post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉笹尾祐貴(2017.9月派遣)

 こんにちは。経済学部経済学科3年の笹尾祐貴です。アメリカへやってきて約2か月が経ちました。一緒に来たUKKの生徒とは学年や学科が違ったため、馴染めるか不安でしたが、毎日充実した日々を送ることができています。

 今回はアメリカでの生活を大雑把に説明していきたいと思います。タコマにやってきて約2か月が経ち、こちらの生活にも慣れてきました。学校の課題は日本と比べると多いですが、要領をつかんでくるとだいぶ楽にこなせるようになります。分からないことや質問はナミさんや先生、現地の学生などが教えてくれます。また、UKKの生徒同士で情報や考えを共有して課題やイベントにも取り組んでいます。特に大事だと思ったことは現地の学生との交流です。彼らは私たちが困っていればすぐに助けてくれるし、頼めば英語の勉強も手伝ってくれます。また、彼らから色々なイベントの情報を得ることができるので、現地の学生との交流はこれからも大事にしていこうと思います。

 休みの日はホストファミリーや、ルームメイト、友達とスポーツをしたり出かけたりしています。課題を効率よく終わらせて、自分の時間を確保することが大切だと思います。特にこちらはスポーツが盛んで学校でもバレーボールやバスケットボールなどのイベントが行われています。ジムも自由に使うことができるので、運動好きにはたまらない環境だと思います。また、何か欲しいものがあるときはamazonを使って買い物をしている人もたくさんいます。工夫次第でどんどん快適に生活していくことができると思います。

こちらの文化に多く触れるためハロウィンなどのイベントはもちろんボランティアにも参加していこうと思います。とにかくイベントが多いので勉強だと思って取り組みたいと思います。いずれにせよ、この留学を実りあるものにするのは自分次第だと思うので、残りの生活も気を引き締めて頑張ろうと思います。

392CB55B-E7B8-4515-B747-E98FE992D81E 3192F767-AF54-4C3F-8EC0-4B080975E3DF

40566D1F-B6C4-4DF5-B87D-D048C661E160


カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(19期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー