post

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部英米学科3年 H.K 2019年5月

みなさんこんにちは。韓国海洋大学に留学中の外国語学部英米学科3年の上米良穂乃里です。こちらにきてもう8か月が経過し、残り2か月で帰国するのが信じられない思いでいます。1年は長いようで本当にあっという間なので、これから留学に行かれる方は最初から具体的な目標を決めておかないと、瞬きしたら一瞬で終わってしまいます(笑)

4月の海洋大は、後半の中間テストが一大イベントでした。今学期は6つの授業を取っていて、すべて韓国語または英語で行われる授業もあれば、韓国語と英語を混ぜながらの授業もあります。前学期は私の韓国語力が足りないのもあり、すべて英語で行われる授業を取っていたため、正直テスト勉強もそこまで大変ではなかったのですが、今回は2週間前からコツコツと勉強を進めていたのにも関わらず、見たことない文章・問題がでるくらい難しいテストもありました。特に「アメリカ文学史」と「英文学科映像」という授業のテストは、習ったことを活かして自分の意見を書く問題等も多くとても苦戦しました。授業前の予習や、教科書や資料で分からないことがあったら積極的に教授に質問に行ったりすることがとても大事になります。また、英文学科映像ではある映画と原作小説を見た後に、それに関する発表を韓国語で行わなければならず、同じチームになった韓国人の先輩に助けてもらいながらも乗り切ることが出来ました。中間試験は少し後悔が残る結果となりましたが、期末はこれよりいい結果を出して晴れやかな気持ちで帰国できるように頑張ります。

サークルは、去年と同様「くろしお」という日本語学習サークルに所属し、今は上級クラスの先生として毎週韓国人の学生に日本語を教えています。韓国人が能動的に日本人や日本語に興味を持ってくれることはとてもありがたいです。これからも留学生関連のイベントや大学祭などの行事があるので、2か月の間に勉強も遊びもサークルも、自分ができる最大の努力をしていきたいです!最後に私の今学期の時間割と、学校が所有するハンバダ号が海洋大の学生を載せて出港する様子の写真で、今回の留学レポートを終わります。

1

2

カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー