中に中国語の説明で分からない部分があったら、英語で通訳して、動作で教えてくれます。とてもみんな優しいので、感謝しています。練習後は、よくご飯を一緒に食べに行きます。以前より、中国の友達ができたことで、さらに、中国を聞き取りたい、話したいという中国語へのモチベーションが上がりました。中国語とダンスを学べて毎日とても充実しています。この写真はダンスレッスンの後みんなと撮った写真です。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 同済大学 A.S 2018年4月

こんにちは、同済大学に留学している末井です。大学内にある桜並木の桜は三月末辺りから見頃を迎え、とても美しいです。気候も徐々に暖かくなり、日中は半袖で過ごせるくらいです。 さて、2月から留学生活を始めて早くも一か月が経ちました。出発前は不安でいっぱいでしたが、今までの生活を振り返るととても充実した毎日を過ごせているのではないかと思います。留学生活初日は寮の手続きを何とか済ませ、無事入寮することが出来ました。同済大学に留学する北九大生の中で私が一番乗りだったため、頼れる人や顔見知りもいない状況で最初はとても寂しかったです。二日目以降からは、ネット環境の設定や日用品の買い出しなどをしました。新しく知り合った同じ寮に住む方などに協力していただき、とても助かりました。寮の管理人さんも親切に接してくださり、本当に感謝でいっぱいです。 三月から授業が始まり、私は現在中級クラスで勉強を頑張っています。当然ですが、授業はすべて中国語と少しの英語だけで進行されるので、リスニング力やスピーキング力があまり身についていない状況からの中級クラスはかなり難しく、授業の予習復習が必須です。どうしても先生の話が聞き取れない時は、隣の席のクラスメイトに英語で解説してもらいつつ、なんとか授業についていっている状況です。クラスの授業の雰囲気はとても明るく、クラスメイトも優しい方がたくさんいてとても居心地が良いです。自力で授業についていけるように日々努力したいと思います。 授業後や休日は、なるべく中国語を話す機会を増やすために、友人たちと部活や観光をしています。クラブ活動に参加すると中国人の知り合いが多くできるので、時間があるときはなるべく参加するようにしています。ちなみに私は現在、卓球部とソフトボール部の活動に参加しています。部員の方たちも優しく、とても楽しいです。半年という短い留学期間なので、これからをもっと有意義に過ごしていきたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。写真はソフトボール部の方たちと練習後に撮影したものです。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 平賀礼華 2018年1月

こんにちは。同済大学に留学している中国学科3年の平賀です。 年が明け、期末テストが2週間後に迫って来ました。1年間の留学生活があっと言う間に終わろうとしています。留学に来て中国語を話せるようになったことで行動できる範囲が広がり、今は自分の好きな事を自由にできていて、毎日が充実しています。  12月には、友人と3日間の西安旅行をしました。兵馬俑博物館の写真を載せます。兵士の俑は一体一体顔が違っていて迫力があり、間近で見ることができて感動しました。頭や腕のないものが多かったのですが、それも自分の目で確認できたので満足です。西安料理はどれも美味しいと聞いていたのは本当で、ビャンビャン麺や凉皮(ピリ辛のタレがかかったモチモチ麺)、肉夹馍 (中国風焼きパンに肉を挟んだもの)など、どれも安くて手軽に楽しめました。 クリスマス前には学校でイベントがあり、クラス毎に教室を飾りつけて出し物をしました。私たちのFクラスでは中国式の茶道を習ってお客さんに紅茶を入れたり、手品を披露したり、賑わっていて楽しかったです。良い思い出作りになりました。 私のレポートは今回で最後になります。留学の機会を頂き中国で沢山のことを経験でき、本当に嬉しいです。また応援してくれた家族や友人には感謝でいっぱいです。残り少しの時間も精一杯楽しみます。皆さま最後まで読んでいただいてありがとうございました。
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 小川奏人 2017年12月

こんにちは、同済大学に留学している小川です。 今回のレポートを以て最後の留学レポートとさせて頂きます。後期は時間が飛ぶように過ぎて行き、あっという間に12月となりました。上海も日毎に寒さを増し、いよいよ冬が来たという感じです。 さて、同済大学での留学も残りわずかとなり今までの留学生活を思い返してみると実にたくさんの出来事がありました。楽しかった事、大変だった事、今思い返してみるとどれも良い思い出です。特にクラスメートとの交流は忘れがたいもので、彼らとの会話を通し異なる視点からの意見をたくさん聞くことができ、自分の視野を広げることができました。毎日の授業を通して仲良くなった友達は本当にかけがえのない宝物です。 思い出話をしているときりがないので最近の事について少し書かせてもらいます。同済大学は先月11月半ばに約1週間にわたって中間テストがありました。テスト内容はそれほど難しいものではなかったので問題なく無事に受け終わることができました。これからは期末テストまで残りの授業をしっかり受けるのはもちろん、hsk6級の勉強もしていきたいです。 生活面で大きな変化はありませんが最近上海の空気はとても悪く、ほぼ毎日外が白いスモッグで霞んでいます。しっかりとマスクをして体調を崩さないようにしたいです。 最後に、この留学生活を支えてくれた全ての人に感謝します。 これで12月の留学レポートを終わります。
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 平賀礼華 2017年11月

 こんにちは、同済大学に留学中の平賀です。上海では最近お天気が続いており、 さらに空がとても青いです。中国では空気汚染の影響で青空がとても貴重なので、 青い空を見られる日はとても気持ちがいいです。  さて、今学期私は高級クラスの授業に参加しています。人数は8人と少なく、ア ットホームな雰囲気のクラスです。クラスメイトとは授業以外にも、ご飯を食べに 出かけたり様々なイベントに参加するような、良い関係を築けています。今晩は、 イタリア人の部屋に集まってパスタを作る予定なので楽しみです。 高級という ことで皆中国語のレベルが高く、今、クラスメイトのほとんどがHSK6級取得を目 指しています。私も6級のテストに向けて勉強中なので、周りから刺激をもらい ながら日々頑張っています。    9月始めに寮の部屋が変わり、ポーランド人と生活し始めてから2ヶ月が経ちまし た。以前のルームメイトとは中国語で会話をしていましたが、今のルームメイト とは英語で会話をしています。以前のルームメイトは明るく賑やかな人で部屋の 中でよく歌ったり踊ったりしていましたが、今一緒に住んでいるポーランド人は 静かな人でいつも本を読んでいます。1年の留学の中で国籍の異なる2人との生 活を体験できて、こんな体験は貴重だと思うので嬉しいです。    10月中旬には上海キャリアフォーラムという日中バイリンガル向けの就職イベン トに参加しました。ここで企業説明会に参加すると、その場で面接を受けて日系 企業から内定を頂けるチャンスがあります。毎年秋に開催されているようなので、 来年上海に留学される方も是非参加してみてください。  
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー