post

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 同済大学 A.S 2018年4月

こんにちは、同済大学に留学している末井です。大学内にある桜並木の桜は三月末辺りから見頃を迎え、とても美しいです。気候も徐々に暖かくなり、日中は半袖で過ごせるくらいです。

さて、2月から留学生活を始めて早くも一か月が経ちました。出発前は不安でいっぱいでしたが、今までの生活を振り返るととても充実した毎日を過ごせているのではないかと思います。留学生活初日は寮の手続きを何とか済ませ、無事入寮することが出来ました。同済大学に留学する北九大生の中で私が一番乗りだったため、頼れる人や顔見知りもいない状況で最初はとても寂しかったです。二日目以降からは、ネット環境の設定や日用品の買い出しなどをしました。新しく知り合った同じ寮に住む方などに協力していただき、とても助かりました。寮の管理人さんも親切に接してくださり、本当に感謝でいっぱいです。

三月から授業が始まり、私は現在中級クラスで勉強を頑張っています。当然ですが、授業はすべて中国語と少しの英語だけで進行されるので、リスニング力やスピーキング力があまり身についていない状況からの中級クラスはかなり難しく、授業の予習復習が必須です。どうしても先生の話が聞き取れない時は、隣の席のクラスメイトに英語で解説してもらいつつ、なんとか授業についていっている状況です。クラスの授業の雰囲気はとても明るく、クラスメイトも優しい方がたくさんいてとても居心地が良いです。自力で授業についていけるように日々努力したいと思います。

授業後や休日は、なるべく中国語を話す機会を増やすために、友人たちと部活や観光をしています。クラブ活動に参加すると中国人の知り合いが多くできるので、時間があるときはなるべく参加するようにしています。ちなみに私は現在、卓球部とソフトボール部の活動に参加しています。部員の方たちも優しく、とても楽しいです。半年という短い留学期間なので、これからをもっと有意義に過ごしていきたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。写真はソフトボール部の方たちと練習後に撮影したものです。

IMG_1010

カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー