post

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 S.O 2018年11月

皆さんこんにちは。今月の同済大学レポートを担当します、S.Oです。 10月は気温が一段と下がり、冬の気配を感じるまでになりました。

さて、10月1日から7日まで中国では、国慶節という大型連休がありました。連休中は、遠出はあまりせず、上海の観光地を巡ったり、蘇州に行ったりしました。どこに行っても人が混雑していて身動きがとれず、中国の人口の多さを感じました。
そして学校生活では、2学期から毎週土曜日に同済大学の生徒たちに日本語を教えています。私たちは初級のクラスを担当していて、授業中は、教壇に立ち練習問題の答え合わせや、日本の文化についてのプレゼンテーションをします。中国人の生徒は勉強熱心で、とても尊敬しています。日本に興味を持っていて積極的に質問してくれるので、嬉しく感じます。さらに、教える難しさや言語の奥深さを感じました。授業後はみんなで昼食や夕食を一緒に食べます。夕食を食べた後はStudy groupと言って、日本語の中級クラスの人たちと交流したり、お互いに勉強を教え合ったりします。この活動のおかげで、さらにたくさんの中国人と関わることができ、有意義な時間を過ごしています。

最近は、来週に控えている中間テストや、HSKのテスト勉強で日々追われていて忙しいですが、毎日中国人の友達とご飯に行ったりその後も一緒に図書館に行き、勉強したりととても充実しています。気づけば留学も残すところ2ヶ月となりました。悔いのないように残された日々を大事に過ごしていきたいです。

DFBE1DAA-517C-4E3E-8052-F6FFBC6FA75A

カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー