post

【留学レポート】 文藻外語大学 法学部政策科学科3年 Y.S 2019年12月

皆さんこんにちは、文藻外語大学に留学している政策科学科3年下野雄大です。留学期間も早いことで残り2か月となってしましました。高雄も12月になり、肌寒く感じる日が多くなってきましたが これより日本は寒いので、私はいまから日本に帰ることができるのかとても心配です。

 今回は、私が週末の休みによくしていることを紹介します。私は週末よく台湾プロ野球を見に行ったり、台湾のランニング大会に参加したりしています。今回はこの2本立てでいきます。

まず、今日本で話題の台湾プロ野球について紹介します。台湾も日本同様にプロ野球があります。しかし日本と比べてチーム数が少なく5チーム(味全は、2020年に二軍参戦、2021年に一軍参戦の予定)となっています。また日本人選手は、今夏に球界に電撃復帰した川﨑宗則選手が味全龍に所属しています。

チケットは、セブンイレブン・全家(ファミリーマート)の端末、ホームページで試合前日まで買うことができます。ただしセブンと全家で取り扱いのあるチームが違うので注意が必要です。また当日球場で買うこともできます。チケット料金は、内野は平日約300元、休日約500元となっています。日本に比べてチケット代がとても安いので、私のように何回も行ってしまうので注意が必要です。

高雄の場合、試合は基本的に澄清湖棒球場で行われます。しかし現在高雄にあるチームがないため、1軍公式戦はとても少ないのが現状です。しかし二軍公式戦は頻繁に行われるため、来年は高雄で川﨑選手を見られるチャンスがあるかもしれません。

次にランニング大会について紹介します。大会には、運動筆記というサイトから申し込むことができます。文藻外語大学も年に一度マラソン大会があります。そのときには多くの学生が参加します。台湾の大会は、気温関係で朝5時、6時スタートのレースがめずらしくありません。朝のレースは、起きたばかりでなかなか難しいですが、このような早朝レースは日本ではなかなか体験できません。また「台北市民5000公尺挑戰賽」では、2017年のユニバーシアード(大学生のオリンピック)で使用された台北田徑場で走ることができ、トラックレースですがなんとペーサーもいます。週末ランニングレースに参加して、ついでに観光をして帰る小旅行は本当におすすめです。

写真は、台中にある州際棒球場の様子です。

1

カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー