post

【留学レポート】 カーディフ大学 森柊也 2017年11月

こんにちは。外国語学部英米学科3年の森柊也です。11月のレポートを担当させて頂きます。

イギリスに着いてから1週間程は無性に日本の家族、友達、日本食、日本、JAPAN! そのものが恋しくなりホームシックを患いました。そして友達も少なく履修関係などでトラブル続きだったのでとても大変でした。

しかし、フラットメイトなどを通してどんどん友達の輪が広がって行くにつれて寂しかったことをすっかり忘れてとても楽しくやっています。特に北九大に留学生として来ていて知り会った友達が数人いますが彼らはとても面倒見が良く本当に心強いです。留学に来てすぐはたくさんの問題が立ちはだかりました。1人で悩んだりせず誰かに助けを求めたり、気楽に考えて、ストレスを抱え過ぎないようにすることが大事だと思いました。

みなさんが他に気になっている事と言えばご飯事情じゃないでしょうか。ネット上では「イギリスの飯は世界一不味い」などと不評しかありません。僕も不安でした。

ですが、イギリスには色んな国の料理があるため、イギリス料理というもの自体が少ないような気がました。そして味の方ですが大丈夫です。

こっちで外食するのは基本的に日本より高いですがレストランによっては安くて美味しい所もあるし、高い割に普通だなと感じるようなレストランもあります。なので、一概にイギリスのご飯は不味いとは言えないと思います。美味しい所は本当に美味しいです。比較的良心的なのはパブです。パブでご飯を済ませるのも良いかもしれません。

日本食のレストランなどもありますがクオリティーがあまり良くないし簡単に言うとぼったくりです。でも日本食が恋しかった1、2週間目は寿司を食べてみたりカツカレーを食べたりしました。

最近はピラフ米とインドカレーのルーを買ってきてその上にチーズをのせてオーブンに入れて焼きカレーを作りました。日本食もどきを家で楽しんでいます。日本からインスタントの味噌汁、麦茶、ラーメンなど色々持って来ましたが限界がありますので、こっちで恋しくなると思う食品を持って来ると良いと思います。因みに5食入りの袋麺(ラーメン)を2つ持って来ましたが2週間で消費しました。日本のラーメンも売っていますが今はインドのラーメンを食べています。何を言いたかったのか忘れましたが、日本の物も少なからずあります。そして日本食やそれに近いものを食べると落ち着きます。ホームシック緩和にも繋がっています。

 次に授業についての話をしたいと思います。授業は、At the Roots of European Cultures, Dialect in Literature and Film, Academic English, Introduction to Translation Methodsという授業を前期は取っています。Academic English以外はそれぞれ授業とは別に少人数のゼミ形式の授業もあります。自分が在籍しているスクール以外のスクールからも少し授業を取ることもできます。難しい授業もありますがなんとか頑張っています。

最後に観光についての話をしていきたいと思います。まだ1ヶ月しか経って無いのでそんなに多くの場所を訪れた訳ではありませんが、カーディフ以外にはオックスフォードとロンドンを訪れました。カーディフにはカーディフベイという有名な観光スポットがあって、海の近くで景色も綺麗でオススメです。デートに良いかもしれません。中心街には大きいショッピングモールがあるのでそこで買い物もできます。オックスフォードにはハリー・ポッターの撮影で使われた図書館や橋などもありました。ロンドンには2回訪れました。ロンドンでは色んな言語、文化に触れることができるので訪れるのが楽しいです。

参考になるかどうか不安ですが以上で11月の留学レポートを終わりにさせていただきます。次は2月の留学レポートでお会いしましょう。

IMG_6894 IMG_7071


カテゴリー: 2017秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー