post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉中島優海(2017.3月派遣)

 こんにちは。現在タコマコミュニティカレッジに留学している外国語学部英米学科の中島優海です。アメリカに来て、早くも1か月が経ちました。こっちに来たばかりの時は、初めての海外生活で慣れないことが多すぎて、一週間が過ぎるのがとても長く感じました。でも過ぎてみれば、あっという間に1か月が経ったんだなあという感じです(笑)まだ一か月しかタコマに滞在していないので、まだまだ知らないことも多いと思いますが、これまでの生活の中で気付いたこと、分かったことを簡単に説明したいと思います。

 まず始めに、気候についてです。私がここに来たのが3月の下旬~でしたが、日本よりも寒い感じがしました。というのも、4月はほとんど毎日と言っていいほど雨が降り続けました。こんなにも毎日雨が降るのか!と叫びたくなるくらい雨が降ったり止んだりを繰り返します。私は現地の人が傘を差さないことに驚きました!でも日本と違って雨が降ってもじめじめしないのが良い点だと思います。5月に入るとだんだん晴れの日が多くなってきて、快晴の時は半袖になりたいくらい気持ちいいですし、少し暑く感じます。晴れた日は外でフリスビーをしたりサッカーをしたり、体を存分に動かして運動しています。また、快晴の時はTCCからあのマウントレーニアが見ることが出来ます!!!

 次に授業について話します。ほとんどのUKK生はスプリングクォーターで4つの授業を受けます。(アキュプレイサーテストに合格すれば現地の学生が取っている授業を選択できますが…)1つ目はReading& Writingという授業です。この授業は月曜日~金曜日まで毎日あって、宿題も適度に出されます。でも先生が分かりやすく説明してくれるので、難しくはないです。2つ目はAmerican Culture& Speakingという授業です。この授業は月・水・金曜日にあって主にroad trip(車で旅をすること)について学びます。先生は1つ目の授業と同じ先生です。この授業はiPadを用いて授業を行うため、最新だなあと思いました。また、現地の学生も数名受講しています。3つ目はConversationの授業で、この授業は火曜日と木曜日にあります。この授業は名前の通りひたすら話します。毎回先生が面白いテーマを振ってくれるので、あっという間に50分が経ちます。また、たまに発音の練習もみっちりするので、とてもためになります。4つ目はAmerican History/ American Filmという授業です。この授業は火曜日と木曜日にありますが、授業の中でアメリカの歴史を背景にした映画を見るため、この授業だけ130分あります(泣)他の授業と比べると課題も一番多いですが、1か月もすれば慣れます!!それに、アルバイトもしていないので、課題を出来る時間は日本に居るときより断然多いです。

 最後に放課後や休日について話します。学校に行くのは月曜日~金曜日ですが、終わる時間が15時、16時なので、放課後はカフェテリアに行ってTCCの学生とおしゃべりをして過ごすことが多いです。私たちが英語を学びたいように彼らも日本語を学びたいと思っているので、日本語を教えるととても喜ばれます(笑)カフェテリアに行けば軽く20人は外国人の友達が出来るので、安心してください!!!休日は晴れていればとりあえず外に出ます。タコマはシアトルやバンクーバーにだってバスや電車で気軽に行くことが出来るので、本当に便利な街だと思います。私は、課題は平日のうちに終わらせて、土日は思いっきり遊ぶようにしています。

 以上、まとまりのない文章でかえって混乱を招いてしまったらすみません。でも本当に毎日が楽しいです!この一言に尽きます!確かに現地の人の英語のスピードについていけない事もありますが、何回聞き返しても嫌な顔一つせずに話してくれるので、優しい人たちで溢れています。そして、後悔のない留学生活を送れるように私自身もっと努力していきたいと思います。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 TCC(縮小版) Mt. Rainier(縮小版)

Safeco Field(縮小版) gum wall(縮小版)

 

 


カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(18期), 新着情報, 留学レポート
{z[