post

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学 大屋結夢 2017年11月

 カリフォルニア州立大学モントレーベイ校11月の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科の大屋結夢です。今回は食生活と寮について紹介したいと思います。

 

 アメリカの食べ物と言えば、ファストフードを思い浮かべる人が多いと思います。栄養バランスの偏りを心配している人が多いのではないでしょうか。イメージの通りピザ、ハンバーガー、ホットドッグなどを提供するお店がたくさんあります。

学内にはカフェテリアがいくつかありますが、食事をするところは大きく分けて3か所あります。1つ目は、バイキング形式でピザやハンバーガー、サラダ、メキシカンフードやアジアンフードなどバラエティ豊かな食事を楽しめるところです。2つ目は、ファストフードやサンドイッチ、そしてアメリカナイズされたお寿司を食べることができるところです。そして3つ目に、パスタやハンバーガーを食べることができるレストランがあります。ミールプランに入っている学生は、これらを利用して食事をします。私の場合は、ミールプランに入っていないのでときどきこれらを利用することがありますが、基本的には自炊をしています。私が住んでいる寮には広いキッチンがあり、スーパーではお醤油やみりんといった日本の調味料を買うことができるので、日本食も食べることができます。学内で様々な種類の食事を取ることができるし、日本食も作ることができるので、栄養バランスを考えながら色んな食事を楽しむことができます。

 

 続いて、寮について紹介します。留学生はみんな、キャンパス内の寮で生活します。私が住んでいる寮は広いキッチンの付いたメインキャンパスにある寮ですが、授業がある教室からは少し離れています。キャンパス内に住んでいるにもかかわらず、教室まで徒歩で15~20分かかるので北九大の小さなキャンパスで育った私には、驚きでした。

しかし、同じ寮に住んでいて同じ授業に行くお友達を見つけてからはお話しながら移動すると教室まであっという間です。私が住んでいる寮以外に2種類の寮があります。ひとつは、授業がある建物の近くにあります。この寮には、電子レンジと小さなシンクという簡易キッチンしかないので、必ずミールプランに入らなければなりません。もうひとつの寮は、イーストキャンパスというメインキャンパスから離れた場所にあります。授業があるメインキャンパスまではバスで移動します。それぞれの寮に特徴がありますが私は自分にあった寮に入ることができ、国際色豊かなスイートメイトに恵まれたので、この寮をとても気に入っています。

 

 最後に、先日行われたハロウィンパーティーについて紹介します。パーティーでは、コスチュームコンテストが行われたり、お菓子を食べたりゲームをしたりしましたが、私の1番の思い出はパンプキンカービングです。日本では見たことのない大きなかぼちゃを彫りました。季節ごとにいろんな文化を学ぶことができます。11月にはサンクスギビングがあるので日本とは異なる文化を体験できることが楽しみです!

 

留学レポート(11月) ①

留学レポート(11月) ②


カテゴリー: 2017秋, カリフォルニア州立大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー