post

【留学レポート】 サラワク大学 三好萌子 2018年1月

 Selamat Petang! みなさんこんにちは。国際関係学科3年、三好萌子です。

今月の留学レポートを担当させていただきます!マレーシア、サラワクへ来て三ヵ月が経ちました。時が経つのは本当にあっという間です。ここへ来てから今まで想像できなかったような事を沢山経験することができています。

今日は、こちらでの生活について紹介していきたいと思います。私たちはDahliaという寮に住んでいます。トイレ、シャワーは共同ですが洗濯機も完備されており想像以上に快適な生活を送っています。私のハウスメートはブルネイからの留学生で、時々部屋で会う度声をかけてくれ、困った時はいつも助けてくれます。私にとって初めての寮生活ですがハウスメートたちの優しさのおかげで今のところ全くホームシックにならず暮らしています。

次に、ご飯についてお話していきます。私たちの寮にはキッチンがないため、外食をしなければなりません。学内にも多数ご飯を食べる場所がありますし学外に食べに行く事も増えました。一食当たり飲み物も含めRM10(約300円)ほどでおいしいご飯を十分に食べることができます。食いしん坊の私にとっては、安くおいしいご飯を沢山食べることができるここでの生活はとても幸せです!

マレーシアへ来て、一番驚いている事、日本と違うと感じることは宗教に対する考え方やあり方です。マレーシアの国教はイスラム教で、一日5回お祈りの音楽が学校中に流れます。友人もムスリムの子たちが多く、一日数回お祈りをしています(個人差がある)。また、ここにはイスラム教徒以外にもキリスト教徒(主に中国系)の方も沢山います。私は運よくモスク、教会の両方に行く事ができ、考えることが沢山ありました。彼らのSNSの投稿も宗教に関するものも多くとても興味深いです。マレーシアに留学して、宗教について考える機会が増えました。このように授業だけではなく、ここでの生活そのものが私に沢山の事を学ばせてくれていると実感する毎日です。ここでの毎日はとても充実していて、日本では会う事のないような国の人たちと沢山会うことができ、本当に幸せです!

長くなりましたのでこの辺で。お付き合いありがとうございました。Terima Kasih.

 

unimas01

写真は、イベントでマレーシアの民族衣装を着たときのものです!“One Malaysia”


カテゴリー: 2017秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー