post

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 文学部比較文化学科3年 K.M 2018年5月

皆さんこんにちは。文学部比較文化学科三年の丸尾香菜絵です。アメリカに来て約二か月が経ちました。三月、こちらに来たばかりの頃はまだ寒さが厳しく寒くて寝付けない夜もありましたが、五月に入りかなり暖かくなってきました。タコマは気温が高くなくても日差しが強いため暑く感じるところが特徴だと思います。

さて、今回はホームステイ先での生活と学校での生活について分けてお話ししたいと思います。まずホームステイ先での生活ですが、初めは慣れないことばかりでした。家の中でもずっと靴を履いているし、シャワーだけで湯船につかる文化もないです。ですがこちらに来て一か月が経った頃には、この生活にもホストファミリーの話すスピードにも慣れてきました。私のホストファミリーの家には毎日のようにホストマザーやホストシスターの友達や親戚が遊びに来ます。多いときには8人くらい遊びに来て、みんなでトランプなどのカードゲームをします。私もよく一緒に遊ぶのですが、この家とその親戚とご近所のみに存在する独自のルールがあり、この家に来た時にまず最初に覚えなければいけないことがそれでした。(笑)かなり複雑なルールだったので覚えるのに苦労しましたが、一緒に遊べるようになると会話の機会も増えるのでとても楽しいです。友達の話を聞く限り、ステイ先によって食事や洗濯の回数、宗教、外出の頻度などかなり生活スタイルが違います。どうしても自分の生活や自分の体に合わないことがある場合は、TCCにはホームステイ先での問題について相談に乗ってくれる先生がいるので我慢しないで相談してみることが大切だと思います。毎日受けている授業の先生方も、異国で生活している私たちの体調に常に気を配ってくれているので安心です。

次に学校での生活ですが、授業は毎朝8時半に始まり15時から16時頃に終わります。放課後は課題をしたり、現地の学生達とバレーボールをしたりと過ごし方は様々です。課題の量が多くなかなか遠くまで遊びに行く時間はないですが、毎週課されるエッセイなどはだいぶ書き慣れてきたのでここに来た当初よりは課題に時間がかからなくなりました。American Historyという授業が一番大変です。現地の学生と一緒に受講する授業で、授業時間は二時間、発言など積極性が求められます。英語が母国語の人たちの前で、大きな声で自信をもって発言するのは意外と勇気が要ります。(笑)しかしここでしか経験できない貴重な機会なので、留学生活の中でこの授業を活かしていきたいです。

授業以外に楽しいイベントもあります!先週はプロム(プロムナード)が開かれました。プロムはカナダやアメリカの学校で行われるダンスパーティーのことで、放課後、夕方になるとみんなでドレスアップして学校に集まります。それから夜までみんなで楽しく食べて踊ります。今まで映画やドラマでしか見たことがなかったので、とてもとても楽しかったです。留学生活も残り三か月ほどになりました。本当にあっという間に時間が過ぎていくので、残りの三か月悔いの残らないようにアメリカでの生活を送っていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

107779B6-F53F-4E28-A0A5-9DD33E9D9CB5

カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(20期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー