post

【留学レポート】文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 S.K 2018年11月

 こんにちは。11月分の留学レポートを担当する者です。今回は後期に突入して1か月弱が経ったということで、前学期との生活の違いについて書こうと思います。

 まず、台湾では9月に学校が始まり、日本とは半分ずれているので私たちにとっての後期は台湾での新学期にあたります。それに伴い寮の部屋も変わります。ちなみに寮では新学期のルームメイトを指定することもできます。私は前期に気の合う日本人と台湾人の友達と、後期に一緒の部屋に住む約束をしていたので現在は日本人2人と台湾人2人の四人部屋に住んでいます。台湾人の2人は日本語学科なので会話は中国語と日本語を混ぜて話しています。このように会話の練習ができたり課題を教え合ったりできるところが寮に住む一つのメリットだと思います。

 授業の面では、前期は日本語で行われる授業ばかりとっていましたが、今期は中国語で行われる授業と中国語や日本語を半分ずつくらいで行われる授業を履修しています。中国語で行われる授業は聞き取れないところもしばしばありますが、台湾人の学生に手伝ってもらったり、予習復習を行ったりすることでなんとか付いていくことができています。

 前期と後期を比べて特に変わったのはその二点だと思いますが、気持ちの面では、生活に慣れるのに必死だった前期とは違い、あと3か月もない留学生活への焦りと寂しさを感じるようになりました。勉強も思い出づくりも悔いの残らないように楽しみながら頑張りたいと思います。

写真01

(写真は台北で会った猫です。)

カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー