post

【留学レポート】 サラワク大学 小佐井薫子 2017年12月

 今月のサラワク大学の留学レポートを担当させていただきます、国際関係学科3年の小佐井薫子と申します。所々お見苦しいところがあると思いますが、どうかお見知りおきを。

 

 今、日本は10度前後の寒い日々が続いておりますでしょうが、12月でもマレーシアは20度後半で、しかも雨季の時期なので、暑くじめじめしております。日本とは違う気候や環境というせいもあったのか、私の身体は悲鳴をあげ、ここ数週間は病院や薬にお世話になる日々でした。ちなみに、病院は大学内にあり、学生は診察も薬も無料で、至れり尽くせりです。

 

 ここでの課題ですが、日本よりも大掛かりなものが多いです。直近なものだと、昨日までは日本だったら卒論並みの膨大なレポートを書くのにひいひい言っておりました。また、ビデオ課題が多い印象です。他の友人は、現地の学生への自分たちの文化についてのインタビュー光景や、現地のフードコートに行ってサラワク州の料理の食レポ光景などを撮っていました。ちなみに今度私はジェンダーをテーマにした劇を撮る予定で、ヒジャブをかぶっていないのと髪が短いことから男子役に抜擢されました。

 

 また、サラワク大学ではいろんなイベントが行われます。11月は、卒業式が行われることもあって、より盛大だった印象があります。学内に移動販売の車や屋台が多く集まり、1週間ほど盛り上がっていました。また、ランタンを飛ばすイベントもあって、とても綺麗だったのを覚えています。今後も色んなイベントが催されるみたいなのでとても楽しみです。

 

写真は、1週間ほどの休暇中に訪れた、大学から車で1時間ほど離れたビーチリゾートです。ここで泳いだり、マリンスポーツを楽しんだりして、思い切り日焼けしました。とても楽しかったです。

 

 本当にここでの生活は怖いくらい充実しています。正直今はまだ日本に帰りたくありません。では、また来年にレポートを書く予定なので、皆さん楽しみにしていてください。

 pic


カテゴリー: 2017秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー