post

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 経済学部経営情報学科2年 K.N 2018年11月

皆さんこんにちは。経済学部経営情報学科2年のK.Nです。タコマに来て約2か月がたとうとしています。ホストファミリーはとても優しく現地の友達も増え、毎日楽しく過ごしています。私は授業についてと、学校生活について、また最近あったハロウィンパーティーについてお話したいと思います。

まず初めに授業についてです。今学期私たちの受けている授業は全部で4種類あります。特にAmerican Historyという現地の人と受ける授業では宿題の量が多く、英語でたくさんのレポートを書かなくてはいけません。私は、経済学部なので北九大で英語を使う機会は多くありませんでした。しかし数をこなすことで慣れてきたので、最初より時間がかからなくなったと感じています。また、先生方や現地の友達がわからないところがあれば優しく教えてくれるのでとても助かっています。American History以外の授業はそこまで難しいと感じることはありません。もしよりハイレベルな授業を望むのなら、事前にAccuplacer Testというものを受けることをお勧めします。

次に学校生活についてです。Fall quarterの授業は毎朝9:30から始まり、昼過ぎ、または3時ごろに終わります。そこから宿題をしたり、友達と遊んだりします。また、私はバレーボールクラブに所属しているので、バレーをすることもあります。土日もあまり家にいることはなく遊びに行くことが多いです。タコマには遊ぶ場所もいくつかあるので友達と楽しんでいます。

最後にハロウィンパーティーについてです。みんなが仮装をして、本格的なお化け屋敷、ダンス、スナックなどを楽しむイベントです。パーティーは夜の9時から始まり、12時まで学校で行われました。日本では大学でパーティーなどを夜中に体験する機会はあまりないので、不思議な感じでしたが、とても楽しかったです。パーティーが終わった後は現地の学生が声掛けをして、みんなを家まで送ってくれました。これからまだまだイベントがたくさん控えているので、精一杯楽しみたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

gazou

カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(21期), 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー