post

【留学レポート】 カーディフ大学 外国語学部英米学科3年 K.H 2020年2月

こんにちは。カーディフの堀江です。先月は大半がウインターブレイクだったので、エッセイの残りを仕上げつつ、旅行に出かけたり、個人的にやらなければいけないタスクをこなすというひと月でした。旅行に関していうと、国内はロンドン、国外はドイツ、ベルギー、アムステルダムを訪ねました。イギリスの空港からヨーロッパ各地の空港まで1~2時間ほどで格安の旅行(今回のドイツへの往路航空券はなんと10ポンドでした!)ができるのでこれはヨーロッパ留学生の特権だと思います。日本からはここまで簡単に欧州旅行はできないので、こちらにいる間にたくさんの国を見るつもりでいます。

エッセイは提出した6つのうち先に3つが評価シートと共に返却されたのですが、思ったよりも良いマークをとることができていました。ただ反省点として、締め切りの寸前まで取り組まなければならなかったので、時間配分に気をつけてもう少し早い段階から始めていれば焦らず済んだのかなと思っています。

そしてここまでアカデミックライティングを高いレベルでしたことは今までなかったので、いろいろな学術上のルール、引用、構成にとても手間取りました。渡航前からライティングの難しさについて聞いてはいたので、多少の覚悟はしていたつもりでしたが想像以上に時間と体力を要したので、日本で予習として多少の知識がある状態で留学に臨めるとベターだと思います。

(アムステルダム:アンネフランクの家・ベルギー:ブリュージュ)

画像1

画像2

カテゴリー: 2019秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー