post

【留学レポート】 サラワク大学 経済学部経済学科4年 A.T 2019年3月

こんにちは。私のマレーシアでの生活も残す所あと1期のみとなりました。2学期は1月の末から始まっております。

今学期は、私の諸事情(就活関連)により単位数を減らし、3科目のみを履修しています。1つは、Regional Economicsで、マレーシアの地域経済について学ぼうと思い、履修しました。また、経済波及効果の計算の仕方も学べるということで、楽しみです。2つめは、Current Issuesです。主に時事的な経済問題について論じる授業で、ディスカッションを軸に置いた授業ということで履修しました。最後は、Public Financeです。これは、主にマレーシア政府の経済政策などをどのように分析するかを学ぶもので、とても興味深いです。

日常生活は相変わらずですが、今回は、マレーシア人の大好きな“辛いもの”について書こうと思います。私は、日本人の中では辛いものは食べることができる方だと自負しております。ですが、マレーシア人はそのさらに上を行きます。もちろん全てのマレーシア人が辛いものが好きというわけではありませんが、大半は何にでもチリソースをかけたがります。私の親友に至っては、KFCのスパイシーチキンにさらにもっと辛いチリソースをかけて食べるほどです。その親友にMee Goren(日本でいう焼きそば)のカップ麺でとても辛いものがあるから一緒に食べようということになり、食べることにしました。とは行っても市販で売られているので、言うほど辛くはないのでは?と思っていたのですが、食べると悶絶しました。口の中が焼けるようにピリピリし、1時間は何を飲み食いしてもその辛さは治りませんでした。

このように、人々の多くは辛いものが大好きです。しかし、その後インドネシア人の友達とレストランに行ったのですが、どうやらインドネシア人はマレーシア人よりさらに辛い食べ物を好むようです…(笑)私も挑戦しましたが、ここでは多くは語らないことにします。みなさんお察しください。写真は、ウォーターフロントのイルミネーションです。

3月分写真

カテゴリー: 2018秋, 留学レポート
{z[
カテゴリー