post

【留学レポート】 文藻外語大学 北野芹菜 2018年3月

 こんにちは。台湾の文藻外語大学に留学中の中国学科3年の北野です。こちらへ来て一週間弱が経ちました。はじめの頃は慣れない場所での生活に不安を感じ、日本へ帰りたく思うこともありましたが、今はだいぶ慣れ、楽しくもなってきました。

 また、今週の月曜から授業が始まり、本格的に留学に来た実感が湧いてきました。こちらでは留学生だけの中国語の授業が毎日行われるのですが、私のクラスは日本人に加えフランス人、モンゴル人、スペイン人、韓国人が在籍している、とても国際的なクラスです。クラスメイトたちは皆積極的で意欲を持って授業に参加しているので、私自身もより中国語習得への意欲が高まります。また、私は大学の寮の4人部屋に住んでおり、部屋によってはルームメイトと仲良くなり、中国語と日本語を教え合ったり、一緒に食事に行くこともあります。食事の面では、やはりこちらは日本よりかなり物価が安いので毎日良心的でおいしい台湾料理を食べ、タピオカジュースを飲んでいます(笑)

 今はまだ、お店の方が言っていることが分からなかったり、自分の伝えたい言葉が表現できなくて困ることもありますが、一緒にいる台湾人が助けてくれたり、ボディランゲージで何とか伝えたりしています。とりあえずは日常のなかで自分1人の力で不自由なく生活できるようになることを目標に頑張ろうと思います。

文藻

(夜市で見た台湾のデザート)

カテゴリー: 2017春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー