posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学 谷本晴香 2016年5月

こんにちは、カリフォルニア州立大学(CSUMB)に留学中の谷本晴香です。留学生活も残り数週間となり、今は帰国の準備と最後の期末週間に向けて課題やプレゼンの準備を進めています。 残りの滞在が少ないということもあって、最近の週末はよくルームメイトや友達に近くの観光地などに連れて行ってもらっています。キャンパスから車で20分ぐらいでダウンタウンや有名なビーチに行くことができます。     わたしにはラティーナ(ヒスパニック)の友達がたくさんいるのですが、彼女らの英語はスペイン語の訛りがすごくて最初の頃は全く聞き取れなくとても苦労しました。でも最近やっとその訛りにも慣れてきて会話がスムーズにできるようになりました。アメリカはいろんな国のルーツを持った人がいるため、アメリカの国籍を持っていても英語が上手に話せなかったり、母国語の訛りがきつい人がたくさんいます。CSUMB周辺のコミュニティにはヒスパニック系の人が多く、家ではスペイン語、外では英語を話すといった環境にいる人も少なくないそうです。実際にスーパーマーケットやバスの中ではよくスペイン語が飛び交っています。またアジア人やヨーロッパ出身の人も多いため、至る所でそれぞれの国の訛りが感じられます。正直私は日本にいる時はアメリカ英語やイギリス英語以外はあまり聞いていなかったので、こちらに来て初めて訛りの壁を感じました。当たり前なことかもしれませんが、英語を使って世界中の人とコミュニケーションをとるためには訛りやその国の文化を理解することはとても大切なんだと再確認できました。   日本にいる時には気がつかなかったものが最近たくさん見えてきて、少しずつ留学で得たものや考え方の変化を実感しています。あと少しですが、残りの生活も楽しみながらたくさん学んでいけたらなと思っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。  
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カリフォルニア州立大学モントレーベイ校 安谷屋夏美 (2016年4月)

みなさんこんにちは。 カリフォルニア州立大学モントレーベイ校に留学している、国際関係学科4年の安谷屋夏美です。   アメリカでの留学生活も残り一か月半ほどとなり、もう少しで健康的でおいしい日本食を食べられる!という嬉しさと、友達と離れ離れになってしまうという寂しさが同時に押し寄せてきて、何とも言えない心境です。   4月に入り、だんだんと温かくなってきました。私は先日、CSUMB Internatuional Officeが海外留学生向けに開催しているイベントの1つで、ヨセミテ国立公園にハイキング・キャンプをしに行ったので、今回はそれについてお話ししようと思います。   このイベントは、11月と4月に開催されていて、Officeの学生によると、一番のベストシーズンは今ということでした。幸いにも天候に恵まれ、日中は暑くて汗をかくほどだったのですが、夜になると、凍えるほど寒く、私はコートを着たまま毛布にくるまって寝ていました。   初日はキャンプ場から近い、湖までハイキングしました。     ハイキングというよりも、散歩に近かったので、ハイキング初心者の私でも楽しく歩けました。   2日目は、朝の集合の時点で「今日は6時間ハイキングだよ」と言われていたので、とてもびくびくしていました。二つの滝を見に行くということで、前の日とは比にならないほどのでこぼこで急な道、不安定な岩の階段を、高所恐怖症ながらなんとか登りました(笑)             アメリカの壮大な自然に圧倒された旅でした。 このきれいな景色は、写真では伝えきれません!(笑) CSUMBに留学したら、絶対に行った方がいいと思います! 最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
カテゴリー: 2015秋, フォート・ルイス大学, 留学レポート

【留学レポート】カリフォルニア州立大学 谷本晴香(2016年3月)

こんにちは、CSUMBに留学中の英米学科2年谷本晴香です。今回は新学期の授業や寮生活についてご紹介します。   1ヶ月以上あった長い冬休みが終わり、1/25から春学期が始まりました。授業も前の学期と大きく変わり、留学生もかなり入れ替わったのですごく新鮮な気分です。こちらは冬とは思えないほど暖かくていい天気が続いています。       わたしは今学期、サービスラーニングやミュージカルの授業などを履修しています。サービスラーニングは前の学期も受けていましたが、今回は違うカテゴリーのHealthに関連したものを受けています。週に2回ある講義のほかに毎週1回、近くのファーマーズマーケットのインフォメーションやキッズブースでボランティアをしています。   このサービスラーニングという授業は講義で専門分野やサービスについてディスカッションをベースに学び、実際にキャンパスの外に出て、直接地域の人々と触れ合うようなボランティアを行います。学校がとても力を入れている分野でCSUMBにはこのサービスラーニング専攻の学部も存在します。留学生は基本的にオンキャンパスの寮で生活するのでなかなか外のコミュニティを深く知ることはできません。しかし、この授業のおかげでキャンパス内では見ることのできない本当のアメリカ、カリフォルニアの生活に触れることができています。CSUMBではオススメの授業です。       また、わたしは今学期に入って寮を変えました。   2015年の秋に完成したばかりの新築の寮です。ここは全室シングルルームでプライベートのバスルームが各部屋についていて、キッチンと洗濯機だけ複数人のルームメイトと共有します。わたしは3人のアメリカ人ルームメイトと一緒に暮らしています。とても良いルームメイトに恵まれて、よく一緒にジムに行ったり買い物に連れて行ってもらったりしています。建物に本格的なジムもついて、綺麗で広くて本当に快適です。途中で寮を変えてみるのも新しい出会いがあったりして面白いです。         そしてわたしは2月に誕生日を迎えたのですが、アメリカ人や日本人はもちろん、他の国の留学生たちなどたくさんの人に祝ってもらえました。成人式に出席出来なかったり、20歳の誕生日を日本で過ごせなかったのは少し寂しいですが、アメリカでサプライズだらけの最高の誕生日を迎えられてとても楽しかったです!   ルームメイトからのサプライズケーキ       帰国まで3ヶ月を切りましたが、私たちはCSUMBに派遣された第1期生なので残りの留学生活でもっと経験を増やし、たくさんの情報をみなさんに報告できれば良いなと思っています。  
カテゴリー: 2015秋, カリフォルニア州立大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学 元村萌(2016年1月)

皆さん、新年明けましておめでとうございます。   カリフォルニア州立大学に留学しています、元村萌です。 今回はこちらでの12月についてお話ししたいと思います。   楽しいサンクスギビングホリデイが終わってから、こちらではファイナルモードになりました。図書館は、12月から朝の4時までの開館になり、多くの学生が図書館で夜遅くまで勉強します。私もよく図書館で勉強するのですが、ファイナル前は学生であふれていて、空いている席を見つけるのが大変だったくらいです。夜中の1、2時までも学生でいっぱいです。大学全体もファイナルモードで、図書館では無料のコーヒーやベーグル、食堂では軽食がふるまわれたりしました。ファイナルウィークは14~18日となっていますが、多くのクラスがその前の週にテストやプレゼン、ファイナル課題があったりして、自分の取る科目によって終わる日は異なりますが、たいていはファイナルの週の前半に終わります。私の場合は、ファイナルはプレゼン、onlineファイナルテスト、ファイナルエッセイがありました。Onlineでのテストの締め切りが金曜(ファイナル最終日)だったので、私は金曜まで図書館で勉強しました。ファイナルの週の前半までは多くの学生が勉強していましたが、後半は図書館ががらんがらんでとてもさみしかったです。ファイナルは大変だったけれど、みんなが遅くまで頑張っている環境で勉強したのは少し楽しかったなと思います。   私はacademicの授業だけでなく、カヤックの授業も今期は取っていました。   遊びではなくて結構がっつりしたカヤックの授業だったので、ウェットスーツを着用して毎回行い、自分から海に落ちてのセルフレスキューや友達と2人で行うレスキュー、波がある中での海岸への着岸の練習などもしました。それに加えて長時間パドルをこぎ続けるので腕が筋肉痛になったりもしました。しかし、毎回青空の下、きれいな海でカヤックをこいでMontereyの自然を満喫でき、友達も作ることができてとても楽しく気持ちがよかったです。さらに、ラッコやアシカにも毎回と言っていいほど会うことができました。アシカは本当にたくさんです。ラッコはCSUMBの校章、そして学校のマスコットがラッコであるように、Montereyはラッコで有名です。ある授業の時には、一匹のラッコが私たちについてきて、カヤックに上ってきたりしました。とてもかわいいです。     CSUMBにはKinesiologyという学部があり、カヤックの他に、ヨガ、サーフィン、スキューバダイビング、ハイキングなど、ここでしか体験できないような授業を取ることができます。CSUMBに留学される方は、Kinesiologyのクラスを1つは取ってみることをお勧めします。     CSUMBには世界各国からの留学生がたくさんいますが、1学期で帰国してしまう学生も多く、ファイナル後は別れの時期でした。私の友達も帰国してしまう子がたくさんでとてもさみしかったです。でも、将来お互いの国に旅行して再会しようと約束したりしたので、それが楽しみです。CSUMBに来ていろんな国の友達を作ることができてとても良かったです。冬休みに入ると、アメリカ人学生は実家に帰り、留学生は旅行に行ったり、一時帰国したり(ヨーロッパからの留学生のほとんど)して、寮にはほとんど人がいなくなりさみしくなります。 私はクリスマスホリデイはサンフランシスコ近くに住む、日本語専攻のアメリカ人の友達の家におじゃましました。家族はラテンアメリカンなので、ラテン系のクリスマススタイル、料理を楽しむことができました。 こちらは、メキシコに近いカリフォルニアということで、ヒスパニックの人々がたくさんいます。そして、多くの人がスペイン語を話します。日本にいたときは、ヒスパニックの人々と出会う機会はなかったので、こちらに来てヒスパニックの文化を知ったり、人と触れ合ったりして、身近に感じることができました。その点はCSUMBに留学したからこそ、学べたことだと思います。 ラテン系のクリスマスでは、クリスマスプレゼントは朝ではなく、25日の深夜0時になってから開けます。私たちも、12時まではみんなで映画を見たりして過ごし、25日になってからツリーに集まり、年齢の高いお父さんから順に一個づつ順番にプレゼントを開けました。クリスマスツリーの下にあるプレゼントの量は本当にすごかったです。   友達の家族はとても良い家族で、一緒にクリスマスを過ごし、アメリカのクリスマスを味わえて楽しかったです。 下の写真はクリスマス前のサンフランシスコの様子です。Montereyとはまた違う雰囲気です。オシャレで洗練された街です。やはり、クリスマスシーズンはいいですね!        2015年は家族や北九大の職員の方の支えがあって、CSUMBに留学することができました。2016年は感謝の気持ちを忘れず、自分自身をさらに成長し、飛躍する年にしたいと思います。 皆さんにとって、2016年が素晴らしい年になりますように!    
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カリフォルニア州立大学   安谷屋 夏美(2015年12月)

みなさん こんにちは。 アメリカのカリフォルニア州立大学モントレーベイ校に留学中している、国際関係学科3年の安谷屋夏美です。 こちらに来て、早くも3ヶ月が過ぎました。秋学期も終わりに近づき、そろそろファイナルテストの時期に入りました。大学の図書館も、休みが明けた途端に開館時間が午前4時まで延長され、ブランケット持参の学生の姿が増えたのを見て、ファイナルへの恐怖を感じています…。11月の最終週は、Thanksgiving Dayという祝日のため、一週間学校が休みでした。アメリカ人学生は実家へ、留学生は旅行へと校内が寂しい一週間でした。私も、他大学から来ている日本人留学生と一緒にロサンゼルスに行ってきました。旅行中には、驚かされることやハプニングが多くあったので、今回はそれについてお話ししたいと思います。 まず、私たちはAmtrakという電車でロサンゼルスまで向かったのですが、駅と線路の高さが一緒で、危なくないのかという駅の造りでした。 そして電車は定時の30分遅れで駅に入ってきて、乗車時は駅員が一人一人のチケットを確認し、席の場所も駅員に決められるというスタイルでした。ロサンゼルスへ向かう途中では、電車が停電・停車するというトラブルがあり、到着予定時間を大幅に過ぎました。ロサンゼルスに到着後、乗り継ぎの電車に乗ると、他の電車も全て遅れているとのことで車内で3時間ほど待ち、目的地へは予定よりもかなり遅い、深夜2時に到着しました。観光地では、ホームレスにお金を求められたり、見知らぬ人にCDを売りつけられそうになったりするなど、少し怖い思いもしました。もちろん、旅行中には素敵な思い出も多く出来ましたが、アメリカの光と影を見た感じがしました。観光客で賑わっている一方、夜になると大きな駅の周りにはホームレスの人々が住むテント、明らかにドラッグを使用している人達など、私が想像していた自由なアメリカとは言えない現実を実感しました。 このように書いてしまうと、アメリカは怖いところだ!と思われてしまいそうですが、実際には自分の貴重品はしっかり守る、見知らぬ人に話しかけられても知らないふり、何かを渡されても受け取らない、など自分で対策をすればとても楽しいところです。 ロサンゼルスはモントレーよりも温暖で、この時期でも多くの人が海水浴を楽しんでいました。私が行ったSanta Monicaというところは、まさにカリフォルニア!という感じの風景で、まるでテレビの中にいるような気分になりました。 この留学中で、旅行を通じて新しいアメリカをもっと発見出来ればと思います。  
カテゴリー: 2015秋, カリフォルニア州立大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カリフォルニア州立大学 谷本晴香(2015年11月)

こんにちは。カリフォルニア州立大学(CSUMB)に留学している英米学科2年の谷本晴香です。   こちらも少し寒くなってきましたが、日中は半袖で過ごせるぐらい暑くなる日もあります。服装の調整が少し大変ですが、雨もほとんど降らないので本当に過ごしやすい環境です。   今回、わたしは授業の様子について紹介しようと思います。     わたしはJapanese Service Learningという授業を取っていて、日本語学科のアメリカ人学生と日本からの留学生で毎週学校の近くにある小学校に行って日本の文化を教えています。この授業はアクティビティだけではなく、多文化性、アイデンティティ、教育などについて毎週ディスカッションやプレゼンを行います。大変ですがその分学ぶことがたくさんあってとても充実しています。   CSUMBには日本語学科があるので日本に関連した授業が多く、また日本語の授業にアシスタントとして参加することもできます。日本に興味がある学生がたくさんいるので友達を作るのには日本語学科の授業を取ることをおすすめします。   他には観光学やWriting、エアロビクスを履修しています。CSUMBは小規模のクラスが多く、ほとんどが定員20~30人のクラスです。   これは一番後ろの席から撮ったのですがだいたいこのサイズの教室で授業を受けています。 そのためどの授業でも先生に名前を覚えてもらえるし、いつも質問や発言が飛び交っています。授業によって違うと思いますが、わたしが受けている授業はすべて雰囲気がよく、留学生に優しくしてくれるので勉強するのにも良い環境だと感じています。   先日はハロウィンでした。10月は町中どこでもハロウィンで盛り上がっていてとても楽しかったです。     ハロウィンの日には仮装してパーティーに参加しました。クラブチックなパーティーでアメリカ人の仮装のレベルと盛り上がり方に圧倒されていました(笑)     ハロウィンが終わると感謝祭やクリスマスが待っています。イベントを楽しみにしながらこれからの期末のテストやプレゼンに向けてがんばります!
カテゴリー: 2015秋, カリフォルニア州立大学, 留学レポート

【留学レポート】カリフォルニア州立大学    モントレーベイ校(元村萌)2015年10月

 こんにちは。CSUMB(California State University Monterey Bay)に留学しています、  英米学科2年の元村萌と申します。今回は私が担当させていただきます。 こちらに来てから、約1か月半が過ぎました。  来た当初は日の出が6時くらい、日の入りが8時くらいでしたが、今では午前、午後7時くらいに変わりました。天気はほとんど毎日晴れで青空が広がり、まだ昼間は暖かく、とても快適な生活を送っています。昨日、カリフォルニアに来てから初めて雨が降りました。ここでは雨が降るのは珍しく、北九州で雪が降った時みたいに、「雨だあ!」といって興奮しました。(笑) CSUMBには寮がいくつもあります。それぞれで特徴も値段も異なります。 私が現在住んでいる寮はこちらです。 私の部屋には、私以外に5人のルームメイトがいます。 アメリカ人2人、日本人、カナダ人、スペイン人です。みんなステキな友達で、良いルームメイトに恵まれたなと感じています。 部屋には、ダブルルームが2部屋、シングルルームが2部屋、お風呂とトイレが2つずつ、共有スペースと、コンロがない、冷蔵庫と電子レンジと流しのみの小さなキッチンがあります。 寮には、一つ共有キッチンがありますが、あまり大きくはありません。だから、私たちの寮に住んでいる人はみんな、ミールプランを購入しなくてはいけません。 下は、私とスペイン人のルームメイトのダブルの部屋と、共有スペースの写真です。 私のルームメイトの国際色豊かなことから推測できると思いますが、CSUMBにはいろんな国からの留学生がたくさんいます。人数が1番多いのはドイツ人、2番目がノルウェー人、そして3番目が日本人です。 日本人は42人もいます。私たちは、CSUMBに派遣される1期生だったので、こんなにいるとは知らず、結構衝撃を受けました。これから留学を考えている人は、この点は考慮したほうがいいと思います。 日本人の他に韓国人留学生も多くいますが、中国やその他のアジアの国からの留学生はほとんど見かけません。ヨーロッパの国からの留学生が多いです。     次は食事について書きたいと思います。 CSUMBにはスターバックスやカフェなどがいくつかありますが、食事するところとしては大きく2つあります。一つ目は、ファストフードやサンドイッチ、寿司などがあるOtter Express、そして2つ目が、ハンバーガーやパスタ、サラダから、メキシカンフード、アジアンフードやデザートなど、バリエーションが豊かなバイキング形式のDinning Commonsです。私はよくDinning Commonsで食事しますが、バイキングで、味も美味しいので毎回取りすぎてしまいます。最近少しずつ量を減らすように頑張っています。(笑) 写真はDinning Commonsの様子と食事です。 モントレーはとにかく自然が豊かで海がきれいで本当に素敵なところです。 私はこの1か月半の間に、休日や、International ProgramのExcursion(CSUMBは多くのイベントがあります)を利用して、MontereyのDowntown やCarmel、そしてサンフランシスコに行きました。 どこもそれぞれ違った魅力があって、本当に素晴らしいです。 こちらにきたら、絶対退屈な思いはすることがないというほど、観光地や美しい自然であふれています。 下の写真はBig Sur という、海岸の絶景が広がるところにドライブでいったときの写真です。エメラルドグリーンの海で、写真でもきれいですが、生で見るのはその何倍も最高です。 留学生活はあっという間に過ぎてしまうと思うので、恐れずに、多くのことにチャレンジしていこうと思います。 そして、後悔しないように、積極性と勇気を大事に頑張ります。  最後まで読んでくださって、ありがとうございました。  
カテゴリー: 2015秋, カリフォルニア州立大学, 留学レポート

【留学レポート】カリフォルニア州立大学 安谷屋夏美(2015年9月分)

はじめまして。国際関係学科3年の安谷屋夏美です。私は現在、アメリカのカリフォルニア州立大学モントレーベイ校に留学しています。8月中旬にこちらに到着し、1週間のオリエンテーション期間を経て、今は授業の課題に追われる日々を送っています。カリフォルニア州立大学モントレーベイ校(CSUMB)への交換留学の派遣は、私たち3人が初めてとなります。   今回は、CSUMBに来ての印象と、校内の様子、授業についてお話ししようと思います。   まず初めに、この大学に来ての印象は、とにかく自然が豊かだということです。私は最近、校内で野生のリスを4匹見ました。他にも、スカンクなど日本では見られない動物がたまに出没するそうです。また、カリフォルニア=きれいな海というイメージ通り、寮から歩いて30分ほどのところにビーチもあります。天候は、雨の日が少なく基本的に晴れているか、たまに曇ったり霧がかかったりします。気温は思ったより涼しく、たまに肌寒く感じる日もあります。 校内はとても広く、私たちの寮から授業がある教室まで、歩いて20分ほどかかります。授業が朝の8時から始まるので、日本にいた時より早寝早起きという健康的な習慣が身につきました。(笑) 授業は先日始まったばかりですが、初日に国際関係学の授業でリーディング40ページとライティングが、アカデミックリーディングの授業でリーディング15ページが、締め切りは2日後という条件のハードな課題が出て、留学の実感が沸きました。また、アメリカ人学生の授業での活発さに圧倒され、勉強に対しての姿勢が日本とは大きく違うなと感じました。     寮は、一人部屋かルームシェアで、私は一人部屋でスイートメイトが一人います。     大学の寮から歩いて30分の所にあるビーチです。とてもきれいですが、波が強いです。   校内の様子です。芝生の広場や林など、自然がいっぱいです。乾燥していて空気がきれいなので、空もとても綺麗です。
カテゴリー: 2015秋, カリフォルニア州立大学, 留学レポート
{z[
カテゴリー