posts archive
年別アーカイブ: 2019

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 文学部比較文化学科2年 M.N 2019年7月

こんにちは。比較文化学科2年の中山美里です。タコマに来てから約3ヶ月が経ちました。ちょうどSummer Quarter が始まったばかりです。Summer Quarter になると、Spring Quarter に比べて人が減ります。それはたくさんの人から聞いていたのですが、友達が何人かいなくなりとても寂しいです。ですが気候はとても良く、過ごしやすいのでイベントに参加したり、友人を誘ってアクティブに楽しんでいきたいと思います。 授業について少し書いていきたいと思います。Summer Quarterは、Spring Quarterと比べて授業時間が長く、宿題も多いです。コミュニケーションの授業では、現地の学生と一緒に受けるので、英語が容赦なく速いのですが、とてもいい刺激になります。Spring Quarterのヒストリーの授業と違って、このコミュニケーションの授業は専門的な内容があり、理解するのに時間がかかるし、宿題も難しいです。ある言葉の定義などたくさんの質問をされるので、毎回必死に頭を働かせています。 次は、長い休みについて書いていきたいと思います。Spring QuarterとSummer Quarterの間に10日ほど休みがあったので、友人とロサンゼルスへ行きました。私たちは特にトラブルなどもなく、楽しく旅行することができました。タコマやシアトルだけでなく、他の場所がどんな感じなのかを感じることができたし、いい経験になりました。Summer Quarterが終わってからは、ニューヨークへ行こうと、友人と計画を立てています。ホストファミリーやTCCの友人に旅行の話をすると、おすすめの場所や、気を付けたほうがいいことなど、たくさんの情報を教えてもらえるし、コミュニケーションをとる良い機会になります。 つい先日、アメリカの大きな祝日(独立記念日)がありました。ホストが言うには、ニューイヤーよりも盛大に祝われる日だそうです。スーパーやデパートでは、セールがあり、夜には花火が上がります。私の住んでいる家の斜め前の家も、道路で花火を上げていて、とても近い距離で花火を見ることができました。その日は、夜中までどこかで花火を上げている音が聴こえました。アメリカの大きな祝日を体験できてとてもよかったです。また、この日は私の誕生日でもあり、ホストファミリーがランチに連れて行ってくれたり、家でケーキを食べたり、一緒に過ごしました。友人もお祝いしてくれて、最高の誕生日を過ごすことができました。 アメリカに来てから、日本では考えられないようなことが体験できたり、世の中について考える機会が増えました。残り2ヶ月を切りましたが、まだまだ得られるものがあると思うので、いろんなことを体験していきたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 写真は、ロサンゼルスのサンタモニカビーチの写真です。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 A.N 2019年6月

こんにちは。外国語学部英米学科2年の鳴歩美です。時間が過ぎるのはとても早く、タコマでの留学生活も折り返し地点を迎え残り約2ヶ月となりました。着いたばかりの頃は毎日緊張していましたが、すっかりこちらの生活にも慣れました。このレポートでは、私の休暇中の旅行とSummer quarterについてお話ししたいと思います。 Spring quarterが終わった後の約2週間の休暇の間、私は先輩方3人と一緒にカリフォルニアに行きました。2泊3日という短い間でしたが、初空港泊も体験し、とても充実した旅になりました。ずっと行きたかった場所だったので、行くことができてとても嬉しかったです!ハリウッド、カリフォルニアディズニー、サンタモニカビーチに行ったのですが、それまでテレビや携帯でしか見たことのなかった景色を実際に見ることができ、感動しました。ディズニーランドの乗り物は日本よりも待ち時間が短く、たくさん乗り物に乗ることができたので、とても楽しい時間を過ごしました。期間が短かったのでホテルは奮発してディズニーのオフィシャルホテルに泊まりました。部屋はとても可愛くて、ホテルのプールで遊んだり、バルコニーから花火を見たりと、癒されました。Summerが終わってから帰国までも2週間あるので、今からどこかに旅行に行くのを楽しみにしています。 そして、いよいよSummer quarterが始まりました。SpringはAmerican Historyの授業で現地の学生と一緒に授業を受けました。毎週レポートの課題が出て大変でしたが、最後のペーパーを提出した後の達成感はすごかったです。Summerでは、Multicultural Communicationの授業で現地の学生と一緒に授業を受けています。班に分かれてディスカッションをするのですが、現地の学生の英語を完璧に聞き取ることは難しく、先生の英語のスピードも速めなので、苦戦しています。また、自分の意見を持つこと、自分が思ったことを言うことも、日本ではあまりしてこなかったので、私にとっては難しいです。置いていかれているような感じがする事もありますが、まだ始まったばかりなので、これからもっと頑張りたいです。 残された期間は短いですが、留学させてくれた親に感謝しながら自分の力を伸ばし、思い出をたくさん作っていきたいです!まとまりのない文章を読んでいただきありがとうございました。写真は旅行中に行ったカリフォルニアディズニーでの1枚です。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 M.Y 2019年7月

こんにちは。同済大学に留学中のysmrです。私が上海に来てからすでに半年が経ちました。 6月24日、25日に期末テストが終わり、今はもう夏休みに入りました。半学期がおわり沢山の友達が帰国します。私のクラスはとても仲が良く、よくいろんなところにご飯を食べに行ったり、遊びに行ったりしました。なんと私たちのクラスで来学期も上海にいるのは、私ともう一人だけで、みんな帰国してしまうのです。本当に悲しいですが、いろんな経験をさせてもらえて感謝しています。来学期からは、最上級クラスになるのでとても緊張しています。 最近は上海の生活にも慣れてきて、外国人なのにウィーチャットペイを使うときはとてもスカッとします。また、外卖という、デリバリーも駆使していて本当に便利なので日本にもあってほしいと願うばかりです。食べ物の物価が安すぎて、20元(300円くらい)を超えると高いと感じてしまう自分の金銭感覚が怖いです。留学生活が本当に楽しく帰りたくない気持ちですが、あと半年勉強がんばって、楽しみたいと思います!
カテゴリー: 2019春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科2年 S.A 2019年7月

こんにちは。7月の留学レポートを担当する、中国学科2年のS.Aです。最近の気温は40度近くになる日もあり、注意が必要な暑さです。 7月に入りテストも終わり、友達が続々と帰国し始め、また夏休み期間中の留学生たちが新しくやってきました。私のルームメイトも変わり、時間の速さを感じます。夏休み前のこの時期は、寮の手続きをしなければいけません。夏休みもそのまま住む人は、この時期に夏休み分と次の学期の分のお金を用意しなければいけないので大金になります。この時、私は日本で作ったキャッシュ付きのクレジットカードでお金お引き出そうとしましたが、エラーになり、結局キャッシュパスポートというカードで引き出すことができました。日本のカードでも引き出せる場所はあるみたいですが、留学前にきちんと確認しなければいけなかったなと思いました。着いてからも確認することはたくさんあり大変ですが、誰かに聞けば何かは教えてくれるので、なんでも聞くことが大切だと思います。 今年は2月下旬から授業が始まり4月に中間テスト、5月には1泊2日の研修、6月には文化祭、連休は旅行に行ったりと、あっという間に今学期が過ぎ、信じられませんが時間を大切に引き続き留学生活を楽しみます。 写真は、羊肉のしゃぶしゃぶを大勢で食べている写真です。特別美味しいです。では。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】文藻外語大学 法学部政策科学科3年 Y.S 2019年7月

みなさんこんにちは、文藻外語大学に留学している法学部政策科学科3年下野雄大です。 台湾では、7月になり夏休み(=暑暇)が始まりました。暑暇来了!みなさん夏休み前はビックイベントがありますよね?そうです、期末試験です。私も例外なく期末試験を受けてきました。台湾の大学には、中間試験と期末試験があります。試験の方法は、筆記試験やプレゼンテーション、面接などがあります。台湾では、特にプレゼンテーションが多く、他の学生と協力しなければならないことが多いです。また中国語でコミュニケーションをとるので、意思疎通を図るのがとても難しいです。しかし台湾人の学生は、私が話すつたない中国語でも一生懸命聞いてくれますし、話すときも簡単な中国語で話してくれるので、何とか完成させることができました。は留学開始すぐに文藻の陸上部に入部しました。文藻は、サークル活動が盛んで、たくさんの団体があります。北九大の人もダンスサークルに入っている方もいます。陸上部の活動は、週2回、主に学校の校庭で2時間ほど練習をしています。部員は主に5専部の学生が多く、私以外にもう一人交換留学できているフランス人がいます。練習が終わるといつもみんなでごはんを食べに行きます。私は練習後みんなでごはんを食べにいくのが何よりも楽しみです(笑)。入部したときに教練(=顧問、監督)から私には入部条件が課せられました。それは中国語か英語でコミュニケーションをとることです。最初はなかなかコミュニケーションをとることが難しかったですが、部員も私も大好きな陸上を通してコミュニケーションを取るので、すぐになれることができました。私はサークルに入って活動するのを、とてもおすすめします。大学の講義では出会えない幅広い年齢層や様々な学科の学生と友達になることができ、自分の中国語能力向上にもつなげることができるからです。私自身もサークルを通して多くの友達をつくることができました。 最後に、陸上部のメンバーと取った写真を添付します。  
カテゴリー: 2018春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】大連外国語大学 外国語学部中国学科3年 S.I 2019年7月

こんにちは。7月の留学レポートを担当します、外国語学部中国学科3年の五十嵐です。7月になり暑い日が続いています。大連は雨があまり降らず朝と夜はそれほど暑くないので過ごしやすいと思います。 今回は6月の半ばにあった国際文化祭について紹介します。国際文化祭では各国が出店を出したりステージでのパフォーマンスや伝統衣装のファッションショーなどがありました。日本はたこ焼き、焼きそば、団子、どら焼きを作って販売しました。国際文化祭というだけあって世界各国の食べ物や飲み物を味わうことができとても楽しかったです。大連に来てから4ヶ月経ち、もうすぐ留学生活の半分が終わります。来たばかりの頃はわからないことや慣れないことだらけでしたが、今では毎日楽しく過ごしています。私は大連に来てからタピオカにはまりました。150円しないくらいで飲めるので毎日のように飲んでしまいます。夏休みが待ち遠しいですがその前に期末テストがあります。しっかり復習してテストに備えようと思います。  
カテゴリー: 2018春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】フォートルイス大学 外国語学部英米学科4年 A.H 2019年7月

 皆さんこんにちは。日本ではそろそろ梅雨が明け夏を迎えていることと思います。暑いと思いますが、体調に気をつけて過ごされてください。  さて、今月はインターンシップについてお届けしたいと思います。今、私はDurangoWelcome Center で、FLCのambassadorとしてインターンシップをしています。具体的な仕事内容に入る前に少しだけ、留学生にとってのインターンシップ(働くということ)について説明をしたいと思います。まず、アメリカでは学生ビザで働くことは原則禁止です。ただ、大学構内や関連施設での仕事に限って週20時間まで認められています。つまり、日本のように学校の外でバイトをすることはできないということです。  ちなみに、学校で誰かが手取り足取りこういうことを教えたりはしません。きちんとビザについて理解することはあなた自身の義務なので渡航前にしっかりと調べておきましょう。また、少しでも不安や質問があればそのままにせず、FLC校内のビザ担当者に質問しましょう。  それでは、FLCのambassadorとしての具体的な仕事内容ですが、フォートルイスに興味のある人や保護者からの質問に答えたり、フォートルイスを宣伝したりすることです。今は授業がないのでほぼ毎日働いていますが、春学期など授業があるときは週1から2回働いていました。シフトは一回三時間からで、学業との両立も十分可能かと思います。英文履歴書を作成して面接を行い、通過すれば働くことができます。選考を受けることで、英文履歴書の書き方なども学べるので大変役に立つと思います。  実際に働いてみての感想としては、すごく楽しいですし学べることがたくさんあるなと思います。初めは、どう声をかけたら良いか分からないなど、戸惑う場面もありました。研修で最低限の知識は得られるものの、私たち留学生とアメリカ人が入学するのとではプロセスが違うので入学要件や自分の専攻以外について聞かれると焦ることはありました。ただ、ハンドブックやタブレット端末もあるので慣れればうまく相手の話を聞きながら、さっと調べることができるようになります。また。自分のフォートルイスでの経験を話すことが大切です。それをすることで自分の英語力も上がりますし、聞いている人にとっても、留学生にとって魅力的な学校ということは良い印象与えます。フォートルイスやWelcome Centerと地域住民のつながりや温もりを感じながら仕事ができることや、ありがとうと言ってもらえることにやりがいを感じています。  皆さんも留学された際、もしVISAの要件で許可されている場合には、勉強だけではなく、働くことにも是非チャレンジしてみてください。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報

★2019年度ニューエラ・ユニバーシティカレッジ夏期交換留学、第24期タコマ・コミュニティカレッジ派遣留学、2020年度中国語圏派遣留学の追加募集要項をアップロードしました★

詳細は、以下国際教育交流センターHPをご確認ください。参照URL: http://international.kitakyu-u.ac.jp/j/download皆さんのご応募をお待ちしています!
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部国際関係学科4年 A.N 2019年6月

皆さんこんにちは。国際関係学科4年の西田有彩です。タコマに来て2ヶ月が経ち、最近は過ごしやすい日々が続いています。 私の留学レポートでは、私の大まかな1日の流れを書いてみたいと思います。平日は、 6:30〜8:30 起床&準備(朝ごはん、昼食は自分で用意します。) →8:30〜9:00 通学(歩いて10分弱の所にバス停があります。) →9:30〜11:20 授業を2つ→11:20〜12:30 ランチ(朝は時間がないので、前日の夕食か、自分で作ったサンドウィッチを持っていきます。) →12:30 〜14:40授業(曜日によって変わります。)、という流れです。 放課後は学校のジムに行ったり、友達と買い物に行ったり、スタバに行ったりしています。金曜日はミュージッククラブに参加し、ドラムやカホン、ピアノなどを楽しんでいます。家に帰ってからは、ホストマザーが夕食を用意してくれるので、それまでは課題をしたり、映画やドラマを観たりしています。ホストマザーは夕食にサラダや、日本食、アメリカ料理、メキシコ料理などを用意してくれます。どれも美味しいのですが、時々、パスタにパン、カレーライスにナン、トルティーヤにライスなど1度に主食が2つ出ることがあり、今でも驚きます。食後は、ホストファミリーと話したり、テレビを観たり、課題をしたり、気が向いた時はガレージにあるトレーニングマシーンで運動をしたりと、気ままに過ごしています。10:00頃にはシャワー、11:00過ぎにはベッドに入るので、日本にいる時よりも規則正しい生活を送っています。 休日は、ホストマザーや友達と遊びに行ったり、課題をしたりしていますが、最近は、タコマの太鼓クラブの練習に参加しています。太鼓クラブの皆さんは本当に優しく、太鼓のパフォーマンスもとても格好良いので、毎週練習に行くのが楽しみです。 日本にいるときはバイトや課題で忙しかったですが、タコマに来てからは、課題がない時は自分自身や、将来について考える時間が増えました。この留学の間に、自分と向き合いながら、英語力だけでなく、精神面も成長して帰れればと思います。 最後に、タコマも残り3ヶ月を切りました。せっかくのアメリカなので、ロサンゼルスやニューヨークなどに行き、夏空の下、アメリカの雰囲気を肌で感じたいと思います。  写真は、ワシントン州の州都オリンピアに行った時のものです。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(22期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 外国語学部国際関係学科4年 A.N 2019年6月

カーディフ大学に留学中の永田です。今月で最後となるので、一年間の留学を通して感じたことについて書きたいと思います。 まず英語についてです。私はこれまで中学、高校といわゆる普通の英語の学力で、留学前にも英語の勉強を頑張りました。正直、この一年間を通して自分の英語の学力がどれほど成長したか、今は何とも言えません。帰国後の自分次第では、留学前の学力に簡単に戻ってしまうと思っているからです。イギリスで生活をしているうちには、身のまわりが全て英語なので、話す言葉や頭の中も自然に英語に切り替わりました。しかし、日本に帰ったあとは、必然的に英語に触れる機会も減ります。なので、今の自分の学力を維持するためには、帰国後も継続的に英語に触れる機会を自発的に増やすことが必要だと思っています。一方で、英語でたくさんのエッセイを書いたことを通して、学術的なエッセイの書き方、英語の使い方などはとても鍛えられました。イギリスの大学は日本に比べて、エッセイの書き方や引用の仕方などはとても厳しく、一つの研究論文として厳しく評価されます。ここで得たスキルを日本でもうまく活用していきたいと思っています。 次に、生活についてです。私がここで生活していてよく感じることは、人を自分の価値基準で判断や評価しないことです。人の美的感覚や考え方など、そもそも人それぞれ持っているものが違うから人と違うことに関してそれに言及することは日本より少ないように感じます。日本にいると、人はみな同じという前提で、人と違う人が目立ったり、批判されることがよくあるような気がします。これはあくまで私個人が感じたことなので、必ずしもそうだとは言えませんが、私が感じた日本との違いの一つです。留学生活も残り2週間となりました。そろそろ日本に行く心の準備を始めようと思います。写真は、学期末に行われた、所属する学部の4年生のパーテイーの全体写真です。  
カテゴリー: 2018秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー