post

【留学レポート】 文藻外語大学 中外国語学部国学科3年 M.H 2018年5月

 こんにちは。文藻外語大学に留学中の中国学科三年の田中美穂です。台湾の気温は30度を超え、暑い日々が続いています。今回は学習面について書いていきたいと思います

 つい先日、中間テストが終わりました。文藻外語大学は四月末に中間テスト、六月末に期末テストがあります。試験は主に筆記試験や、プレゼンテーションがあります。個人、グループなど授業によって発表方法は異なります。台湾の学生と協力して発表することもあるので、プレゼンテーション能力に加えて中国語の能力も向上します。

私は主に、日本語学科の授業を選択しており、日本の文化や翻訳などを学んでいます。客観的に日本の文化を学ぶので、私たち日本人も勉強になることがたくさんあります。そして日本の文化と比較しながら、台湾の文化についても学ぶことができます。

留学生向けの華語中心という中国語の授業は、毎日二時間あります。クラスメイトは、わからないことがあればすぐに質問するなど、とても積極的です。休み時間はそれぞれの国の言語を教えあったり、お菓子をみんなに配ったりして楽しく過ごしています。

まだまだ慣れないことも多いですが、少しでも多くのことを吸収できるように何事も積極的に取り組んでいきたいと思います。

写真は、嘉義で行われたランタンフェスティバルの様子です。

wenzao

カテゴリー: 2017春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー