post

【留学レポート】 大連外国語大学 増原稜 2017年5月

 はじめまして!中国学科3年の増原稜です。大連についてから約2か月が経ちました。大連は日本と比べるとかなり寒く、春を感じるのも日本と比べ少し遅かったですが今では暖かくなり過ごしやすくなりました。

 

 今回のレポートでは休暇の過ごし方についてまとめていこうと思います。

 大連外国語大学では今年、4月29日から5月7日までの9日間の連休がありました。僕はこの連休を利用して28日から5月1日までクラスメートの韓国人と一緒に西安に行きました。旅行の計画をする時も、旅行中もずっと中国語を話して聞いてするので授業で習った中国語を実際にたくさん使えた休暇になりました。せっかく中国へ留学に来ている、中国語の力を試したいなどの理由でたくさんの留学生もこの休暇中に旅行に行っています。また、実際に西安に行って感じたことは同じ国の中でも様々な文化が混在しているということでした。西安の人たちの食べ物や、建物、方言などは実際に行ってみないとわからないと思いました。授業ももちろん大切ですが授業以外で何を学ぶかということも、大切なのではないかと思いました。また機会があれば中国の様々な部分を見ていきたいと思います。

 

IMG_7970 (1)

兵馬俑坑の写真です。教科書の上で何回も見てきましたが、その場で実際に見るのとでは全く違った印象を受けました。


カテゴリー: 2016春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー