post

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科4年 R.A 2019年5月

こんにちは。最初と最後の留学レポートを担当します、英米4年の鮎川です。今回はオックスフォードブルックス大学に留学してみて私がおすすめしたいことを紹介したいと思います。まず、一つ目はいろんな国の人に出会えることです。私は、現時点で約20カ国以上もの人と出会いました。その人たちと会話をしていると、自分では考えたことのない考えを聞けたり、様々な文化の違いを感じたりすることができ、物事を考えるときの視野が広がった気がします。私は、前期のクラスで仲良くなったサウジアラビア人の友達と定期的に会って毎回1時間半くらい話をしています。二つ目に良いと思うことは、大学の図書館(Headington Campus のみ)が毎日24時間利用可能なことです。このおかけで課題の期限に迫られたときにたくさん助けられました。また、学校には大きくてフカフカなソファーがあり、そこで寝て夜を過ごす事も可能だと思います。三つ目はオックスフォードにはたくさん学生がいるので、危険なことが少なく、比較的治安が良いということです。海外で生活するのは多少恐いこともあると予想していましたが、これまで生活して恐いことに遭遇したことはまだありません。以上の3点が私のおすすめするオックスフォードブルックス大学の主な良いところです。

最後に、留学生活を振り返ってみると、驚くべきことに一度もホームシックになることなく楽しく過ごせました。この結果は自分でも意外ですが、留学することは昔からの夢だったので日本を離れて生活するということに対する気持ちの準備が出来ていたからだと思います。存分に楽しめました。留学生活終わりかけの今の心境は、日本食が恋しいという点では帰りたいですが、イギリスでの生活も楽しく、こっちで出会った友達とお別れするのは悲しく感じます。このような貴重な経験をサポートしてくれた両親にはとても感謝しています。

p.s. 退職された職員の方はお疲れ様でした。コクセンで会えないのが残念ですが、また会える日を楽しみにしています。

写真は一緒に過ごしていた紳士的で楽しいフラットメイトたちです。

IMG_3953

カテゴリー: 2018秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー