post

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科2年 T.M 2018年12月

 こんにちは。12月のレポートを担当します、国際関係学科の松本卓馬です。もう少しでイギリスに来てから三か月が経ちます。自分はオックスフォード・ブルックス大学のユニバーシティ・イングリッシュという英語のコースを受けており、後期から学部の授業を受ける予定です。このレポートでは主に留学に向けての勉強、普段の生活について紹介したいと思います。

 

 まず、留学に向けての勉強ですが、自分は本当に英語力が低いので、大学一年生のころから空きコマを使って英語の勉強をしていました。自分の勉強は主に英語の教材を図書館でするだけだったのでスピーキングやリスニングがあまり伸びませんでした。なので、一年生の時から日本に来ている留学生と交流したり、海外ドラマを見たりして英語を勉強すればよかったなと思います。

 

 次に普段の生活です。留学生活ではほぼ一日中英語を話す機会があります。授業中も英語を使い、寮生活でもフラットメイトと英語でコミュニケーションをとります。日本にいるときよりもはるかに英語を使う機会が多いのでスピーキングはかなり鍛えられます。英語の4技能もユニバーシティ・イングリッシュでかなり鍛えられるので、自分のように英語に自信がない人にはお勧めです。ブルックス大学にはJapanese Society という日本の大学でいうサークルのようなものもあるので、日本に興味がある現地の学生とも交流できます。

 

 最後になりますが、これから留学を目指している人にはアイエルツの勉強とか大変だと思いますが、先輩や国センの職員の皆さんをいっぱい頼って頑張ってください。

 obu1

(写真はフラットメイトと誕生日会をした時のものです。)

カテゴリー: 2018秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー