posts archive
月別アーカイブ: August 2018

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科4年 M.Y 2018年8月

 文学部比較文化学科3年のM・Yと申します。21年間生きてきて一番早いと感じた約5ヵ月間の留学生活もいよいよ今日が最終日となりました。今回のタコマ派遣留学では、北九州市立大学から学科も学年も様々な21名の学生が来ています。私達に与えられた5ヵ月間という期間で、誰一人として同じ経験をした人はいないと私は思います。というのも、タコマ派遣留学では、ホームステイがプログラムとして組み込まれているからです。このホームステイをできることが、私が留学を決めた理由の一つでもあります。最初で最後となる私の留学レポートでは、留学生活で感じたこと、そして気が付いたことを書きたいと思います。  まずは、準備の大切さです。大学入学当初、私は留学をするつもりはなかったのですが、友人が誘ってくれた留学説明会で様々な留学制度があることを知りました。ただその説明会だけでは理解できない部分もあったため、何度か国際交流センターを訪ねたり、実際にタコマ派遣留学に行かれた先輩に直接話を聞いたりして、留学をすることを決めました。また私の所属する比較文化学科では、英語の授業はもちろんありますが、英米学科のように英語のエッセイの書き方などを教わる授業はありません。タコマ派遣留学に行かれた先輩から、英語でエッセイを書いたり英語でプレゼンテーションをしたりすることは多いと聞いていたため、2年生になる春休みに学内で受講できるIELTSの対策講座に参加し、一から英語のエッセイの書き方を教わりました。もちろんタコマ・コミュニティカレッジでも先生方が丁寧にアメリカのアカデミックエッセイについて教えてくださいますが、心構えとして知っておいて良いことだと思います。また私は1年生の頃からアメリカの社会史を専門とする先生のゼミに入りたいと思っており、自分が3・4年生になった時に何を研究したいのか、自分の興味はどこに向いているのか、ということを常に考えるようにしていました。北九大でアメリカに関する授業で履修できるものはすべて取って留学生活をスタートさせたので、学校生活や、ホストファミリーと過ごす中で、授業で学んだ知識が生かされることが多々ありました。準備の大切さでもう一つ大切だと思うのが、私の場合は就職活動です。私は3年生の前期で留学に来ているので、ちょうどこの時期から同級生は就職活動を本格的に始めたり、インターンシップに行ったりします。なので私は、2年次に就職活動のことについて知ることのできる通年のプロジェクトに参加し、2年生の夏休みには初めてインターンシップにも参加しました。シアトルには日本でも有名なスターバックスコーヒーやアマゾン、マイクロソフトなどの本社があるので、様々な企業に足を運んでみることも、私の留学中の一つの楽しみとなっています。  次に、この留学を通して、私がこれからこの経験をどう活かしていきたいかについて書きたいと思います。私は大学入学前から、将来の夢がありました。ただ、就きたい職業があるだけで、なりたい自分の姿がはっきりと見えていませんでした。私は留学中に、これから私が大切にしていきたい2つのことに出会うことができました。それは平和とエンターテイメントです。この5ヵ月で、私は友人と様々な場所に旅行に行きました。その中でも、特に私に影響を与えてくれたのが、ニューヨークです。ニューヨークでは、もちろん有名どころのタイムズスクエアや自由の女神も行きましたが、どうしても私が行っておきたかったのが、9.11メモリアルと国連本部でした。日本にいる時、ニュースなどで目にして頭では理解しているつもりでしたが、実際に自分の目で見て話を聞くと、私自身の考え方が大きく変わったように思います。ここで学んだ平和が、どうエンターテイメントと結びつくかというと、平和もエンターテイメントも、結局は人間が創り上げるものだということです。また両方とも、創り上げるのには時間がかかりますが、築き上げることを止めてしまうとすぐに壊れてしまいます。私はアメリカで数えきれないほどのエンターテイメントに出会い、エンターテイメントとは受け取るものだけではなく、自ら作り出すこともできるということを学びました。これからは受け手としてだけではなく、私のできる方法で世界平和のために貢献していきたいと思っています。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(20期), 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 N.S 2018年8月

みなさんこんにちは。現在タコマに留学中の外国語学部英米学科2年のN.Sです。留学生活も残すところあと数日となりました。アメリカでの生活を思い返すと、時間の有限さを思い知らされます。私はホストファミリーのスケジュールの都合で一足先にファミリーのみんなとお別れをしました。3月下旬に初めて会ってから別れるまで、本当にあっという間でした。週末になると必ずどこかへ連れて行ってくれたり、長期休暇ではカナダにも連れて行ってくれたりしました。私のホストファザーはベトナム人なので、ベトナム人の通う協会をキャンプで体験したりと、アメリカ文化に加えて、ベトナム文化も体験させてくれたりしました。新しいことは何でもトライさせてくれる家族だったので、やりたいことは何でもできました。また、8月にあった私の誕生日には誕生日会を開いてくれ、プレゼントまで用意してくれました。大変素敵な家族で、感謝しかありません。みんなのサポートのおかげで最後までたくさんのことに挑戦しながら健康に過ごすことができました。お別れした今でも連絡を取り合っています。 ここで、タコマ留学に来て、叶った私の夢の話をします。この夢は学校が終わった後の帰国前にある2週間の休みのうちに叶いました。1つ目は、ニューヨークに訪れたことです。そこで、念願のタイムズスクエア、自由の女神、ブルックリンブリッジに行くことができました。タコマに来て、アメリカの歴史をスプリングクォーターで学んだので、自由の女神を見たときの感動はただ単に見に行くよりも倍以上だったと思います。その感動は忘れられません。ニューヨークはとても忙しい街で、沢山の刺激を得られました。やはり都会は旅行で訪れるくらいがちょうどいいと感じました。次は、フロリダのウォルトディズニーワールドに行ったことです。人生で一度は絶対行きたいと思っていた場所に日本からよりも安く行ける絶好のチャンスがすぐそこにあったのでフロリダまで飛びました。真夏のフロリダは訳がわからないほど暑かったですが、とても貴重な経験ができました。この旅を通して、とても行動力がついたと思います。また、いろんな人に出会い、行ってみないと絶対に経験できないことを体験でき、今後自分が何をしたいかが少しですがわかってきました。 結局何が言いたいかというと、タコマ留学ではクォーターの間ごとに少しずつ休暇があるので、自分のしたいことなどを叶えていくチャンスがあるということです。ためらわずにどんどん行動に移していくことは大切だと思います。初めは私たちもニューヨークとフロリダのどちらも行くことは不可能と考えていましたがやってみれば何でもできるものです。時間は限られているので、迷っていることがあればするべきだと思います。最後に、タコマに来て出会った人たちとの別れはとても寂しいですが、また会えることを願い、残りの数日を後悔のないように過ごして行きます。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(20期), 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学 外国語学部英米学科3年 K.T 2018年8月

こんにちは。7月分のレポートを担当します英米3年のK.T.です。こちらは1か月ほどの冬休みが終わり後期が始まってもう2週間がたちます。この学期がオーストラリアで学べる最後になると考えると時の流れの速さに驚かされます。今回のレポートは冬休みについてと、後期の履修科目についての主に2つについて書きたいと思います。 まずは冬休みについて。多くの学生がメルボルンやシドニーに観光に行ったりする中私は冬休みのほとんどをバイトに費やしました。観光している子達の写真などをSNSで見て羨ましくなかったというと嘘になりますが私なりの理由があってこの冬休みはバイトを鬼の様に頑張りました。その理由のまず一つとして英語をもっと話せるようになりたいと私自身が思っていたという事です。実際にこの2か月間のバイトを通して目に見える英語力が伸びました。仕事をしている間はほとんどを英語で話すため特に発音と聞き取りの面で鍛えられます。それのおかげか最近では英語を話す際に言いよどみなく日本語では言えるのに英語で言えないといったことがほとんどなくなりました。またびっくりしたことが後期が始まって教授の講義を受けたときに、はじめて遅すぎると感じた事です。基本的に私は講義をオンラインで聞いているのですが1.5倍速でちょうどいいと感じたときに自分のリスニング力の成長を感じました。二つ目の理由は時給の高さです。オーストラリアは最低賃金が18ドルで日本よりも段違いに高いです。また学生ビザの私はホリデー期間の間は働く時間に制限がなかったのでこの冬休みの稼ぎは想像以上で普通の社会人の初任給よりは高い給料を稼ぐことが出来ました。これはできるだけ親の支援を借りたくなかった私にとってはうれしい誤算でした。 私は将来のキャリア像として英語を使って多国籍の方々と働くことが夢なのでこのバイトで経験している“違う文化をもった人たちと仕事をする、またはサービスを行う”という今の経験は必ず将来プラスに働くと思っています。 次に後期の履修科目についてそれぞれの概要とそれを選択した理由などをシェアしたいと思います。後期私が受講するのは観光ホスピタリティ、異文化コミュニケーション、ミクロ経済について勉強しています。観光に関する講義では観光客の視点ではなく、それをマネジメントする立場からどうやってカスタマーを満足させるかといった問題に取り組んでいて、観光業の盛んなオーストラリアで学ぶことはたくさんあるのではないかと期待しています。次に異文化コミュニケーションではそもそも文化の定義とはというところから入って、異文化異文化の中を異文化たらしめる要因を理解していくといった内容です。私は北九大で私が所属しているゼミでもある松田先生の講義の中でホフステッド指数などを勉強していたなかで将来グローバル化する社会で異文化との接し方を学ぶことは必須だと感じたのでより多くの知識を求めてこのコースを取りました。最後にミクロ経済学はこれも松田先生の講義の中で需要理論などを学んでいたのでもっとその学びを深めたいと思い受講しました。このレポートを書いている今は2週目でまだ始まったばかりですがどのコースも興味深く毎日有意義に過ごせています。 今回はオーストラリアでのバイトのことと後期の履修内容についてお届けしました。オーストラリアは学生ビザで自分の大学の単位を取りつつ仕事もできるというとても貴重な国だと思います。もしこれを読んでいる方が私の様に金銭的な理由やバイトもしたいし勉強もしたいという方であれば一度考えてみてはいかがでしょうか。最後になんか写真をのせなきゃなと思って急いでとった写真とともにお別れしたいと思います。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。また次回の留学レポートでお会いしましょう。   UQのメインビルディング。この校舎が数あるUQ内の建物一番歴史を感じる建物で気にいっています。 この写真はブリスベンの中心であるシティに繋がる橋でこの橋をすべてのバスが通っているといっても過言ではない橋です。このバスの列が1キロ以上ずらーっと並ぶ様は圧巻。
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】大連外国語大学 外国語学部中国学科3年 A.I 2018年8月

 こんにちは!中国学科3年A.Iです。留学生活の半分が終わりました。とても早いです。こちらは毎日、日差しが強いので日焼け止めクリームと日傘が必須です。  7月中旬に期末テストがありました。テストを受けてすぐに結果が発表され、思っていたよりも良い結果だったのでこのまま後期も勉強に励もうと思います。  今回は、夏休みの生活の一部をお伝えしようと思います。大連外国語大学の夏休みは7月中旬から8月末までです。期間中、学生たちは基本的にみんな帰国するようですが、私は一日50元(日本円で約850円)を払って大学の寮で生活しています。寮にエアコンは無く、校内のスーパーや食堂、ATMは使えなくなり少し不便です。  夏休みは友達と一週間ほど北京、上海に旅行に行きました。憧れだった上海の外灘、上海ディズニーランド、北京の天安門広場、頤和園に行くことができとても満足です。タクシーを一切使わず、地図アプリを使いながら自力で目的地に行けたことも、嬉しかったです。人が多く並んでばかりでしたが、とても楽しい旅行になりました。  また、大学に戻ってきてからは旅順出身の友達と旅順を観光に行きました。改めて大連の空気と海はきれいだなあ、と思いました。旅順には日露戦争関係の遺跡が多かったです。友達が中国語で歴史の説明をしてくれましたが、私の歴史に関する知識不足と中国語力の低さのため、完全には聞き取れませんでした。中国にいるからには、中国語だけでなく、地理や歴史に関しても学ばなければいけないなあ、と思いました。8月3日からは浙江省で行われる夏合宿に参加する予定です。 体調不良の日が続き勉強があまり進まず焦っていますが、残りの1か月楽しみたいと思います。読んでいただきありがとうございました!  写真は旅順にある白玉山塔               
カテゴリー: 2017春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 外国語学部中国学科3年 Y.T 2018年7月

 皆さんこんにちは。7月の留学レポートを担当する中国学科3年です。今回私は、期末テストとひとり暮らしについて、書こうと思います。  6月29日に最後の期末テストが終わり、少し早めの夏休みが始まりました。期末テストはレポートがあったり日本と同じような暗記のテストがありました。でも、4年生と受けていた講義は6月の前半に期末があったので、実質最後の週にあったテストは、3つだけでした。事前にどのような問題が出るか教えてくれる予め先生もいましたが、教えてくれない先生もいたので、後者の講義のテストはドキドキしながら受けました。無事に単位が取れていることを願っています。  ひとり暮らしは、プライベートの時間がなかなか取れないことにストレスを感じていたので、寮の人に紹介してもらって7月から部屋を借りています。月5000元で水道代は毎月一律100元、電気代は使った分だけ支払います。寮だと水回りが同じところにあるので、誰かがお風呂に入っているとトイレに行くこともできませんでした。今住んでいるところは学校まで徒歩10分圏内にあり、オートロック付きで安心して住んでいます。寮を出るときは引っ越しなど大変なこともありますが、1人の時間を大切にしたかったり寮になじめなかったりしたらひとり暮らしも考えて見るといいと思います。   写真はランタンフェスティバルで撮ったものです。
カテゴリー: 2017春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー