post

【留学レポート】 文藻外国語大学 岸本美樹 2017年9月 

お久しぶりです。中国学科3年の岸本美樹です。

今、文藻外国語大学は夏休みですが、少しでも中国語に触れる機会を得るために帰国は1週間少しにして、もう高雄に戻って来ています。

また私事ではありますが、この夏学校の寮から引っ越して一人暮らしを始めました。

寮と一人暮らしを両方経験した感想としては、寮のいい点はやはり値段の安さですね。あとルームメイトと話す機会があるのもいいです(私はそのルームメイトと上手くいかずに引越しましたが^^;)。一人暮らしのいいところは気楽なことです。門限もないし、ストレスフリーです。どちらを選ぶかは好みですが、ルームメイトとの相性はどうなるかはわかりませんので、もし寮で嫌なことがあればため込まずに誰かに相談したり、引っ越してみたりすることが大事だと思います。もう交換留学生の選考が終わったと聞きました。来年度、みなさんの留学生活が良いものになることを願っています。私も残り半年、頑張ります!

さて、今は夏休みで学校が休みなので、台湾の友達も日本の友達もみんな実家に帰っていて一緒に遊ぶこともできず、一人で毎日平凡な日々を送っています。買い物に行ったり、カフェで勉強したり…。高雄は本当に住みやすいところで、人も優しいし、時々自分が外国にいることを忘れるほどです。ご飯もすごく美味しくて気を付けないと本当に太ります。私はもうタピオカミルクティーを飲むのをやめました(笑)。

最近は早起きして、朝ご飯屋さんでおいしいご飯を食べて、朝のまだ暑くないうちに中国語の歌を聞きながらランニングをするという、台湾式の生活を楽しんでいます。

最後に、鹽酥鷄というお気に入りの食べ物を紹介します。台湾には宵夜という夜食の文化があって、早い時間に夜ご飯を食べて、夜にまた軽く食べることがあります。

これもその一つで、夜の7時ごろから屋台が開店し始めます。たくさんの具材の中から好きな物を選んで店の人に渡すと、その場で揚げてくれます。すごく美味しいですが、食べすぎ注意です!!

写真1 (ここから好きに選びます)

写真2 (揚げたもの)

  


カテゴリー: 2016春
{z[
カテゴリー