posts archive
月別アーカイブ: September 2018

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 G.F 2018年9月

こんにちは、今月のレポートを担当させていただきます、中国学科2年の福留紅美と申します。よろしくお願いします。  今回は、後期の手続き方法を簡単にご紹介したいと思います。次に留学される方に少しでも役にたてれば幸いです。 まずは寮の手続きです。語言大学の寮は夏休みに一旦引き払わないといけないため、後期も大学構内の寮に住みたい場合は必ず6月末に再び寮の手続きをしてください。後期に寮に戻ってきた際、6月の手続きの際に手にした二枚の領収書とパスポート、寮費を渡して手続き完了です。手続き後はフロントの方に黄色い紙(臨時住宿登録票)をもらいましょう。入寮の際は、大変混雑するので早めにフロントに行ってください。 入寮のほかに、後期のクラスを決める手続きもあります。パスポート、居留許可、臨時住宿登録票のコピー、学生証があれば大丈夫です。最悪なことにわたしは夏に帰国した際、実家に学生証を置いてきてしまいました。その場合は焦らずに事務室にいって再発行手続きをしてください。20元を払えば再発行してもらえます。 以上が手続きになります。いろいろとすることが多いですが頑張ってください!! 最後になりますが、わたしのいるここ語言大学は9月10日からさっそく後期にはいりました。新しいクラスになったこともあり、緊張した日々を過ごしています。留学生活もあと半年弱なので、残りの生活も思い残すことないようにしていきたいと思います。以上です。最後までみていただきありがとうございました。 写真は、大学の図書館近くにあった新入生歓迎のオブジェです。
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 S.O 2018年9月

皆さんこんにちは。今月の同済大学レポートを担当します、S.Oです。 9月に入って新学期が開始しました。前期が終わった後、長期休暇の間は一時退寮しなければならなかったので、日本に一時帰国していました。約2カ月ぶりの上海でとてもわくわくしていました。ですが、前学期のクラスメイトたちのほとんどが留学を終え、帰国してしまったので寂しい気もしました。 中国では、今まさに入学シーズンで日本の学期とは時期が真逆です。10日から新学期が始まったので、それまでは生活の準備や、新学期の手続きをしていました。また、それ以外には日中学生交流会と言った領事館が開催するイベントに参加したり、上海の街を散策したりと毎日充実していました。ちなみにこの写真は上海の莫于山M50という所で撮影しました。ここは芸術の街でたくさんのギャラリーがほとんど無料で見られます。絵やデザインに興味のある方は是非行ってみてください。 新学期が始まってからは前期より1つレベルを上げたクラスに入り勉強しています。徐々にレベルが上がってきて難しいと感じますが、HSKの試験に向けて頑張りたいです。 そして、サークル活動も始まってきました。久しぶりに中国人の友人に会えてとても嬉しかったです。私は、以前の投稿に書いているようにダンスサークルに入っています。再来週には新歓があるのでそのためのパフォーマンスを毎日練習しています。これからも引き続き、みんなと交流を深めながら、中国語のスキルを向上させたいです。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】仁川大学校 外国語学部英米学科3年 M.W 2018年9月

こんにちは、9月のレポートを担当する外国語学部英米学科3年の渡辺舞です。 韓国での生活は4日、仁川大学での秋学期開講からは2日が経ちました。今回はここ数日の生活について書かせていただきます。 韓国に着いてからはすぐにバディと合流し、空港から寮まで案内してもらいました。 寮では各棟に振り分けられるのですがその棟に入るのに指紋認証システムが導入されているので、到着後すぐ指紋登録をさせられて驚きました。寮は、4人部屋で北九大からの交換留学生が全員集まっています。寮に着いてからシーツや布団、トイレットペーパーなどの生活用品がないことを知ったので、近所にあるロッテマートに買い物に行きました。 バスで行ったのですが、行きのバスでかなり遠回りする路線のバスに乗ってしまい、本当は5分程度で着く距離を2時間もバスに揺られていいました。しかし、学校から少し離れた街並みは大学周辺の街並みと違い生活感がありバスの中から見ているだけでも楽しかったです。全ての挑戦が初めてのことで不安がつきものですが、やってみると意外と楽しかったり新たな発見があったりと着いてから毎日刺激的な日々が続いています。 いろんな経験ができる機会がたくさんあると思うのでそれを逃してしまわないように生活していきたいです。  
カテゴリー: 2018秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カピオラニ・コミュニティカレッジ 文学部比較文化学科3年 S.T 2018年9月

こんにちは!初めまして。今月担当します、文学部比較文化学科3年の友田椎南です!今日はカピオラニコミュニティカレッジについてとハワイに来てからの私の生活について伝えようと思います。 まず私はハワイに8月5日に到着しました。北九大のテストが終わったのが2日だったので休む間も無くという感じですね!ハワイに到着後、ホストファミリーさんに空港まで迎えに来てもらい、ホームステイ先の家についてからは時差ボケのせいかずっと寝ていました。9日にKCCで1回目のオリエンテーションがあり、参加しました。私はオリエンテーションには必ず参加することをおすすめします!なぜならそこで出来た友達が、これから先一緒にいる確率が高いからです。周りを見ていても感じます。現に私は最初に始めて話しかけたポーランド人の友達と、こっちにきてから約1ヶ月が経ちますが、いつも一緒にいます。 私が受けている授業はESOL197というもので、クラスは15人程の小人数、クラスメイトはインドネシア人に中国人あとは韓国人と日本人が半分半分くらいです。授業は月曜日から木曜日は9時20分から11時25分までの1コマと、お昼を挟んで、13時40分から15時45分までの1コマの、計2コマで、金曜日は9時30分から10時20分までの1コマです。昼休みはご飯を食べた後、友達と話したり図書館で課題をしたりして過ごしています。課題は毎日でます!授業は当然すべて英語で、内容はエッセイを書いたりプレゼンをしたりしています。 休みの日や放課後は友達とワイキキなどへ行き遊んだり、お買い物をしています。このように毎日充実した日々を送っています。 読んでいただきありがとうございました!  ワイキキの風景
カテゴリー: 2018秋

【留学レポート】クイーンズランド大学 外国語学部国際関係学科4年 D.U 2018年9月

   こんにちは。外国語学部国際関係学科4年の浦川大樹です。今回の留学レポートでは、8月15日に参加したEKKA(エッカ)というイベントについて書きたいと思います。   EKKAというお祭り、正式名称は「Royal Queensland Show」 と言うのですが、「Brisbane   Exhibition」と呼ばれていたこともあり、長い単語を短縮するオーストラリア人はEKKAと呼ぶようになったそうです。そんなEKKAですが、ブリスベンで毎年8月に10日間かけて開催されており、クイーンズランド州最大のイベントです。連日開催されていますが、その中でも水曜日は「People’s Day」(The Official Royal Queensland Show Public Holidayが正式名称)という祝日であり、友人によると、この日が最大規模になっているそうです。    EKKAが開催される会場は遊園地のようになっており、屋外と屋内で分けることができます。屋外には、観覧車や空中ブランコ、お化け屋敷などのアトラクション、動物のショー、屋台で埋め尽くされています。屋内は、景品を目当てに楽しむゲームセンター、様々な食べ物や飲み物を販売しているお店が数多くあります。このようなEKKAというお祭り、その中でも最大規模の水曜日に、私は友人たち10人で参加をしてきました。様々なアトラクションや動物とのふれあい、祭りならではのフードを数多く楽しみましたが、その中でも特に3つのことが心に残っています。    1つ目は、写真1のStrawberry Sundaeです。これはEKKA名物のようで、参加前からこれは絶対に食べると決めていました。会場各地で販売されているのですが、どこのお店も文字通り長蛇の列でした。15-20分ほど並んでようやく購入することができました。上から、イチゴ、生クリーム、イチゴクリーム、さらにコーンの中にも一口サイズにカットされたイチゴがたくさん入っています。これは今まで食べたアイスクリームの中で一番美味しかったと言えるくらい美味しかったです。家の近くにこれを売っているお店があれば、間違いなくリピートしてしまうと思います。    2つ目は、空中ブランコです。一見そこまで高さは無いように見えていたのですが、実際に乗ってみると意外と高さがあり、少し驚きました。また、回転するときの角度がある意味絶妙で、思いの外体に負担がありました。しかし、EKKAの会場全体やその周りを見渡すことができ、とてもよかったです。    最後は、花火です。「花火がとてもきれいだよ」と友人から聞かされており、毎年花火を見に行っている私は、EKKAの中で最も楽しみにしていたものでした。花火の前のショーが終わり、カウントダウンが始まると、花火が始まりました。始まってすぐに大変驚いたのですが、それは花火というよりは、音楽と照明も使ったショーに近いものでした。座席の予約もあらかじめ席とりをしていたわけでもありませんでしたが、特等席のような場所を取ることができ、非常に良い位置から花火のショーを見ることができました。The Greatest Showman など、知っている音楽もあり、感動という言葉では表現できないくらい、素晴らしいショーでした。    この経験から、世界ではいろんなお祭りが開催されていて、そのお祭りを楽しみにしているいろんな人が世界各地にいるんだと感じました。私自身大学進学で福岡に来るまでは地元のお祭りや花火大会しか参加したことはありませんでしたが、福岡に来て福岡のお祭りや花火大会を知りました。そして今回は、オーストラリアはブリスベンのお祭りを知りました。その経験から、これまで私が知っていたお祭りとは全く違うスタイルのお祭りや楽しみ方があることを知りました。   これからも、日本各地、世界各地のイベントに参加してみたいと思います。   【写真1】 【写真2】
カテゴリー: 2017春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 済州大学校 外国語学部国際関係学科3年 T.K 2018年9月

こんにちは。8月から済州大学校に留学しています、外国語学部国際関係学科3年の神田翼です。今月のレポートを担当します。 済州大学校と北九州市立大学は今年から提携したので、私を含めた合計3名が初めての派遣生です。まだ済州島に到着して4日程度なので分からない事も多いですが、今後済州大学校に留学したいと思っている方々に少しでも情報を提供できたらと思います。済州大学校は韓国の済州島唯一の国立大学で、キャンパスはとても広く、学内を移動するシャトルバスが走っています。留学生は主に中国、ロシア、日本、ベトナムなどなど様々な国から来ているようです。留学生は、語学堂で韓国語が学べます(12単位分)。語学堂は初級から上級の3クラスがあり、クラス分けをするレベルテストを大学に到着後1〜2日後に受け、その翌日には留学生にむけたオリエンテーションがありました。そこで語学堂のクラスの発表、留学生のための授業の説明、도우미(トウミ)という留学生のチューターの方との顔合わせなどが行われました。私のトウミの方は日本語学科の方で、日本語がとても上手なので安心です。トウミの方が語学堂以外の学部授業の申請の仕方や、その他に色々なことを手伝ってくださります。 大学では学校内にある学生生活会館という寮で生活します。留学生はもちろん、多くの韓国人の学生さんもこの寮に住んでいます。私の入った寮は2人部屋で、ルームメイトは同じ年の韓国人の方です。ここ4日間の済州島での生活を振り返ると、生活に不便な事は特に無くとても過ごし易い気候と環境だと思います。学内にはカフェや食堂やコンビニが沢山あり、少し歩けばご飯屋さんも並んでいますし、学校正門のバス停まで行けば繁華街の方へむかうバスが沢山走っています。これから済州島で語学堂と学部授業の勉強に励みつつ、色々な人と交流して済州島の生活を満喫していきたいと思います。拙い文章ですが、ここまで読んでくださりありがとうございます。 大学の風景 寮の食事
カテゴリー: 2018秋, 済州大学校

【留学レポート】 バンクーバーアイランド大学 外国語学部英米学科3年 M.T 2018年9月

こんにちは。今年度バンクーバーアイランド大学に派遣留学中の外国語学部英米学科3年の東郷真依です。こちらに来て本日で6日目になります。VIU(バンクーバーアイランド大学)はバンクーバー島という小さな島でとてものどかです。暦上ではまだ9月に入ったばかりではありますが、朝と夜はとても冷えるので長袖でないと過ごせません。空港に着いた瞬間も、第一印象は「涼しい!」でした。 私はホームステイをさせて頂いています。新しい環境に、新しい家庭。緊張しない訳がありませんでしたが、ホストファミリーはとても温かく受け入れて下さいました。料理は主にホストファザーが作り、どれもとても美味しいです。ただもう既に日本食が恋しくなっているのも事実ではあります。とりあえず味噌汁と納豆が食べたいと毎日友達に呟いています。(友達からは渋いと言われました。) 学校生活についてですが、現在はまだオリエンテーションの週で授業は始まっておらず、ホームステイや授業に関する説明会、テスト、ウェルカムパーティーを先日終えたところです。まず最初に驚いたのは日本人の多さです。私が履修するESLというプログラムは特に日本人ばかりという印象でした。私は大学から一人で来ていますが他の大学は大人数で来ているところもあり、たくさんの日本語が聞こえてきました。そんな環境の中で来週から授業が始まるのはとても不安ではあります。そこで、こんな状況でも英語に溢れた生活を送るために私は自分自身の中で2つの決まりごとを作りました。まず一つは毎日英語で日記を書くことです。その日あった出来事、その日分からなかったフレーズ、感じたことなどを毎日英語で書くことと学校生活以外での活動に参加することです。この2つが続けられているかどうかは来月のレポートに期待しておいて下さい。
カテゴリー: 2018秋

【留学レポート】 マカオ大学 文学部比較文化学科3年 H.T 2018年9月

 皆さん、こんにちは。北九州市立大学比較文化学科3年の高原飛来です。8月からマカオ大学に交換留学で来ています。これから約10ヵ月マカオでの留学生活についてこちらで紹介・発信させていただくのでよろしくお願いします!現在海外留学を考えている、留学の現状を知りたいというような方々にはよりその気持ちを促進させるような内容を、また留学にあまり関心がない方々には留学に興味を持っていただけるような内容を提供できたらと思います。今回のテーマは、マカオ大学での授業についてです。今学期は5つの授業を履修しています。私はFAH(Faculty of Arts and Humanities)のEnglish Studiesに所属しており、基本はこのコースが提供する講義から選択するのですが、それ以外のコースの授業も選択可能です。FAHのコースからは3つ(Literary studies I , The study of language , German I)、それ以外のコースから2つ(Chinese for non-native speakers , English news writing)を受講しています。授業の開始から1週間弱が過ぎ、感じた事は、マカオ大学の講義ほとんど英語で行われ、生徒に発言を求める事が多いため、自分次第ではリスニングだけでなくスピーキングも伸ばせるということです。また、自分が受講している講義は少人数で行われる授業ばかりなのでより発言機会が多く、受講するたびにやりがいを感じます。1コマ75分で行われ、授業の間も15分間あり、マカオの生活は日本に比べてゆったりとしています。マカオに来てから約2週間が経過しましたが、まだまだ慣れていない事も多く、現地の友達に助けられる事もしばしばあります。焦らずにゆっくり環境に慣れ、留学生活を楽しんでいけたらと思っています。次回からはより深く掘り下げた内容を提供していこうと思います。ではまた次回でお会いしましょう!
カテゴリー: 2018秋, 新着情報

【留学レポート】 フォートルイス大学 外国語学部英米学科3年 A.H 2018年9月

こんにちは。フォート・ルイス大学に留学中の英米学科3年堀之内綾音です。 ここでの生活が始まって1週間が過ぎました。まだ分からないことも多いですが、到着してから学校生活が始まるまでについて書いていきたいと思います。 これはめったにないとは思うのですが、私が現地へ向かうときデンバーからデュランゴへのアメリカ国内線が搭乗10分前にキャンセルになり、デンバーのホテルに一泊したため大学への到着が遅れました。特に今年は北九大からの留学生は私一人だったので、航空会社のカウンターへ行って話をして、ホテルに向かうまで不安な気持ちで過ごしました。今後、皆さんがこのようなことを経験するかは分かりませんが、もしこのようなことがあれば、落ち着いて航空会社のカウンターで話をして、分かるまで何度も聞きましょう(笑)そして、人を捕まえて聞きましょう。大学への連絡も忘れずに! そうして、一日遅れでデュランゴに到着しました。大学があるデュランゴは朝晩は寒くて、昼は暑いという気候です。また、湿度がないのでからっとしています。大学は、北九大と違って広いです!!そして、自然豊かで開放感溢れるキャンパスです。私はこのキャンパスをとても気に入っています! 大学に着いてからは、オリエンテーションがありました。キャンパスが広いので自分の教室への行き方を案内してくれたり、教科書の買い方を教えてくれたりウォルマートという日用品も食料も揃うスーパーに連れて行ってくれたりしました。オリエンテーションとは別に毎晩何かしらの歓迎イベントがあります。ぜひ行ってみてください。とても楽しいですし、緊張もほぐれます。 2日ほど前からちょうど授業が始まったところです。次回は皆さんが気になる授業についてお伝えしたいと思います。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報

【留学レポート】 大連外国語大学 外国語学部中国学科3年 E.O 2018年9月

  こんにちは。今月の留学レポートを担当させていただきます外国語学部中国学科3年の折田栄介です。  長いようで短かった1ヶ月間の夏休みも終わり、いよいよ留学生活もあと半分となりました。前学期大連に来たばかりの時は中国語もほとんどわからず、もちろんまだ友達もできていなかったのでとても不安でしたが、学期末頃には友達もたくさんでき、言いたいことも中国語で伝えられるようになったし、いつも行っていたご飯屋さんの店長と仲良くなって楽しくおしゃべりができるくらいになったので自分の成長が感じられて何よりも嬉しかったです。  大連外国語大学は、その名の通り外国語専門の大学で、特に日本語教育のレベルの高さで有名なのだそうで、日本語学科の中国人学生と交流する機会もたくさんあったのですが、本当に驚くほど積極的で、いい刺激を受けました。授業は留学生のみのクラスなのですが、その時も外国人留学生は日本人とは違い、何かあれば小さなことでもすぐに質問し、積極的に授業に参加しています。そしてやはりそういう学生は中国語もとても上手です。留学生同士の会話はほとんど中国語を用いるので、上手な友達と会話するのもとても勉強になります。  さて、もうすぐ新学期の授業が始まります。新しいクラスのレベルについていけるかという不安もある反面、新しい出会いや生活への期待も高まります。残り半分の留学生活も自分のペースで頑張っていきたいと思います。  写真は夜の大連市内
カテゴリー: 2017春, 新着情報
{z[
カテゴリー