post

【留学レポート】 文藻外語大学 池田彩 2018年4月

 こんにちは。4月の留学レポートを担当させていただきます、中国学科の池田です。高雄へ来て一ヶ月と少したちましたが、こちらの生活にも慣れてきました。今回私はこちらでの様子を勉強面と生活面に分けて紹介します。

 まずは生活面です。現在私は学校内にある寮で4人暮らしをしています。ルームメイトは日本語学科の香港人、英語学科の台湾人、フランス語学科の台湾人と、さすが外語大学だなと思わされます。普段は中国語でルームメイトと話をしますが、この間は英語だけでおしゃべりをしたり、フランス語を教えてもらったりと、私の部屋はみんな語学が好きで楽しい部屋だなと思いました。このように楽しいことは多いですが、同時に気をつけないといけないことも多くあります。寮では毎日11時に点呼があり、そのあと12時過ぎに消灯なのですが、それより前に寝ている人がいれば、部屋の電気は消してあげます。机の電気だけでは暗いので、そんな日は自習室へ移動して勉強をしています。

 次に、勉強面です。日本では4月から授業が始まりますが、こちらでは2月の末からすでに授業が始まっており、今月末には中間テストがあります。私たち交換留学生は毎日留学生のための中国語の授業に参加しています。前学期までは朝一番の授業と聞いていましたが、今期は15:10~17:00と時間が変更されました。おかげで寝坊の心配もなく、午前中にテスト勉強や予習・復習を行えるので、とても好都合だと私は思いました。これの他に中国語の能力向上と直接結びついた授業というものはほとんどなく、かといって今のレベルで現地の授業を受けることは難しいため、半年間はとにかく自分で勉強をしようと思います。そして次の学期では中国語を使った授業に挑戦してみたいです。

 

00001

【華語中心の教室の写真】

00002

【寮の部屋の写真】

カテゴリー: 2017春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー