post

【留学レポート】 大連外国語大学 吉村優希 2017年9月

 こんにちは!

 二月末から大連外国語大学に留学している、外国語学部中国学科二年の吉村優希です。

時間が経つのはとても早く、留学生活も残り半分をきりました。

 九月四日から新学期も始まり、学校内には迷彩柄の服をきた中国人大学生の新一年生の姿がたくさん見受けられます。前学期、仲の良かった友達に今学期が始まってから再会できて、留学当初より少し成長した中国語で一緒に喜び合うことができて、とても嬉しいです。また前学期私が通いつめた、綜合楼でお気に入りのお店の店員さんが私のことを覚えてくれていたのも、「ここに帰ってきたんだな」とほっと安心できた瞬間です。

 もちろん新しい出会いもあります。新しいクラスでは、エジプト、グルジア、トルコ、ロシア、スペイン、タジキスタン、韓国、日本となんと八か国から集まったクラスメイトがいます。これは担任の先生もおっしゃっていましたが、国籍がとても豊かなクラスです。またクラスメイトは国も様々なら年代も様々で、下は18歳から上は30歳までいます。本当に面白いクラスになりそうです。私はまだこのクラスの二、三人としか話したことはないですが、一度にこんなにたくさんの国の人と知り合える機会は滅多にないと思うので、これから仲良くなっていけたらいいなと思います。

 それから先日、大学内でまた新しい発見をしました。大学は広くて湖もあるのですが、その近くの雑木林のようなところにリスがいました。他にも犬や猫はもちろん、綺麗な蒼い鳥や湖のアヒルや鯉を見ていつも癒されています。大学の近くには海もあったりするので、このようにちょっとした自然に触れられて息抜きできるのは、大連外国語大学の良さだと思います。

 また、前学期の反省から、留学中に日本で食べているような料理がやっぱり恋しくなります。そこで大学前からバスで行ける、旅順のウォルマートというスーパーで日本のカレールーや、しょうゆ、ポン酢を発見しました。大学の食堂で食べられるカレーは日本と全くと言っていいほど違うので、カレーは自分で作るべきだと思います。

 生活面では、大連は八月末からすでに立秋と言われるほど(大学の先生によれば)、夜はぐっと冷え込みます。ですが、昼間はまだまだ暑いです。気温差が激しいので、体調管理をしっかりして、頑張っていきたいと思います。

 

dr1

↑大学の図書館横

 

dr2

↑おとなりの医科大学で

 

dr3

↑大学の図書館から見た様子


カテゴリー: 2016春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー