posts archive
月別アーカイブ: October 2017

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉石本彩乃(2017.9月派遣)

皆さんこんにちは、経済学部の石本彩乃です。日本からタコマへやってきて約1か月が経ちました。多くの不安を抱えながらの出発でしたが、いざ始まってみると、とても楽しく充実した毎日を送っています。今回、オリエンテーション、学校が始まるまでの1週間の休日、そして、学校が始まってからの二週間に分けてお話させていただきます。 タコマについて最初の一週間に、何度かにわけてオリエンテーションがTCCで行われます。そのオリエンテーションでは、学校生活をスムーズに送るための準備である、ホームステイ、学校のルール、そして留学についての心得などをTCCのメンターやアドバイザーから教えてもらいます。メンターやアドバイザーはアメリカ人だけではなく様々な国籍の生徒や先生がいます。 その後の休日は、オリエンテーションで仲良くなったTCCのメンターや生徒たちと、ご飯を食べて家で様々なゲームをしたり、遊びにでかけたりしました。こちらでは免許を持っている生徒が多いので、シアトルやタコマの近くの街を車で案内してくれます。英語が不慣れであっても、こちらの先生や生徒、ホームステイ先の家族はとても優しく英語を教えてくれます。先ほども言った通り、TCCには様々な国籍の生徒や先生がいるので、こちらで出会った友達と遊ぶほど多くの文化を知ることができます。日本では、全く知らなかったことが経験できるので毎日が刺激的で楽しいです。 最後に学校についてです。毎日課題が出るので、毎日少しずつこなしていくことが大切です。授業では、わからないところがあれば先生に質問すれば、いつでも丁寧に教えてくれます。授業が終わったあとは、多くのTCCの生徒が集まるカフェテリアというところで、友達と話をしたり、課題をしたりしています。課題でわからないところがあれば、カフェテリアにいる生徒や、家に帰ればホストファミリーが手助けしてくれます。 こちらにきてまだ一か月ですが、英語を勉強するために多くの生徒や先生、家族が助けてくれていることを実感しています。こちらで英語を勉強する環境はすごく整っています。その環境や機会をどうやって活かしていくかどうかは自分次第だなと感じています。留学生活を充実させることができるチャンスはこれからも多くあると思うので、そのチャンスを活かし、しっかりと勉強して、実りのある経験をたくさんしていきたいです。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(19期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉坂口実優(2017.9月派遣)

こんにちは。現在タコマコミュニティカレッジに留学しています外国語学部英米学科2年の坂口実優です。 アメリカでの生活が始まって早くも1ヶ月が経ちました。初めての海外、それも半年の滞在なので出発までは不安でしたが、今は毎日楽しく過ごしています。今回私のレポートでは主に、大学での過ごし方、休日の過ごし方について紹介したいと思います。 大学では毎日9時半からだいたい16時前後まで授業があります。今学期受けている授業は4つ。そのうち3つは北九大生のみの授業になります。アメリカのエッセイの書き方を勉強するクラス、会話と発音を練習するクラス、アメリカ文化を会話しながら学んでいくクラスです。どのクラスも先生が面白くて、いつもあっという間に終わってしまいます。しかし日本とやはり違うのは、自分がどう思うのか発言を求められることです。最初は戸惑いましたが、だんだんと慣れてきました。もう一つは American History という、現地の学生と一緒に受ける映画を観ながらアメリカの歴史を学ぶクラスです。このクラスは他の3つと違い、課題の量がとても多いです。現に、今3つも課題を抱えています。どれも時間がかかるものではありますが、頑張ってこなしています。お昼休みや空き時間は主にカフェテリアで過ごしています。カフェテリアは現地の学生と交流できる場所です。トランプゲームなどで遊んでいます。TCCの学生はとてもフレンドリーな人が多いので、少しずつですが友達が増えています。私は積極的、社交的ではありませんが、そんな性格を変えていきたいというのもこのプログラムへの参加を決めた動機なので、これからはもっと現地の学生に自ら話しかけていきたいと思っています。 次は休日の過ごし方についてです。休日は、1日は課題にしっかりと取り組む、もう1日は友達とバスを利用してタコマ周辺へ行ったり、おうちでのんびりしたりなど、自分のやりたいことをするようにしています。アメリカでの日々はまだ始まったばかり、これから様々なところへ行き、様々な発見をするだろうと思います。これからハロウィン、感謝祭、クリスマス、ニューイヤーなどたくさんの行事があるので楽しみです。帰国したのちに、留学してよかったと振り返られるよう有意義な日々にしていこうと思っています。つたない文章ですが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(19期), 新着情報, 留学レポート

10月20日(金)秋の留学相談会を開催します!

        秋の留学相談会を以下の通り実施します。 交換留学、派遣留学、語学研修プログラムに参加した先輩方から直接話を聞くことのできるチャンスです。留学に興味があるそこのキミ!是非、この機会をお見逃しなく! 【開催日】10月20日(金) 12:30-16:30【場所】北方キャンパス図書館1F ★個別相談ブース(予定) 【交換留学】派遣先大学<国>●カーディフ大学<イギリス>●オックスフォード・ブルックス大学<イギリス>●ピッツバーグ大学<アメリカ>●カリフォルニア州立大学モントレーベイ校<アメリカ>●サラワク大学<マレーシア>●タマサート大学<タイ>●クイーンズランド大学<オーストラリア>●タスマニア大学<オーストラリア>●大連外国語大学<中国>●文藻外語大学<台湾>●仁川大学校<韓国>●韓国海洋大学校<韓国> 【派遣留学】 派遣先大学<国>●フォート・ルイス大学<アメリカ>●タコマ・コミュニティカレッジ<アメリカ> ●ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ<アメリカ> ●バンクーバーアイランド大学<カナダ> ●北京語言大学<中国>●同済大学<中国> 【語学研修】 派遣先大学<国> ●タスマニア大学<オーストラリア>●ニューカッスル大学<オーストラリア>●セルカークカレッジ<カナダ>●大連外国語大学<中国> 質問は国際教育交流センター(2号館1F)までお問い合わせください! 皆さんの参加お待ちしております。
カテゴリー: Event, News, イベント, 新着情報

【留学レポート】 オックスフォードブルックス大学 片山彩香 2017年10月

こんにちは。今月の留学レポートを務めさせていただきます、国際関係学科3年の片山彩香です。早いもので、イギリスに着いてから二週間が経過しました。そんな中での現地リポートなので今回は、到着してから起きたハプニングについて話します。まずはクレジットカードについてです。通常日本でカードを使う時にはサインのみで済ませるのが主流ですが、海外では基本的にPINコードという暗証番号を入力して決済されます。私はキャッシュ機能つきのクレジットカードだったので、当然そのPINコードもATMからお金を引き出す時の番号だと思っていました。しかしその番号ではエラーになってしまい、挙句の果てには三回間違えてしまったためにカード自体にロックがかかるという大惨事になりました。ロックを解除するのは本人が窓口に行く必要があったためクレジットカードをこちらで使用するのは不可能になりました。結局銀行口座の開設手続きをしていますが、一週間ほどかかりそうです。カードの海外での使い方とPINコードなど、事前にきちんと調べておくことが大切です。私みたいに考え足らずで渡航すると後々面倒なことになります。二つ目は、身分証明についてです。クラブに入るには身分証明としてBRPやパスポートが必要になります。人混みでのスリなどを警戒して、私はBRPと最低限のお金だけを持って行ったのですが、なんと私のBRPの顔が違うといわれて、他の身分証明を持っていないなら入るなと言われたのです。当然私は他の証明を持っていなかったのでクラブに入れず、友達と一緒に渋々帰りました。BRPは大概すべての証明に使えると思っていたので、顔で引っかかるとは想定外でした。お店によってセキュリティの厳しさに差があるので、皆さんも一応BRPと他の証明カードを持ち歩くことをお勧めします(私の場合写真移りが悪すぎというのもあるのですが…)。そして最後は緊急事態についてです。先日友達が包丁で手を深く切ってしまい、救急病院へ行くという出来事が起こりました。着いて間もないこともあり、タクシーの呼び方が分からず病院へ行くまでに時間がかかったことに加え、病院についてもそこから三時間も待たされました。イギリスではNHSのおかげで、ほぼ無料で医療を受けられるのですが、風邪などの緊急性のない病気は基本的に三日後とかに診察され、緊急時でさえも長時間待たなければなりません。いつ病気や事故に遭遇するかわからないので、あらゆるケースに対応できるよう、到着後なるべく早くにタクシー会社への登録や病院の場所、緊急電話番号などを把握しておくと安心です。今、一生懸命IELTSを勉強している人が多いと思います。私もまさか自分が交換留学できるとは思っていませんでしたが、最後まであきらめずにやり続けた結果が今です。皆さんも頑張ってこのオックスフォードで夢を叶えましょう!
カテゴリー: 2017秋, 新着情報

【留学レポート】 タスマニア大学 増山怜香 2017年10月

留学生活も残り1か月余りとなりました。本当に時が経つのはあっという間だなと日々感じています。今日からサマータイムが導入され、日本との時差が2時間になりました。冬の終わりの合図なのか、昨日は花火が上がり日本の夏祭りを思い出しました。最近、タスマニアは暖かくなり春の訪れを感じます。タスマニアに来た時のように様々な花が咲き始め、留学生活を始めたばかりの頃を思い出します。寮に着いたその日に買い物に行き迷子になったことに始まり、美容院に行って髪が大変なことになったり、日本製のドライヤーを爆発させたり、友達と料理していて火災報知器を鳴らして消防車が来てしまったり、パソコンとスマートフォンが同時期に壊れパニックになったりと、思い出すときりがないほどよく事件を起こしてきました。しっかりしないといけないなと思いつつ生活していた矢先、先日部屋のキーカードを無くし、部屋に入れなくなってしまいました。鍵を部屋に閉じ込めたまま外に出て、入れなくなることはよくありましたが今回はキーカードがどこかに行ってしまいました。このような感じでバタバタと過ごしていたので残り1か月は何も起こさないように気を付けて生活していきたいと思います。今月末からテストが始まります。先月に課題がすべて終わったので今月はテストに向けてこれまでの授業やリーディング課題の復習をしていきたいと思います。  
カテゴリー: 2016春, 新着情報

【留学レポート】 マカオ大学 中郷実夢 2017年10月

皆さん、初めまして。8月からマカオ大学に留学しております、外国語学部中国学科3年の中郷実夢です。留学を考えている方にとって、少しでも参考になるような情報を共有できればいいなと思います。 マカオ大学ではFaculty of Social Science(FSS)のGovernment and Public Administrationという学科を専攻しております。私は英語系を1つ、中国語系を2つ、国際関係系を1つの、計4つの授業を履修しております。これに加え、広東語の授業も土曜日に履修しています。現地の中国学科の人達と学ぶ、文学の授業には、正直全くついていけておらず、周りの友達に英語に翻訳してもらいながら受けています。また、中国語でのジョークが理解できず笑えないのが悔しいです。前期のうちに少しでも笑えるようになりたいです。 マカオ大学に来て驚いたのは、生徒の英語力の高さです。授業中は、すごい速さで英語が飛び交います。同じ、英語を母語としないアジア人なので、これには大変刺激を受けました。 正直、アメリカ、イギリスなどの英語圏への留学の憧れもあり、留学先を最後まで悩んでいましたが、英語も中国語も同じくらい伸ばすことができ、東洋、西洋両方の雰囲気を味わえるマカオに留学できたことを本当に幸せに思っています。残り9か月、1日1日を大切に充実した留学生活を送れるよう努力しようと思います。      
カテゴリー: 2017秋, 新着情報

【留学レポート】 北京語言大学 福田憧太 2017年10月

 お久しぶりです。10月分のレポートを担当する2年の福田憧太です。 夏休みが終わり、また北京語言大学で勉強を再開しました。 北京に戻るやいなや寮の予約が取れておらず近くのホテルに泊まったり、 学生証の名前が別人になっていたり、風邪をひいたり… ハプニングだらけの留学生活ですが、前期以上に楽しい日々を送れています。   九月の中頃に、母と弟が北京に遊びに来ました。 2人とも英語は話せるものの、中国語は全く知らず、頼みの綱は私だけで、 チェックイン、タクシー、チケットの購入と数々の困難がありました。 天安門,王府井といったベタな場所しか案内できませんでしたが、 トラブルなく帰国を見送ることができたので良かったです。 家族と一緒に食べた北京ダックは忘れられない思い出になるでしょう。    11月の留学レポートも私が担当します。 9月の終わりから10月の初めまで、中国には国慶節という長い休みがあります。 この機会に同じく中国に留学されている先輩に会いに行こうと思っています。 それでは、また1ヶ月後に。   (写真はくいこむアルパカさんです。かわいい。)  
カテゴリー: 2017春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学 三浦悠里香 2017年10月

こんにちは、10月のレポートを担当する比較文化学科2年の三浦悠里香です。仁川大学校に留学してから、約1か月がたちました。 今回はこの最初の1か月を私がどの様に過ごしたのかについて書きたいと思います。まずは、授業の履修登録で苦労しました。授業の履修登録をするまでに1週間かけて、様々な授業を見学し仮の履修登録を行います。そして、修正申告期間になってから履修登録の確定を行います。ここまでは北九大と同じ流れだと思います。しかし、履修登録確定はスムーズに進みませんでした。何故かというと、まず留学生は韓国語を学ぶ授業を取らなければなりません。韓国語のクラスと一口に言っても、1級から5級まであります。テストを受けてどのレベルを学ぶのかが決まらないと韓国語以外の授業をどのように取るのか決められません。というのも、仁川大学校の授業は日本と違い1つの授業が3つに分けられており、火曜日に2つ木曜日に1つという風になっています。片方でも韓国語の授業と被ると受けられないため大変です。私の場合、レベルテストを受ける前に希望した授業の大半が韓国語の授業と重なったため、韓国語を優先させました。韓国語の授業自体は全て韓国語で行われるので少しきついですがとても楽しいです。  週末は地下鉄に乗ってこちらで出来た友人とソウルに遊びに行き、様々なイベントに参加して充実した日々を過ごしています。留学生活は、まだ始まったばかりです。勉強と両立しながら楽しんでいきたいと思います。 写真は、先輩と一緒に仁寺洞に行ったときに食べたカルビチムと冷麺です。  
カテゴリー: 2017秋, 新着情報

【留学レポート】 同済大学 小川奏人 2017年10月

こんにちは、同済大学に留学している小川です。 もう10月ですね、こちら上海でも日に日に涼しくなっており秋の訪れを感じています。留学期間もあと4ヶ月弱となり残りの時間を大切に使っていきたいです。 さて、長かった夏休みはあっという間に終わり同済大学は9月18日から今学期の授業が始まりました。僕は今学期高級のクラスに参加しています。前学期のクラスと比べて人数がかなり少なく、毎回の授業で発言するチャンスが増え、より積極的に授業に取り組むことができるようになったと感じています。また高級のクラスということもあり、皆レベルが高く周りからの刺激を得ることができます。 授業以外にも前学期と変わったことはたくさんあります。その中の1つが寮生活です。前学期は部屋の広い寮で日本人と生活をしていたのですが、今学期は部屋の狭い寮でドイツ人と生活をしています。部屋がとても狭く、色々と不便ですが違う文化圏の人と一緒に暮らす機会はめったに無いことなので、楽しんでやっていきたいと思います。しかしルームメートは中国語があまり得意ではなく、コミュニケーションがとれているのかいないのかわからない時があるので少し不安です。中国には留学しているとはいえ、英語の必要性を、身をもって痛感することになりました。 中国は今日から国慶節で、約1週間の大型連休になります。僕は明日から友達と北京旅行に行ってきます。初北京、色々な物を見て、食べたいです。 これで10月の留学レポートを終わります。       上の写真は、クラスメートと月餅を食べた時の様子です。
カテゴリー: 2017春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カピオラニ・コミュニティカレッジ 柴田香凜 2017年10月

こんにちは。ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジに留学しています。北九州市立大学法学部法律学科柴田香凜です。KCCに来てからあと少しで2ヶ月になります。ホストファミリーにも恵まれて元気に充実した留学生活を送っています。今回は学校生活と休日のの過ごし方について紹介します。KCCはダイヤモンドヘッドのすぐ麓にあるため自然に囲まれた中に学校があり、とてもよい環境の中で勉強する事ができます。授業は午前が9時過ぎから始まり、11時半くらいに終わります。それから、お昼の休憩を挟み、1時半過ぎから午後の授業が始まり、4時前に学校を出ます。お昼の時間が少し長いため、この時間はお昼を食べて宿題をしている人が多いです。また、ほとんどの人がバス通学をしています。ハワイでは電車等が無く、主な交通手段はバスで、定期を買うとセメスターの期間はどの路線でも乗り放題です。ただ、予定の時間に来なかったり、予定表のバスが予告なしに無くなっている、、、などのトラブルが多いですので、ゆったりとした気持ちで構えることが大切です。授業内容は、アメリカの人権問題の歴史や現状を映像やテキストなどを使って見ていくと言うものです。内容が複雑で、単語も普段使わないものが多いなど大変ではありますが、道徳的な勉強にもなるのでとても充実している授業だと感じています。また、グループや個人のプレゼンテーション、エッセイ課題がモジュールごとにあるので英語を話す力、書く力共に高めることが出来ると思います。同じメンバーで全ての授業を過ごすので、クラスの仲は高まります。金曜日は午前中で授業が終わるので、クラスメイトといっしょにランチして遊ぶ事が多いです。基本的に学校では韓国人のクラスメイトと一緒に居て、英語を使うようにしています。と言うのも、私たちが参加する秋のセミスターは特に日本人が多いので、なるべく他国の友だちと一緒にいるようにする事を心掛けています。休日は、ワイキキの方まで出向き、買い物や食事などを楽しんでいます。ハワイは基本的にいつでも海に入る事が出来るので毎週末はサーフィンをしている子も多いです。私は、土曜日にハワイ大学の日本語の授業にボランティアとして参加しています。日本語を学んでいる現地の人たちのサポートをしています。自分の使っている日本語の間違いにも気付く事が出来、とても貴重な機会になっています。写真は先日、ノースショアで食べたガーリックシュリンプです。ノースショアは波が高く、サーファンやタートルベイが見る事が出来る場所で有名です。ワイキキからは少し距離がありますが、また違った魅力がありました。ハワイでは、とても良い刺激を受けながら新鮮な毎日を過ごす事ができています。残りの留学生活の中で、やり残す事がないように、勉強も遊びも楽しんで来たいと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。
カテゴリー: 2017秋, 新着情報
{z[
カテゴリー