post

【留学レポート】 仁川大学 益村千夏 2017年12月

 こんにちは。秋の紅葉も散り冬が近づく今日この頃、さらに冷え込む季節になりました。12月の留学レポートを担当する外国語学部国際関係学科3年の益村千夏です。

 今回、私は仁川大学での授業の様子や休日の過ごし方について紹介しようと思います。まず、私が受けている授業は韓国語の授業(4)と日韓の言語についての授業、韓国の文化についての授業で授業数は6になります。授業申請をする上で授業数は、5で申請した方がいいと言われていましたが、韓国語の授業以外に自分の取りたい授業が2つあったため最大で登録できる授業数6個の講義を受けています。韓国の文化についての授業以外全て韓国語で進められるため、授業についていくのが大変ですが、自分の知らない単語などが出てくるためとても勉強になります。韓国語の授業は二人組で取り組むことが多いのですが、先生方が生徒たちに楽しく授業を受けてもらえるように例を使って文法の説明をしたり、冗談や余談を交えて授業を進めたりと毎日楽しい授業を受けています。また、人数も多いためみんなで1つの問題について意見を出し合ったりすると、賑やかで意見が飛び交いとても楽しい授業の雰囲気になります。

 そのようなふれあいを通じて、授業以外でも同じクラスの人と会って話す機会が増え、交友関係も広がっていき有意義な日々を送ることができます。その有意義な日々を送る上で、休日をどのように楽しく過ごすかが重要です。仁川大学では、国際交流センターやISSCの方々が様々なイベントやツアーなどを企画してくださるので、その企画に参加するのも有意義な休日になります。

人それぞれ楽しみ方はありますが、私は休日に美味しい物を食べることと自分のやりたいことをします。例えば、食事をしながらおしゃべりを楽しんだり、おしゃれなカフェに行ったり、映画を見に行ったり、イケメンを見に行ったり、遊園地に行ったりなどたくさんあります。自分にあった休日の過ごし方と勉強が両立できれば、毎日を楽しく過ごせるのではないでしょうか。期末試験が近づいているため遊んでいる余裕はないのですが、自分があらゆる面で成長したと思えるような留学生活を送ります。

 

写真は、仁川大学から見ることが出来る夕方頃の海です。

IMG_2594


カテゴリー: 2017秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー