posts archive
月別アーカイブ: April 2018

★春交換・派遣留学、夏期語学研修 参加者募集のお知らせ

春 交換・派遣留学、夏期語学研修の募集要項をアップロードしました!   詳細は、各募集要項を確認してください。参照URL: http://international.kitakyu-u.ac.jp/j/download 閲覧用の募集要項は、本館入口や国際教育交流センター入口に設置しています。ご自身用の募集要項や応募に必要な書類は、上記URLから各自ダウンロードしてください。応募や相談は2号館1階国際教育交流センターで受け付けています。 皆さんの応募をお待ちしています!  
カテゴリー: News, 新着情報

【留学レポート】外国語学部英米学科3年 タコマ・コミュニティカレッジ S.Y 2018年4月

こんにちは、外国語学部英米学科3年生の八木駿です。このレポートを書いている今は半年ぶりの日本の生活を楽しんでいます。4月の留学レポートでは私が半年間を振り返ってどう感じたかについてまとめていこうと思います。まず、半年間を振り返ってみると長いようで短く、濃密な半年間だったと感じます。 アメリカに到着して、新しい環境に胸を躍らせていたのもつかの間で、大学の授業が始まってからは毎日課題に追われる一方でした。話には聞いていましたが、正直これほど大量の課題をこなさないといけないとは考えてもいませんでした。また、課題の内容のほとんどがあるテーマに対しての自分の意見をレポートにまとめるといったもので、後述する授業面と同様に、個人の意見が重要視されているように感じました。授業面について感じたことはやはりアメリカでは個人の意見を重視しているということです。日本の授業では主に一人の先生のお話を聞いて、学生がメモを取るという形式だと思いますが、アメリカでは全く別物でした。日本のような、先生が主体の授業ではなく、学生が意見を交換し合う学生が主体の授業でした。私の感覚では先生より学生の方が発言する割合が多いほどでした。そのため、座学中心の日本の授業形式に慣れていた私にとってアメリカの授業の形式は非常にショッキングなものでした。もちろん、英語を使ってのコミュニケーションのせいで自分の言いたいことがうまく言葉にできずに発言する際に躊躇ってしまうこともありましたが、そういったことよりもアメリカの学生の積極性にただただ圧倒されたことを覚えています。彼らは自分の意見を発信することに何の躊躇いもないように見えました。特にプレゼンテーションをする授業やディスカッション方式で進む授業では日本人学生との差が顕著に表れていた気がします。私はプレゼンテーションが少し苦手で話す内容について何回も考え直したりするのですが、アメリカの多くの学生は伝えたいことが多すぎてプレゼンの制限時間を超えてしまうほどよく話す人が多く、コミュニケーション能力の高さに驚きました。そういった現地の学生の姿勢に影響を受け、自分の意見を持つことの重要性に気がつくことができました。TCCで経験したことは全てが刺激的で自分の成長につながったと思います。半年間全力で楽しみながら学ぶことができて幸せでした。ここまで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(19期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】経済学部経営情報学科3年 タコマ・コミュニティカレッジ Y.O 2018年4月

こんにちは。経済学部経営情報学科三年の親川友里亜です。半年間の留学生活が終わり、帰国してから二週間が経ちましたが、未だにタコマで出会った人々が恋しく感じます。留学に行く前は初めての海外で英語も拙く、友達もほとんどいない状態だったのでとても不安でした。一番最初の体験ですが、タコマに到着してから数日後にキャンパス内を一人で歩いていると、知らない女性二人に話しかけられ、「お金持ってる?バス代が無いからくれない?」と言われ、私は全く英語が出てこず、焦りと怖さで5ドル渡してしまいました。今思えば、物乞いはよくある事なので、ちゃんと知っていればあんなに怯えることも無かっただろうな、と思います。こんな風に、先に知っていれば・・・と思うことはたくさんありました。ショッピングをしているときによく聞くフレーズや、チップのことなど・・・。でも、大抵のことは現地の人が助けてくれますし、どうにかなります!なので、身構えすぎる必要は全くないと思います。それに、失敗の体験がある方が自分の記憶に残りますし、濃い体験になるので、留学先では怖くてもできなくてもやってみることが一番の勉強になると強く感じました。それが留学の醍醐味だとも思います。 授業に関しては、困ったときはいくらでも助けてくれる人たちがいるので、そこを最大限に活用するべきだと思います。先生たちもとても親身になって教えてくれますし、カフェテリアにいるTCCの生徒も助けてくれます。私の場合は、ホストファザーがエッセイの添削をしてくれたので、点数もどんどん上がり、とても助かりました。しかし、後期のコミュニケーションの授業はテーマが漠然としていて、私にとっては教授が何について話しているのかを理解することですらとても難しく、自分が何をわかっていないのかも分からない状態でした。これは失敗談になりますが、あまりにもわからかったので質問することを恐れてしまったことが本当に自分のためにならなかったな、と強く思います。 私の留学先での思い出は、現地の学生と遊んだことが大半を占めています。彼らはいろんな所に連れて行ってくれて、彼らのおかげで、アメリカでしかできない体験をたくさんできました。また、留学先では日本人と話さない方が良いなんて話をよく聞きますが、個人的には全くそんなことはないと思います。私は日本人の友だちのおかげで現地学生の新しい友だちができましたし、本当に困ったときの心の支えになります。日本人とだけ話すのは意味がありませんが、私はそこで本当に大事な友情を築けたので、彼らと一緒に行けて本当に良かったと思います。苦しいこともありましたが、たった半年間で本当に濃くて良い経験でした。(留学先で体調を崩すと本当につらいので、これから行く方たちは気を付けてください!)
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(19期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】クイーンズランド大学 田中香揮

 こんにちは!今回レポートを担当させていただく、英米学科3年の田中香揮です。こちらでは大学生活も2か月が過ぎ折り返しという所で、ちょうどmid-semester breakという2週間のお休みが始まったところです。今回はUQでの私の大学生活についてお知らせしたいと思います。  UQでは交換留学生は学部1年生が受講する程度のレベルであれば基本好きなものを自由に選択することができます。その中でも私はマネジメント、マーケティング、会計の3科目を受講しています。日本の大学が10科目程度取るのに対して、UQの3科目というのは少ないと感じるかもしれません。しかし、実際はそんなことはありません(笑)まずUQでは一つの科目に対して週に3時間勉強します。そして、自習の量が尋常じゃないほど多いです。これが7時間ほどで、内容は主に予習復習、アサイメントなどです。予習復習は必須で、これを怠って授業に出るとまったくついていけなくなる程、授業のスピードが速いです。また、アサイメントも現地学生と同じレベルを求められるのでかなりの量の自主学習を求められます。  次に、勉強以外の日常生活について話したいと思います。UQが他の大学と違うところは、寮ではなくシェアハウスだということです。シェアハウスの生活は想像以上に充実していて、今はインド人2人、台湾人、オーストラリアと日本のハーフ、と日本人が私の他にもう一人の計6人で暮らしています。ルームメイト達は、自分たちの部屋にこもるというよりはキッチンで集まってその日の出来事を話したりすることを好むタイプで、とてもフレンドリーです。例えば、アサイメントで困ったら頼ることができたり、お互いの料理を披露したりなどシェアハウスだからこそ味わえる異文化交流がとても楽しいです。また、ルームメイトが色々なイベントに参加するきっかけや知り合いを紹介してくれるなど、彼らの人柄の良さにとても感謝しています。また、シェアハウスは生活をするために会話を強制的にさせられるので、英語力も自然に向上していると感じています。 書きたいことが多すぎてうまくまとめられたか、自信がないですが、以上で今回のレポートを終わりたいと思います。写真は数少ない写真の中で、割とオーストラリアっぽいと思ったものを選んでみました。では、また次のレポートでお会いしましょう!
カテゴリー: 2017春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート

平成30年度交換留学秋派遣(済州大学校)・韓国文化体験プログラム 参加者募集のお知らせ

★2018年4月19日更新先日アップロードした募集要項の応募締切日が5月7日(金)となっていましたが、正しくは5月7日(月)です。訂正をお願いします。   平成30年度交換留学秋派遣(済州大学校)、韓国文化体験プログラムの参加者を募集中です。 詳細は、各募集要項を確認してください。参照URL: http://international.kitakyu-u.ac.jp/j/download 閲覧用の募集要項は、本館入口や国際教育交流センター入口に設置しています。ご自身用の募集要項や応募に必要な書類は、上記URLから各自ダウンロードしてください。応募や相談は2号館1階国際教育交流センターで受け付けています。 皆さんの応募をお待ちしています!  
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 同済大学 A.S 2018年4月

こんにちは、同済大学に留学している末井です。大学内にある桜並木の桜は三月末辺りから見頃を迎え、とても美しいです。気候も徐々に暖かくなり、日中は半袖で過ごせるくらいです。 さて、2月から留学生活を始めて早くも一か月が経ちました。出発前は不安でいっぱいでしたが、今までの生活を振り返るととても充実した毎日を過ごせているのではないかと思います。留学生活初日は寮の手続きを何とか済ませ、無事入寮することが出来ました。同済大学に留学する北九大生の中で私が一番乗りだったため、頼れる人や顔見知りもいない状況で最初はとても寂しかったです。二日目以降からは、ネット環境の設定や日用品の買い出しなどをしました。新しく知り合った同じ寮に住む方などに協力していただき、とても助かりました。寮の管理人さんも親切に接してくださり、本当に感謝でいっぱいです。 三月から授業が始まり、私は現在中級クラスで勉強を頑張っています。当然ですが、授業はすべて中国語と少しの英語だけで進行されるので、リスニング力やスピーキング力があまり身についていない状況からの中級クラスはかなり難しく、授業の予習復習が必須です。どうしても先生の話が聞き取れない時は、隣の席のクラスメイトに英語で解説してもらいつつ、なんとか授業についていっている状況です。クラスの授業の雰囲気はとても明るく、クラスメイトも優しい方がたくさんいてとても居心地が良いです。自力で授業についていけるように日々努力したいと思います。 授業後や休日は、なるべく中国語を話す機会を増やすために、友人たちと部活や観光をしています。クラブ活動に参加すると中国人の知り合いが多くできるので、時間があるときはなるべく参加するようにしています。ちなみに私は現在、卓球部とソフトボール部の活動に参加しています。部員の方たちも優しく、とても楽しいです。半年という短い留学期間なので、これからをもっと有意義に過ごしていきたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。写真はソフトボール部の方たちと練習後に撮影したものです。
カテゴリー: 2018春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科2年 北京語言大学 G.F 2018年4月

みなさんこんにちは。外国語学部中国学科2年の福留紅美と申します。4月の留学レポートを担当させていただきます。よろしくお願いします。 まずは私の学校生活を紹介します。私の所属するクラスは18人いて、全員が日本を含めて12か国の国々からやって来た外国人です。みんな中国語が大好きで、外の空気がとても悪い日や金曜日以外は出席率が非常に高いです。授業は月曜日から金曜日までの午前中に4時間あって、選択科目が午後にあります。わたしは月曜日の午後に芸術科目として水墨画、水曜日の午後にHSKの授業をいれています。どの授業も中国語で行われるので途中で心が折れそうになるのですが、なんとか先生と黒板と教科書にくらいつきながら中国語を楽しんでいます。 次に生活面です。まずは寮のことですが、私たち北九大生は4人全員が留学生宿舎17楼に住んでいます。私の部屋は2人部屋で韓国人のルームメイトと暮らしています。彼女はとても優しくていい子です。お互い自分が知っている中国語と日本語と韓国語と英語を混ぜながら楽しく会話しています。通じなくても、笑顔でなんとか乗り越えています。いまのところトラブルはなく、お互い自由に生活しています。ただ、私たちの部屋の周りの環境があまりよくないです。金曜日や休日の夜になると彼らの部屋にあるカラオケボックスが一斉に悲鳴をあげます。それに、香辛料の香りが部屋に充満してくることも。寮暮らしはいろいろと大変なんだなと感じているところです。 次に食事面ですが、私は基本的に大学にある食堂を利用しています。日本料理や韓国料理、カフェもあるのですが、一番安いのは3階にあるフードコート型の食堂です。多くても20元持っていれば一食ちゃんと食べられます。安いです。食堂のご飯はおいしいのですが少し油っこいのが特徴です。最近あっさりしたワンタン麺を見つけました。生活面では、他にもATMからお金がおろせなくなったり、パソコンが壊れたりとトラブルも書ききれないほどありましたが、周りの方々の支えによってなんとか生き延びています。 まだまだ書きたいことはあるのですが、これで私のレポートを終わらせていただきます。最後まで見ていただきありがとうございました。写真は、先週の土曜日にツアーに参加した時の長城と桃の花の写真です。  
カテゴリー: 2018春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 與田和仁 2018年4月

 今日から新年度!同級生たちが新社会人として羽ばたいていくなか、北九州から遠く離れたカーディフの地で大学生活5年目を迎えた與田がビジネス・スクールの近況をお送りいたします。    1月の下旬から後期が始まりました。僕の取っている授業は前期と後期が繋がっているので、授業の面に関しては特に大きく変わった部分はありません。ところが、2月から3月にかけてカーディフ大学では様々な事態が起こったために授業が中断することが多々ありました。学生たちを混乱に巻き混むあれこれ・・・さて一体何が起きたのか!?今回はそんな話を紹介したいと思います。  まずは2月19日の話。ビジネス・スクールの敷地内で早朝に「事件」があり、警察による調査のため急遽大学施設の一部が閉鎖されることに。翌日の午後から規制が解除され通常通り授業は行われましたが、これによって一部の授業で教室が変更になったり中止に追い込まれたりすることとなりました。当初は事件の内容については明らかにされていませんでしたが、後に「敷地内で倒れた教職員が救急車に運ばれ亡くなった」ことが大学から発表されました。かなり影響のある教授だったとのことで、数日後にはその方の追悼式が行われていました。  2つ目はイギリスの大学で起きたストライキの話。大学退職年金制度(University Superannuation Scheme, USS. 教職員の退職後に支払われる年金について定めたもの)が変更されることになり、これに反発したイギリスの教職員組合(University and College Union, UCU)がUSSに抗議してストライキを決行しました。このため、2月22日から3月16日あいだにイギリス全土の大学で14日間も授業がストップしました。カーディフ大学ではすべての教職員や授業に影響が出たわけではありませんが、おもにビジネス系の教員が中心となってストを支持したこともあって、結果としてカーディフ・ビジネス・スクールでは大半の授業が休講措置をとりました。ちなみに、ストによって取り消された授業に関して補講は行われず、学生は自習を強いられることになりました。なお、このストで問題が完全に解決されたわけではなかったようで、場合によっては4月も再びストが起こるかもしれないとのこと。いい加減にしてほしいです。    3つ目はイギリスを襲った寒波の話。3月1日から3日にかけてカーディフは大雪に見舞われました。イギリス人のフラットメイト曰く数十年に1度のレベルの大雪ということもあり、このときは大学に限らず商店などもすべて短縮営業や閉店を余儀なくされました。国中で外出を控えるよう勧告が出ていたので、外を出歩いている人はほとんど見受けられませんでした。なかには物珍しさを求めて雪の中を歩きまわって騒ぐ人たちもいましたが、せっかく珍しくまともな雪が降ったのだし、まぁその気持ちも分かるっちゃぁ分かる。ただ、大雪だろうとなんだろうと勧告を無視して仕事に出かける日本人って、やっぱりマジメというか、たぶん変なんでしょうね。  という具合で、授業は途切れ途切れでかなり混乱を極めていました。そして通常通りの日程が再開されたと思いきや、今度は3月24日からは4月15日まで続くイースター休暇に突入し、再び授業がストップ。まったく、長期休暇明けから休講に休講を重ね、再び長期休暇に入るなんて・・・本当に大変な時期にカーディフに来てしまったなあ・・・というのが最近の実感です。とはいえもう留学生活も2か月余り。そういえば1か月後は試験期間!!もちろん勉強も大事ですが、ここで知り合った人たちとの出会いを大切にしながら、残りの時間を過ごしていけたらなあと思っています。以上、與田がお届けしました。さよなら、さよなら、さよなら。
カテゴリー: 2017秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 韓国海洋大学校 長江真理 2018年4月

 こんにちは。韓国海洋大学留学中の経済学部経済学科3年、長江真理です。12月末からの長い冬休みが終わり、3月からまた、1学期が始まったので留学レポートを再開したいと思います。  最近、天気がとても暖かくなり、日本と同じく韓国でも南の地方から徐々に桜が満開を迎えています。多くの場所で桜がよく見られ、4月1日の今日ほとんどの場所で満開の桜を見ることができます。ここ海洋大学がある島も桜がたくさん植えられていてとてもきれいです。  新学期が始まってから一ヶ月、韓国の新学期は、サークルの新歓、学科ごとに行われる開講総会や、MT(Membership training)などイベントが盛りだくさんです。今回、私が所属している東アジア学科では、釜山の송정(松亭)というところにMTに行ってきました。MTでは11人のグループ5組に分かれそれぞれに与えられたテーマに合わせて写真や動画を撮り、パワーポイントで発表しました。その他にも、海辺でいろいろなゲームをしたり、晩御飯を作ったり、夜には飲み会など、たくさんの思い出と経験をすることができました。1泊2日の小旅行は前学期の踏査もありましたが、やはり日本の大学ではなかなかできない体験なので充実した二日間になりました。また、1学期なので新入生たちとも仲良くなる良い機会となりました。留学生活も早いもので、あと3か月も残っていませんが、まだ、大学祭やテストもあるので残りの留学生活も充実したものになるよう頑張りたいと思います。  
カテゴリー: 2017秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 仁川大学校 益村千夏 2018年4月

 極寒の冬も終わり、朗らかな春が訪れる今日この頃。ソウル市内では、桜が咲いていました。4月担当の外国語学部国際関係学科4年の益村千夏です。  3月初旬から授業が再開し、仁川大学校にも多くの新入生が入学してきました。最近では、新入生歓迎会や部活動紹介などの催し物がとり行われ、大学内は連日賑わっています。それでは話を切り替えて、今回は韓国の天気や治安など生活を取り巻く環境について紹介します。日本にいると、よく雨が降ったり湿気が多かったりすると、何となく何もやる気が起きない時がありませんか?韓国では、ほとんど雨が降らず降っても小雨程度でじめじめとした感じもありません。そのため、昼は温かく夜は肌寒いという温暖差はありますが、とても過ごしやすいです。しかし、韓国では霧がとても濃いため視界を遮られることがあります。日中はそれほど多くないので生活する上で支障はありませんが、ごく稀に霧によって飛行機が欠航になることがあります。最近私が目にしたものは、夜に見た霧が濃くて幻想的な風景でした。普通の大学内が急に変わったような印象を受けました。日本では、よく朝方目にしますが韓国では、特に定まっておらず、昼でも夜でも見ることがあります。  次に、韓国の治安についてですが夜出歩いてもそれほど危険ではありません。韓国では、夜中まで営業しているお店が多いため、平日でも人々が賑わっています。そのため、それほど危機感を持たなくても大丈夫です。また、地下鉄内では、あまり寝ない方がいいという国もありますが、韓国では寝ていても被害に遭うことはめったにありません。しかし、光化門では週末になるとよくデモ行進が行われます。 また、東大門では日本人があまり立ち入ってはならない場所も存在します。そのため、毎日の生活を送る上で危険なことは特にありませんが、場所によっては注意しなければならないところもあります。  最後に、韓国には勉強や息抜きできる場所などが揃っており、とても過ごしやすい環境が整っています。一部ですが、場所によっては気をつけた方がよいところもありますが、基本は安全なので韓国にぜひ一度訪れてみて下さい。それから、韓国に興味をもちましたら留学をおすすめします。写真は、韓国で見た霧の様子を写したものです。      
カテゴリー: 2017秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー