post

【留学レポート】仁川大学校 文学部比較文化学科3年 A.I 2019年2月

 2月のレポートを担当する文・比文の市島采華です。今回私はこれから仁川大に留学したい人の為に寮生活について書こうと思います。これもまた留学希望生必見ですよ!

 仁川大には学校の敷地に寮がある為、楽に授業に行くことが出来ます。更に4人部屋を選べば学期中は5万円の寮費で生活することが出来、本当に安価で生活することが出来ます。ルームメイトはランダムですが、多分最初は同じ国同士でルームメイトになれるように配慮されているようです。(今回北九大は留学に来た4人共同じ部屋でした。)部屋にはシャワー、トイレ、クローゼット、机付きベッド、靴箱、wifiがあります。部屋には冷房、オンドルという床暖房があり、寒暖に関しては心配いりません。ハンガーはないので必要な人は持ってくるのが適当です。ベッドは、マットしかないので枕、シーツ、布団は自分で買ってください。トイレットペーパー、ドライヤーはありません。そして注意として、ドライヤーは変電気を使っても使えないのでこれはこちらで買うのがいいです。アドバイスとしては最初に同居人同士で部屋のルールを決めるといいでしょう。私達はシャワーの度に髪の毛を取る、水回り掃除は月交代など規則を決めています。そのおかげで快適な寮生活です。

 施設としては2階には自習スペースがあり、普段でも多くの学生が勉強をしていますが、テスト期間は席の取り合いになるほどです。1階にはジム(無料)、洗濯室、キッチン、コンビニ、食堂があります。冷蔵庫は共同です。洗濯は洗濯に一回90円、乾燥に90円かかるので溜めて洗濯するのがおすすめです。アイロンもありますがこれも時間制限でお金がかかります。寮の門限は深夜2時なのですが12時になったら正門は閉まってしまうので寮生を証明するカードキーを見せないと寮に入れないので気をつけてください。食堂は食べ放題(想像している食べ放題ではない)で自分でつぐ形式です。1食330円なので自炊するか食堂で食べるか、コンビニ生活をするかはあなた次第です。寮の催し物はテスト期間は間食(ハンバーガー、コーヒー等)の無料配布、メイク、アロマ作り、ヨガ講座があります。

 寮生活では長期休みに入る前、部屋間の引っ越しをしないといけません。それがとてつもなく大変です。ですので、あまり物を増やさないことが大事です。(私はそれで大変な思いをしました。)春学期が始まる前にまた引っ越さなければならないので今から憂鬱です…。

 1人暮らしもできますが私は寮生活もいいなと感じています。私は2階の自習室で勉強をしながら友人もできたりして良いことが多かったです。心配に思っている人はあまり気を負わないでもいいですよ。ではこれで今月のレポートを終わろうと思います。ありがとうございました。(写真は洗濯室の写真)

 

46759

カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー