post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉中山実奈美(2017.3月派遣)

こんにちは。外国語学部英米学科二年の中山実奈美です。タコマでの生活も残り一ヶ月をきりました。タコマでの生活について、主に二つお話しさせていただきます。一つ目は、英語を話す機会の多さです。学校にいる間は、授業中はもちろん昼食の時間や、放課後に学校にいる現地の人との会話を楽しんでいます。また、家の中でも話す機会がたくさんあります。食事中はその日の出来事やアメリカと日本の文化の違いについて話したり、食事後は英語のゲームをしたりと、家にいる時間も英語に触れることができます。このように、留学することによって探さずとも英会話の機会はあふれているため、スピーキングやリスニングを向上させたいと思う人は積極的に話しかけたり、分からないことは聞いたりと工夫することでさらに英語力をつけることができると思います。二つ目は、文化の違いを直に感じられるということです。留学を経験することで、日本にいる間に抱いていたアメリカに対する固定観念ががらりと変わりました。渡航前は、日本と比べた治安の悪さから危険な人がたくさんいるのだろうと思っていましたが、そんなことはありません。突然、通りすがりの人から服装やアクセサリーを褒められたり、困っている人がいればすかさず声をかけて助けに行ったりと優しい人たちでいっぱいです。そして、これも文化の違いだなと思いました。最後に、今回の留学を通して英語だけではなく文化や習慣、生活様式の違いなど多くのことを学びました。私は一年生の五月頃にタコマ派遣留学を決め、価値観や考え方が大きく変わったため、早くから留学経験ができてよかったと思います。長くなりましたが、このレポートが留学を決める手助けになればなと思います。ありがとうございました。

派遣留学体験記写真


カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(18期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー