post

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年7月

 みなさんこんにちは、英米学科三年の安松孝です。今月は私が留学レポートを担当します。タスマニアは現在の気温が夜になると2度になるなどとても寒くなってきました。この時期にダウンジャッケットを着ているのは何だか変な気分です。

 今回は、6月の終わりにあった、期末テストのついてお話ししようと思います。私はすでに期末試験が終わり、約3週間の夏休みに入っています。テストは全部で3科目ありました。期末試験の前には1週間の試験勉強期間があり、その1週間は授業もなくひたすら勉強の時間に充てることができます。

 一つ一つ簡単にですが、テストの概要を紹介したいと思います。

まず、Discovering Asia というアジアとオーストラリアの関係性について勉強する授業のテストは、授業で勉強した宗教やシルクロードなどのアジアに関することについて短い100語ほどの文章を書くものが5問と自分の意見を500語以上で述べる2つの問題で構成されていました。試験時間は2時間です。過去問とほぼ同じということもあり、しっかりと準備ができていたので問題はないと思っています!

続いて日本語の翻訳のテストなのですが正直一番難しかったです。日本語の構成要素について英語で説明することに加えて、自分が日本語の仕組みについて無知だということに気づかされました。テスト内容は、洋楽の歌詞を日本語に翻訳するものから、すでに翻訳されている英文を読みそこから翻訳家の意図を読み取るといったような問題などでした。制限時間はこちらも2時間でした。オーストラリアの友人も難しすぎてヤバいと嘆いていました。何とか良い点が取れていることを祈っています。

最後に、会計のテストです。これは前期の中で私の集大成だと勝手に思っています。このテストは3時間あり、財務諸表の分析や作成方法また、企業の活動を分析することについて問われる問題でした。時折、問われている問題の意味が分からなく困惑したりしたのですが、何とかできたのではないかなと思っています。ただ、時間内に解き終わることができなかったのが心残りです。でも自信はあります。きっと大丈夫です。もうすぐ七夕なので織姫さんと彦星さんにお祈りします。

写真はアジア圏の友達たちと5人制のサッカーの試合に出場した時に取ってもらった写真です。絶対に負けられない戦いがあるみたいな感じでお気に入りの1枚です。全試合負けてしまったのですが楽しめたので良かったです。海外の人とスポーツをすると少しだけ日本代表の人はこんな感じでプレーしているのかなと感じることができ、おすすめです。

 

utas1


カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート
{z[