post

【留学レポート】 バンクーバーアイランド大学 川人万由 2017年11月

 皆さんこんにちは。バンクーバーアイランド大学に留学している外国語学部英米学科2年の川人万由です。本格的に雨季に入ったため気温が低く雨の日がほとんどですが、

 今月も授業と休日についてお伝えします。

 13週間のプログラムも9週目に入り、クラスメイトや先生との距離が縮まってきたのをすごく実感していますが、同時に課題や試験が増えてきています。フェアトレードの仲介企業として商品を売り込むためのビジネスレポートとプレゼンをグループワークで行いました。グループごとに商品を決めて調べていくのですが、私はベトナム人と中国人と一緒のグループになり、花のフェアトレードについて調べました。書き方や内容は先生が丁寧に説明してくれたのですが、全員がビジネスレポートを書いたことがなかったのでとても難しく感じました。ですが、互いに説明しあったり分担して完成させたりと、一緒に大きな課題を乗り越えたことでさらに仲が深まったように感じました。私はプレゼンやスピーキングが苦手で今回もすごく緊張して不安だったのですが、メンバーと共に練習したり打ち合わせしたりという過程を通して、少しずつですが自信をもって話せるようになってきているように感じました。現在はエコツーリズムに関するリサーチペーパーを書いています。この課題はかなり重要で最終評価にもかなり影響するということで、クラスメイトと互いに助け合いながら徐々に進めています。15人という比較的少人数のクラスなので先生も一人一人に丁寧にサポートしてくれます。

 10月31日のハロウィーンの日に向けて、家でカボチャを彫りました。包丁でザクザク切るのが難しかったですが、初めてで楽しかったです。当日は、AP5の全クラスが集まってハロウィーンパーティーをしました。各々で仮装をしてお菓子を持ち寄り、一緒に写真を撮ったり、ダンスをしたり仮装コンテストをしたりして、交流を深めました。その日の夜にはホストの親戚の小さな子供たちが家に遊びに来ていたので、通りの家に行って「Trick or Treat!」と言って回りました。正直、私は日本でもカナダでも成人なので、Trick or Treatする側にいていいのかなと思ったのですが、ホストマザーが「一緒に行ってお菓子もらっておいで‼」と言ってくれたので、子どもたちとたくさんの家に行ってたくさんのお菓子をもらいました。初めてハロウィーンの仮装をしたりパーティーに参加したりしたのですが、町全体でお祭りのような雰囲気が出ていてすごく楽しかったです。

viu01

<写真①家の前に飾ってあるかぼちゃ>

viu02

<②ハロウィーンパーティーで仮装したクラスメイト>

 

 

 大学が実施しているアクティビティにも、いくつか参加しました。大学から車で2時間ほどのところにある、トフィーノという港町では雨の中ボートで海に出てラッコの集団やくじらの潮吹きを見ました。またホーンレイクという湖の近くには洞窟があり、ケービングをしました。岩にはさまったり、ヘルメットをあらゆるところに打ちつけたり小さな滝を上ったりしながら通り抜けていくのが大変で、しばらく筋肉痛でした。笑笑

 また、別の日にはコーンメイズという背の高いとうもろこしの畑でできた迷路に平日の放課後に行きました。前日が雨ですごくぬかるんでいたので足をとられて何度かこけて泥まみれになりましたが、それを忘れるくらい楽しかったです。夜には満点の星空が広がっており、(間違っているかもしれませんが)日本で言う夏の大三角と天の川がキレイに見えました。

viu03

<写真③トフィーノでのツアー>

viu04

<④コーンメイズでこけた後の足>

 

 残り少ないカナダ生活ですがしっかりと成長できるよう、授業もそれ以外も全力で楽しんで、充実した日々を送っていきたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。


カテゴリー: 2017秋, バンクーバーアイランド大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー