post

【留学レポート】 カーディフ大学 山口修人 2017年6月

こんにちは。6月のカーディフ大学の留学レポートを担当させていただく、外国語学部英米学科4年の山口修人です。留学も残すはテストだけとなり、毎日勉強漬けの日々が続いています。最近は暖かくなり、公園やパブで昼からお酒を飲んでくつろいでいる人をよく見かけます。イギリスの春の天気は素晴らしいです。

私は現在テスト勉強で忙しい日々を過ごしており、テスト期間は5/8-6/9の約1か月間で終わった人から休みに入っていきます。現代言語学部は秋学期春学期ともに、エッセイやテストなどで評価され課題の数も人によって違うようです。ビジネススクールでは基本的に秋学期はレポート、春学期はテストで評価という形が多く他の学部よりテスト期間が長いケースが多いです。テストはほとんどの人が6個あり、内容はもちろん現地学生レベルなどでとても難易度が高いです。

最初は、9か月は長いだろうと感じていた留学生活ですが、振り返ってみるとあっという間で、留学中の数々のイベントがつい最近起こったことかのように感じます。楽しいことだけじゃなく、苦しい時期や悩んだ時期もありましたが、たくさんの人との出会いや現地の学生との交流など、留学ならではの貴重な経験をすることができたと思います。また客観的に日本を見ることで様々な発見がありおもしろかったです。

これから留学をしようと考えている人は、カーディフ大学はとてもおすすめです。ヨーロッパ旅行もしやすく、いろいろな国から学生が集まってきているため学生が暮らすにはとてもいい街だと思います。また物価もロンドンに比べると安く、治安もいいのでまさに留学にぴったりの街だと思います。

山口修①

山口修②

写真1 チャンピオンズリーグの決勝用に装飾がなされたカーディフ城

写真2 イギリス人が夏に飲む定番の飲み物Pimm’s


カテゴリー: 2016秋, カーディフ大学, 留学レポート
{z[
カテゴリー