post

【留学レポート】 カーディフ大学 外国語学部国際関係学科4年 A.N 2019年5月

お久しぶりです。今月の留学レポートを担当します、国際関係学科の永田です。日本は新元号への移行が話題となっているようですが、イギリス国内のニュースでも取り上げられたようです。今月は、今学期の成績評価とイースター休暇の過ごし方について書きたいと思います。今学期、私は五つの授業を受講しており、エッセイが四つと試験が一つあります。現時点では残りエッセイ二つとなったのですが、なんといってももちろんエッセイは英語なので、毎回とても大変です。英語で書くことはもちろん大変なのですが、特に難しいのは、日本語と英語では論の展開の仕方が少し異なることです。なるべく良い評価がもらえるよう、最後のアセスメントを頑張りたいと思います。

次に、イースター休暇についてですが、私は今回のイースター休暇中に、オランダとドイツに一人で旅行に行きました。今回は、観光というよりも現地にいる友人に会うことが目的だったのですが、たくさんの友人に再会ができ、天気にも恵まれてとても思い出に残る旅行となりました。また、長期間イギリスに住んでいると、前回ヨーロッパに旅行に来た際とはまた違った面から他の国を見ることができ、イギリスとの国民性の違い、国の雰囲気の違いなども感じました。写真は、週末に訪れた近くの国立公園のものです。

IMG_6956-1

カテゴリー: 2018秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー