post

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部英米学科3年 R.T 2020年2月

こんにちは。2月の留学レポートを担当する英米学科3年の筒井莉菜です。仁川大学では12月の下旬から冬休みが始まりました。今回のレポートでは冬休みについてお話ししようと思います。

私は学校内にある寮で生活をしており、寮にはコンビニと食堂があるのですが、冬休み期間は営業していません。また校内にある食堂も冬休みは平日のみ営業しています。そのため毎日食事をするのに苦労しています。土日は校内のコンビニが2つしか営業していないので、夕方になると品揃えが悪くなることが多いです。友達と外食に行ったりもするのですが、本当に食べるものがない時は日本から持ってきたレトルト食品などを食べています。仁川大学に留学を考えている人は長期休みを乗り切るために日本食をたくさん持ってくることをおすすめします。

 次にお正月についてですが、旧正月の方が重要視される韓国では1月1日のみ祝日になるので日本のように年末年始の特別な雰囲気を感じることはできませんでした。ですが、海外で年越しを迎えることは滅多にないことなので、特別なことをしたいと思い韓国人の友達とトックマンドゥグクを食べに行きました。これはスープに餃子とお餅が入っている韓国料理で、韓国ではトックマンドゥグクをお正月に食べると1歳年を取ると言われています。初めて食べてみたのですが、想像以上のおいしさでした。(写真は友達と食べたトックマンドゥグクです。)

 Unknown

カテゴリー: 2019秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー