post

【留学レポート】 同済大学 平賀礼華 2017年7月

皆さんこんにちは、7月の同済大学レポートを担当させていただく平賀です。同済大学での第1学期はあっという間に終わり、早くも夏休みに入りました。昨日期末テストの成績を受け取り、どの教科の点数も満足できるものだったのでほっとしております。

 

今学期私は中国語の中級、Dクラスで勉強していました。このクラスでの授業はグループワークが多く、時には「牛郎と織姫」の七夕の物語を元に演劇をするなど、実践的な中国語の練習ができました。

 

クラスメイトにも恵まれたので、授業が終われば一緒に食堂でごはんを食べ、時には集まって宿題をしたり、遊んだり、充実した日々でした。5月末には学校の休みを利用して、4泊5日の北京旅行をしてきました。

 IMG_9330

年齢も国籍も性格もそれぞれ違う友達と、色んな話をする中で視野が広がり中国語のレベルが上がっていくのを日々感じていました。クラスメイトのほとんどは留学生活を終えて間もなく帰国してしまいます。別れは少しつらいですが、2学期目は上のクラスに上がるので、また新しい出会いを大切に頑張ります。

 

また、6月の中旬には北九州市役所の方が上海で企業説明会と食事の機会を設けてくだり、北九大の私たちも参加してきました。参加企業は3社でTOTO、安川電機、マツシマメジャテック、どちらも北九州市の企業です。「上海に留学している北九州の大学生」と限定すると、私たちの他に多くはありません。企業の方一人ひとりととても近い距離でお話しすることができ、社会人の方から本音でのアドバイスを沢山いただきました。今回この機会をいただいたことに感謝しつつ、これからは社会人の方と関われる機会を自分から見つけに行こうと思うようになりました。

 

これで今月のレポートを終わります。夏休みの間日本に帰りますが、引き続き中国語の練習を頑張ります。読んでいただきありがとうございました。


カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー