post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉石本彩乃(2017.9月派遣)

皆さんこんにちは、経済学部の石本彩乃です。日本からタコマへやってきて約1か月が経ちました。多くの不安を抱えながらの出発でしたが、いざ始まってみると、とても楽しく充実した毎日を送っています。今回、オリエンテーション、学校が始まるまでの1週間の休日、そして、学校が始まってからの二週間に分けてお話させていただきます。

タコマについて最初の一週間に、何度かにわけてオリエンテーションがTCCで行われます。そのオリエンテーションでは、学校生活をスムーズに送るための準備である、ホームステイ、学校のルール、そして留学についての心得などをTCCのメンターやアドバイザーから教えてもらいます。メンターやアドバイザーはアメリカ人だけではなく様々な国籍の生徒や先生がいます。

その後の休日は、オリエンテーションで仲良くなったTCCのメンターや生徒たちと、ご飯を食べて家で様々なゲームをしたり、遊びにでかけたりしました。こちらでは免許を持っている生徒が多いので、シアトルやタコマの近くの街を車で案内してくれます。英語が不慣れであっても、こちらの先生や生徒、ホームステイ先の家族はとても優しく英語を教えてくれます。先ほども言った通り、TCCには様々な国籍の生徒や先生がいるので、こちらで出会った友達と遊ぶほど多くの文化を知ることができます。日本では、全く知らなかったことが経験できるので毎日が刺激的で楽しいです。

最後に学校についてです。毎日課題が出るので、毎日少しずつこなしていくことが大切です。授業では、わからないところがあれば先生に質問すれば、いつでも丁寧に教えてくれます。授業が終わったあとは、多くのTCCの生徒が集まるカフェテリアというところで、友達と話をしたり、課題をしたりしています。課題でわからないところがあれば、カフェテリアにいる生徒や、家に帰ればホストファミリーが手助けしてくれます。

こちらにきてまだ一か月ですが、英語を勉強するために多くの生徒や先生、家族が助けてくれていることを実感しています。こちらで英語を勉強する環境はすごく整っています。その環境や機会をどうやって活かしていくかどうかは自分次第だなと感じています。留学生活を充実させることができるチャンスはこれからも多くあると思うので、そのチャンスを活かし、しっかりと勉強して、実りのある経験をたくさんしていきたいです。

9BE00CCC07604C09B745D938456BE289 566BB1838989449AB86B3B0CEA5D1FA4

61895B11710B4B6D9A653AB02CFDD8CD 613685775BDF45809ABB1F0E40CD0D46


カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(19期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー