post

【留学レポート】 ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ 樋本葵 2017年12月

 皆さんこんにちは。カピオラニコミュニティカレッジに留学している経済学部の樋本です。冬が恋しくなっていましたが、急にハワイは、いきなり寒くなり夏が恋しくなりました。(笑)

授業は今週で最後なので、エッセイ・プレゼンと忙しいです。

 

 今回はハワイのリアルな衣食住について私の経験のもとお伝えしようと思います。

まずは衣!八月からつい最近まですごく暑かったのに急に寒くなりました。でも、基本みんなビーチサンダルとショートパンツで過ごしています。日本じゃビーサンで大学ありえない!て思っておりましたが、郷に従い私もビーチサンダルを履きこなしてます。海やハイキングに行く人が多いので、ほとんどの人がビーチアサンダルです。

次に食!

ハワイは、リゾート地で日本人が毎週3000~5000人も訪れる人気スポットです。でも、実際観光と生活するのはとても大きく違います。なぜなら何もかも高いからです。(泣)

太平洋の真ん中に、世界的見ても孤立して位置するハワイは輸送コストが上乗せされます。高くて毎日唖然としております。。。(納豆250円、玉ねぎ一個100円)

でも、どうにか自炊で乗り切ってます。ハワイはご存知の通り日系人が多いので、日本のものがとても手に入りやすいので、助かります。特にお馴染みのドンキホーテでは日本のものがなんでも買えるので、つい忘れていても直ぐ買えます。食に関しては高いですが、ハワイのお店は構美味しいので満足しています!

最後に住!

ハワイはアメリカの州の中でニューヨークに続いて不動産が高いです。しかも、ここ数年価格が上昇傾向です。北九州で一人暮らし用の一般的なアパートが一カ月40,000円とすれば、ハワイだと土地にもよりますが、ワイキキだと一か月20万円するそうです。北九州五か月分。もちろん私はシェアハウスに住んでいます。シェアハウスは2bed shared room をドイツ人のルームメイトと使っています。また、びびなび(https://hawaii.vivinavi.com/)というコミュニティサイトを使えば長期短期安く、部屋を借りることができます。

あと、数週間で日本に帰国です。

学生最後に留学できたことに支援してくださった先生方、家族、友達に感謝しています。帰国した際は、友達や家族に授業で学んだminority groupの内容やハワイ独自の文化・日系文化を発信していきたいです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この写真はサンクスギビングデーのディナーです。ローカルの友達とカイルアで過ごしました。

キャプチャ


カテゴリー: 2017秋, ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー