post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉坂口実優(2017.9月派遣)

こんにちは。現在タコマコミュニティカレッジに留学しています外国語学部英米学科2年の坂口実優です。

アメリカでの生活が始まって早くも1ヶ月が経ちました。初めての海外、それも半年の滞在なので出発までは不安でしたが、今は毎日楽しく過ごしています。今回私のレポートでは主に、大学での過ごし方、休日の過ごし方について紹介したいと思います。

大学では毎日9時半からだいたい16時前後まで授業があります。今学期受けている授業は4つ。そのうち3つは北九大生のみの授業になります。アメリカのエッセイの書き方を勉強するクラス、会話と発音を練習するクラス、アメリカ文化を会話しながら学んでいくクラスです。どのクラスも先生が面白くて、いつもあっという間に終わってしまいます。しかし日本とやはり違うのは、自分がどう思うのか発言を求められることです。最初は戸惑いましたが、だんだんと慣れてきました。もう一つは American History という、現地の学生と一緒に受ける映画を観ながらアメリカの歴史を学ぶクラスです。このクラスは他の3つと違い、課題の量がとても多いです。現に、今3つも課題を抱えています。どれも時間がかかるものではありますが、頑張ってこなしています。お昼休みや空き時間は主にカフェテリアで過ごしています。カフェテリアは現地の学生と交流できる場所です。トランプゲームなどで遊んでいます。TCCの学生はとてもフレンドリーな人が多いので、少しずつですが友達が増えています。私は積極的、社交的ではありませんが、そんな性格を変えていきたいというのもこのプログラムへの参加を決めた動機なので、これからはもっと現地の学生に自ら話しかけていきたいと思っています。

次は休日の過ごし方についてです。休日は、1日は課題にしっかりと取り組む、もう1日は友達とバスを利用してタコマ周辺へ行ったり、おうちでのんびりしたりなど、自分のやりたいことをするようにしています。アメリカでの日々はまだ始まったばかり、これから様々なところへ行き、様々な発見をするだろうと思います。これからハロウィン、感謝祭、クリスマス、ニューイヤーなどたくさんの行事があるので楽しみです。帰国したのちに、留学してよかったと振り返られるよう有意義な日々にしていこうと思っています。つたない文章ですが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

image1


カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(19期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー