post

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学モントレーベイ校 大屋結夢 2018年1月

明けましておめでとうございます。2018年最初の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科の大屋結夢です。12月の中旬にアメリカに来て最初の学期である秋学期が終了しました。今回のレポートでは、私が秋学期に受講した授業と冬休み前半の思い出を紹介します。 

私は留学生向けの英語の授業を1つとヒューマン・コミュニケーション学部の授業を2つ受講しました。たった3科目と少なく感じられるかもしれませんが、一つの科目につき週に2回授業が行われ、さらに毎回課題があるので決して楽ではありませんでした。留学生向けの英語の授業では、様々な学問分野における論文の書き方を分析し実際に論文を書きました。文献の読み方、論文の構成や引用スタイルを含め、アメリカで大学生として学ぶために必要な基礎を身につけることができたと思います。残り2つの授業では、文学作品や映画を文化的背景に注目しながら分析して論文を書いたり、独創的な表現技法を用いて詩を書いたりするなど、英語でたくさんの文章を書くことが必要とされました。私は英語で文章を書くことが好きで伝えたいことがきちんと伝わる文章を書くことができる自信がありました。しかし、1つ心配なことがありました。それは小さな文法的な間違いです。私はいつも冠詞に悪戦苦闘しています。私は「留学生だから、少しの間違いは甘く見よう」と扱われるのではなく現地の学生と同じように評価してほしいと思っていたので、オフィスアワーに教授を訪ねたりチューターにアドバイスをもらったりして誰よりも努力しました。プレゼンテーションにも入念な準備と練習をして臨みました。春学期には、より高いレベルの授業に挑戦します。秋学期にやりきったことを自信にして頑張ろうと思います。 

新学期の前に現在は約1か月間の冬休みを満喫しています。冬休みの前半は、高校生の頃お世話になったホストファミリーを訪ねてカナダのバンクーバーに行きました。ホストファミリーは私をあたたかく迎えてくれました。そして、何よりもうれしかったことは「高校生の頃よりも英語がとても上手になったね」と言ってくれたことです。外国語を学ぶことは簡単ではありません。覚えても覚えても新しい単語に出会います。私はきりがない勉強に疲れそうになると、いつもホストファミリーとの素晴らしい時間を思い出します。そして、「もっと英語を理解して話せるようになってまた会いに行きたい」という気持ちをモチベーションにしてきました。今回の訪問でまた大切な思い出が増えました。新たに加わった大切な思い出がまたこれからの学習のモチベーションアップにつながりそうです。

留学レポート (1月)


カテゴリー: 2017秋
{z[
カテゴリー