post

【留学レポート】 文藻外語大学 舟木樹里(2017年8月)

皆さんこんにちは。八月の留学レポートを担当します中国学科3年生の舟木珠里です。宜しくお願い致します。

去年とスケジュールが同じであれば、そろそろ春の留学の選抜が終わり来学期から交換派遣留学するメンバーが決まったころかと思います。私も半年前はきたる留学に備えるべく台湾や中国、また英語圏に行かれた先輩の留学レポートを読んでイメージを膨らませていました。半年前の自分を振り返り留学生活を前にどんなことが不安であったか、また行く前に知っておけばよかったことや準備しておけばよかったことなどを思い返してこれから留学に行かれる皆さんや留学を検討されている皆さんに役に立つ情報が書ければと思います。

まず、生活環境、生活費とネット環境について説明します。

台湾の場合は4人部屋の大学敷地内の寮と学校から歩いて15分ほどの学外アパートの一人部屋を選ぶことができます。今年の北九大から台湾に留学している6名のうち学外アパートに住んでいるのは私一人で5名は大学内の寮に住んでいます。先輩方の話を聞いてもだいたいはじめは寮に住む子が多いです。学外アパートの家賃は毎月現金払いでだいたい2万5千円プラス光熱費、ネット代も入れて2千円くらいです。一階に管理人さんが24時間いてその人に払います。また電気が切れたりエアコンがつかなくなったり困ったことがあれば、その人が対処してくれます。部屋はベッド、テレビ、机、タンス、エアコンなど家具付きのシャワー、トイレ一緒です。アパートは汚くはないですがきれいでもないのでそんなに期待はしない方がいいと思います。寮は一学期分まとめて支払いますが一カ月で計算すると学外アパートの半額かそれ以下ぐらいだったと思います。

また、キッチンがないのでみんな三食外食です。普段自炊に慣れていると、最初のうちは相当なストレスですが今となっては、慣れました。私の場合、食費はジュースなどの飲み物代も入れて毎月2万円ぐらいです。他には、生活用品が数千円でプラス月によっては旅行代や交際費、服を買ったりすると結構出費になると思います。家賃と食費とバスや電車は、日本よりも安いと感じます。それ以外は日本と同じくらいかなと思います。

大学内は寮や一部の校舎を除きwifiがあります。学外アパートは一階のロビーにwifiがあり、部屋は有線のインターネットがあります。私はwifiルーターを差しているので部屋でもwifiが使えて便利なのでおすすめです。また、パソコンを繋げてパソコンからwifiを飛ばすこともできます。ただし、機種によってできないものもあるようです。ちょっと自信がないのですが確か寮のネット環境も学外アパートと同じだったかと思います。

Wifi環境はこのような感じですが、スマホにsimカードを差してwifiがなくても外でネットが使えるようにしておくのがベストかなと思います。値段もそんなに高くなかったです。私のプランは4カ月9千円くらいで3Gの無制限ネット使い放題で電話番号もついています。私は中華電信という携帯会社を使っていますが、他の会社でも似たような感じだと思います。Simフリーのスマホを持っていない子は現地で安い携帯を買って二個持ちする、また買わずにwifiがあるとこだけで使う子もいます。

また、台湾に到着した日はアパートも寮もベッドと薄いマットはあるのですが、布団やシーツ、枕は自分で買わなければいけないので、到着が夜になる人はそのことを頭に入れておいた方がいいと思います。

留学していた先輩などに、予め渡航前に分からないことを聞いておくことをおすすめします。知り合いがいればいいですが、もし一年生などで留学が決まった人などは知らない先輩に連絡を取るのは緊張するかと思います。しかし、留学を経験した先輩たちはみんな連絡がきて面倒とは思はないので、積極的に連絡を取っていくといいと思います。

またこれから中華圏の留学を考えている人たちは、中国だけでなく台湾留学も候補に入れてほしいなと思います。北九大には多分台湾人の先生がいないと思うのでなかなか台湾の良さを伝える人がいなくて私の周りではみんな中国に留学したいと思う人がほとんどでした。台湾といえば発音が違う、字が違うというのを理由に選択肢から外されるのかと思いますが個人的にはだいたい一緒で英語もアメリカやイギリスなどの地域によって差があるのと同じくらいだと思います。温かい気候やゆったりとした時間の流れが好きな人にとって、台湾はおすすめなので是非検討してみて下さい。

 

文藻1

文藻2

学外アパートの一人部屋の写真


カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー