posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 Y.Y 2019年11月

こんにちは!韓国海洋大学に留学中の、外国語学部英米学科2年矢野優紀です。留学生活がスタートして、もう二か月が過ぎようとしています。留学に来てからは、時間の流れがとても速いと感じます。前回9月にレポートを書いたときには、予想していたよりやる事がなく刺激が足りないと感じる、と書いていたのですが、10月末になってくるとだんだんと忙しい時期になっていきました。なぜならば、中間考査があるからです!試験前から試験期間中にかけて、講義室やカフェで夜遅くまで勉強する学生さんたちの姿が見られました。北九州市立大学でも中間考査を行う授業はありますが、日付が変わる程夜遅くまで中間考査のために学校に残って勉強をする…このような学生さんは少ないのではないでしょうか。期末考査並みにたくさん勉強する学生さんたちを見て驚きました。私はというと、試験のある科目と試験の代わりにレポートを提出する科目がありました。試験のあった科目はほぼ全て韓国語で授業を受けていたため、なかなかに難しく苦戦しました。私は韓国語が完璧に話せるわけではないため、やはり韓国語で行われる授業は難しく感じます。ですが、学生さんたちの勉強する姿に刺激を受けて一緒に頑張ることができました。ありがたかったのが、私たちが生活している寮では試験期間中、夜食としてハンバーガーと飲み物を配布していました。量も少なくなく、おいしかったです^^ 期末考査期間も夜食が出るようなので、ぜひ利用してみたいと思います! 最後にまた少し、寮の部屋についてお話ししようと思います。9月にも寮の部屋について書いているのですが、今回はちょっと気になる点がありましたのでご紹介します。寮にはシャワーと洗面台がついているのですが、お湯が出ない時間があるようです…暖かい時期は良いのですが、寒くなってきた現在、お湯が出なくなるのは少し大変なところがあります。ですが、悪いところだけではありません!10月末ごろのある日、外から帰ってくると、床が暖かい!やはり韓国、床暖房は効いているみたいです。 最後に、先ほど紹介した夜食の写真を載せて、今月の留学レポートとしたいと思います。  
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部国際関係学科2年 R.O 2019年10月

みなさんこんにちは、韓国海洋大学校に留学中の国際関係学科2年奥代凜花です。留学生活がスタートして1ヶ月が経ち学校生活にも段々慣れてきました。今回は生活に欠かせないお金とスマホについてレポートにまとめたいと思います。 まずお金について、私は学校の中にある銀行で口座を作りました。9月末に発行される外国人登録証や韓国の電話番号がなくてもパスポートがあれば作成できます。日本から送金しなくても済むように日本からできる限り現金を持って行ってウォンに換金し口座に入金した状態で、現金と口座のカードを併用しながら生活しています。このカードはほぼ全てのお店で利用でき、デビッドカードなので使いすぎの心配もなくとても便利です。 次に携帯電話については、日本でSIMフリーに設定し、韓国の携帯会社で購入したSIMカードに入れ替えて使っています。私が使っているSIMカードはいつでもどこでも容量を気にせず使える月額36000ウォン(約3300円)のものです。Wi-Fiルーターをレンタルするよりもお得で便利なのでSIMカードを使うことをお勧めします。 学校生活では友達が作れるか不安でしたが、私たち留学生はどの学部の授業でも自由に選択できるので、私が所属する東アジア学科以外の学科の人とも交流でき、日本に興味のある人がたくさん声をかけてくれました。授業に必要な教科書は学校の書店にはないものが殆どなので、市内の大きい本屋さんで注文するか通販で購入する必要がありましたが、その際も優しいクラスメイトが通販で私の代わりに注文し助けてくれました。 分からないことや困ったことがある時は、留学生担当の職員さんはもちろん、授業でお世話になっている教授や同じ授業の生徒などを積極的に頼ってどんどん話しかけると、困難を乗り越えながらコミュニケーション力も身につき、交友の輪が広がっていくのを実感します。今はちょうど中間考査期間で忙しい時期ですが、これからどんどん新しいことにチャレンジしていこうと思います! 最後に、新しくできた韓国人のお友達と中華料理のデリバリーを頼んだ時の写真と学校裏にある素敵な海岸を訪れた時の写真を掲載します(^^)
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 Y.Y 2019年9月

 こんにちは!9月分の留学レポートを担当する、外国語学部英米学科2年の矢野優紀です。釜山に到着してからまだ半月ほど経ちましたが、日々の授業や学生との交流にも慣れてきたようです。もう9月なのにまだまだ暑く、夏用の服をもうあと一、二着ほど持ってこればよかったかな、と思うほどです…。ですがここの学生さんによると、ここは海も近くてどんどん寒くなっていくようです!(島全体が大学なので海が本当に近いです!)私は寒いのが苦手なので、寒い韓国をどう乗り切るか対策を考え中です。笑  さてさて、では寮の紹介をしたいと思います!寮は、一人部屋と二人部屋があるのですが、私は二人部屋を選びました。寮費は一学期分を昼食と夕食付で約100万ウォンほどでした!部屋には、机と二段ベッド、クローゼット、洗濯物を干すスペースがあります。ただしエアコンがないため、暑いし湿気がひどいです…。風通しがあまり良くないので小さい扇風機などがあると便利だと思います!!  授業についてです!私たちは東アジア学科の事務室にて受講申請を行いました。本来私は英米学科なのでこの大学の英語英文学科の授業を受けたかったのですが、受講人数の関係で受けることかなわず…泣 一般学生の申請締め切りが過ぎていたようで受けられませんでした。授業の様子としては、もちろん教授は韓国語で話すため、聞き取るのが難しいので、私はケータイで録音しています。  学生との交流も少しずつ増えてきています!日本語を勉強する学会(その学科の学生のみ加入できるサークルのようなもの)があって、そこの学生と連絡をとったり、同じように留学しに来ている外国人の学生さんとも話したりと充実しています。中にはコロンビアから来た学生さんもいてびっくりです!  予想していたよりもやる事が多くなく、自由時間が多いため少し刺激が足りないと思うことはありますが、これから授業やほかの活動をしていけば忙しくなりそうです!これから約10か月間、頑張っていきたいと思います!!
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部英米学科3年 H.K 2019年5月

みなさんこんにちは。韓国海洋大学に留学中の外国語学部英米学科3年の上米良穂乃里です。こちらにきてもう8か月が経過し、残り2か月で帰国するのが信じられない思いでいます。1年は長いようで本当にあっという間なので、これから留学に行かれる方は最初から具体的な目標を決めておかないと、瞬きしたら一瞬で終わってしまいます(笑) 4月の海洋大は、後半の中間テストが一大イベントでした。今学期は6つの授業を取っていて、すべて韓国語または英語で行われる授業もあれば、韓国語と英語を混ぜながらの授業もあります。前学期は私の韓国語力が足りないのもあり、すべて英語で行われる授業を取っていたため、正直テスト勉強もそこまで大変ではなかったのですが、今回は2週間前からコツコツと勉強を進めていたのにも関わらず、見たことない文章・問題がでるくらい難しいテストもありました。特に「アメリカ文学史」と「英文学科映像」という授業のテストは、習ったことを活かして自分の意見を書く問題等も多くとても苦戦しました。授業前の予習や、教科書や資料で分からないことがあったら積極的に教授に質問に行ったりすることがとても大事になります。また、英文学科映像ではある映画と原作小説を見た後に、それに関する発表を韓国語で行わなければならず、同じチームになった韓国人の先輩に助けてもらいながらも乗り切ることが出来ました。中間試験は少し後悔が残る結果となりましたが、期末はこれよりいい結果を出して晴れやかな気持ちで帰国できるように頑張ります。 サークルは、去年と同様「くろしお」という日本語学習サークルに所属し、今は上級クラスの先生として毎週韓国人の学生に日本語を教えています。韓国人が能動的に日本人や日本語に興味を持ってくれることはとてもありがたいです。これからも留学生関連のイベントや大学祭などの行事があるので、2か月の間に勉強も遊びもサークルも、自分ができる最大の努力をしていきたいです!最後に私の今学期の時間割と、学校が所有するハンバダ号が海洋大の学生を載せて出港する様子の写真で、今回の留学レポートを終わります。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科4年 M.N 2019年4月

こんにちは。 釜山ではまだ空気が冷たくはありますが、桜が満開を迎え春の訪れを感じている頃であります。 海洋大学では3月4日に開講してからもうすでに1ヶ月が過ぎようとしています。今回はここ1ヶ月の様子をレポートしたいと思います。 私は前学期では、英語のネイティヴスピーカーの教授、先生方によって英語のみで開講される授業を中心に取っていましたが、今学期は韓国語のみで開講される授業を中心に履修することにしました。教授はみな韓国人ですが、英語と韓国語半々で教えてくれる教授もいらっしゃれば、韓国語のみで授業を進める教授もいらっしゃいます。 私はここで英語英文科所属なので、レジュメなど英語で表記されているものも多く、先生方も必要であればサポートしてくださるのでそれほど苦労はありませんが、教授によっては話すスピードが速かったり釜山の方言が強かったりして、内容理解に苦しむ事もあるので、そういう授業は出来る範囲で予習をして挑むようにしています。 こちらの大学では北九大での授業と比べ、グループワークや、プレゼンテーションの場がとても多いです。発表は英語と韓国語どちらでも良いと言われます。 また、韓国の大学では履修登録はオンライン申請で、[完全先着順]なのですが、私たち交換留学生は幸い、その戦争に参加する必要はなく、履修修正期間の終わりまでに助教に受けたい授業を申請すれば、すべて登録してもらえます! こんな感じで海洋大学でのふたつめの学期がスタートしました。留学生活も残り3ヶ月を切ったので、1日1日を大切に過ごしたいと思います。では、これで4月の留学レポートを終わります。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 H.K 2019年3月

 こんにちは!外国語学部英米学科2年の上米良穂乃里です。1月の留学レポートの内容と若干かぶりますが、海洋大は12月末~3月初めまで冬休み期間のため、私は2月の間ソウルの語学学校に1か月通いました。海洋大とは関係ありませんが、その語学学校の話をメインに今回の留学レポートを書いていきたいと思います。  まず、韓国で韓国語を勉強できる機関として代表的なのが語学堂と語学学校です。ご存知の方が多いとは思いますが、語学堂は主に大学付属で、3か月でTOPIK基準の級を1つ終わらせるというのがベースになっています。大学によっては短期コース等も用意されているので、休学等が難しい人はそういったコースを利用して語学堂に通うこともあります。私は今回1か月しか受講できない、また2月だけ授業がある語学堂がなかったという点から、1週間単位でコースが用意されている語学学校を選択しました。  語学学校と語学堂の授業内容はほぼ同じですが、強いて言うとすれば私が通った学校が少人数での授業だったため、講義スタイルが基本である語学堂よりも発言する機会がかなり多かったと思います。また、様々なレベル・国籍の人が通っているため、英語も韓国語も使う機会がほぼ毎日あり、私にとってはとてもいい環境でした。もちろん日本人の方とも仲良くなれましたが、普段一緒にいる人たちの中に外国人を一人でも入れると共通語を日本語から変えることができるのでとてもおすすめです!皆さんも、お金や時間を考えながら自分に合った学校・語学堂を探してみてください。  私の人生で語学学校に通うのはこれが初めてだったので、毎日がとても新鮮で楽しかったです。そして個人的に、周りの環境に甘えるだけでなく私にはもっともっと韓国語の勉強が必要だなと感じました。あの学校で過ごした時間と学んだことを、これからの海洋大の生活に活かしていきたいと思っています!3月4日から開講なのでまた忙しくなると思いますが、韓国語の学習も継続して行いながら残り4か月という短い時間を大事に使っていきたいです。  最後に、登校中に雪が降っていて、南国出身のため思わず興奮して撮った写真で今回の留学レポートを終わります。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科3年 M.N 2019年2月

 釜山では最も寒い時期を超えて、かすかに春の兆しを感じる気候になりました。  こちら韓国海洋大学では12月末より約2ヶ月の冬休み期間となりました。この2ヶ月間をどう過ごすかを冬休みに入る1ヶ月前くらいから考えていたのですが、一年間もない留学期間の中で、出来るだけ多くの経験をして多くのことを感じ、学びたいと思い、結果韓国にとどまることに決めました。    私は9月の開講からずっと大学の寮で暮らしていましたが、冬休み期間は寮の利用費もさほど安くはなく、海洋大の敷地内にある寮は交通の便も良くないため、キャンパスの近くに短期でワンルームを借りました。家賃は1ヶ月日本円で約3万円です。ここはバスの本数も多く、バス停も近いのでとても暮らしやすいです。  また、せっかくの長期休暇、なにか新しいことに挑戦したいと思い、アルバイトを始めました。交換留学の際に取得するD2ビザでは、アルバイトを始める前に提出しなければならない書類や申請手続きがあるので事前によく調べて行わなければなりませんが、さほど面倒でもないので心配しなくても大丈夫です。ただ、この手続きなしでアルバイトをしてしまうと違法になるのでくれぐれもお気をつけください!  アルバイトがない日や、その他空き時間にはソウルや他の地域に遊びに行ったり、自宅近くのカフェで韓国語や英語の勉強をしたりします。お洒落なカフェで暖かいドリンクを飲みながらする勉強は、趣味のような感覚で楽しいです。韓国は本当にお洒落で可愛いカフェが多いんです!いつかそんな綺麗なカフェでもアルバイトをしてみたいな~なんて思いますね笑 では、この辺で今月の留学レポートを終わらせていただきます。 写真は家から近い繁華街にある、フラワーカフェです。綺麗でしょう?♡
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 H.K 2019年1月

 こんにちは!1月分の留学レポートを担当する、外国語学部英米学科2年の上米良穂乃里です。  12月は、後半にある期末テストで忙しい毎日を過ごしていました。韓国の大学は、日本の大学に比べて発表やプレゼンテーションをする機会がとても多いので、大勢の人の前で自分の意見を言う度胸がついてきたなあとしみじみ感じます。また、学生が作るパワーポイントや発表資料のクオリティもとても高いため、友人の発表を見るだけでも学ぶことはとても多いです。私は中間テスト同様、韓国語での発表があり、日本の神話について説明をしました。私の韓国語はまだまだ不足していますが、帰国するまでに韓国語はもちろん、プレゼンのスキルも伸ばしていければいいなあと思います。  また、韓国海洋大学は留学生に向けたイベントが多くあります。12月はテンプルステイといって、釜山の梵魚寺(ボモサ)というお寺で1日宿坊体験をするというイベントや、韓牛(ハヌ)の焼き肉を食べに行くイベント等があり、学期の間たくさん参加させていただきました。特にテンプルステイは、いかに自分が煩悩だらけで生活しているかがよくわかる貴重な体験でした(笑)こういうイベントを通して、留学生同士仲良くなれるのはとてもいい利点だと思っています。来学期も積極的に参加していきたいです!  期末テストが終わると、12月末~3月初めまで冬休みになります。来学期も使う荷物は国際交流院に預けることができるので便利です。冬休み期間中も寮にいたい場合は、別に申請をしなければならないので、寮にある掲示板をこまめにチェックするようにしておくといいと思います。私は、休み中は日本で成人式を済ませ、残りはソウルで過ごす予定になっています。早めに予定を決めておくと安く済むので、中間テストが終わったころぐらいから計画的に考えておくといいです!  テストが終わり日本に帰国するまでに、韓国人の友人が全州に連れて行ってくれました。間服を着たりおいしいものを食べたりして、良いリフレッシュになりました!残りの留学生活も、貪欲に、積極的に勉学にも遊びにも励んでいきます。最後に、1枚目の写真は韓国語の期末テストで発表をする私で、2枚目はテンプルステイでの食事の写真です。長くなりましたが以上で1月分の留学レポートを終わらせていただきます。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科3年 M.N 2018年12月

 皆さんこんにちは。今月の留学レポート担当の外国語学部英米学科3年 M.Nです。  11月にはいってから韓国では気温がぐんと下がり、ソウルほどではないものの、海洋大は海に囲まれているので風が強く体感温度がかなり低いです。そこで先日ついに、ロングペディンと呼ばれる最強のダウンコートを購入しました!韓国で冬を越すためのマストアイテムです!!    さて、今回私が皆さんにお届けしたい内容は、私達がここ3ヶ月で一番手こずった、 ・韓国でのスマホ使用事情 ・韓国でのお金管理 です!   まずは、韓国でのスマホ事情から。 私は現在、海洋大の知り合いから譲り受けたSIMフリーのiPhone6sに、大学を通して契約したSIMカード会社の 1ヶ月 1.5GB 3500円 プランのSIMカードを差して使っています。 ここで私がお伝えしたいポイントは2つ! 1つは、韓国でSIMカード購入を考えている方は、自分のスマホがSIMフリーになっているかを確認してください!日本で購入したほとんどの端末はSIMロックがかかっており、このロックを解除しなければWi-Fi無しでその端末に海外のSIMカードを差して使うことができません。 ちなみに、iPhone6s以降(6s含む)の機種であれば、インターネットで簡単に解除できます。iPhone6以前のものは、SIMロック解除手続きは不可能だそうです。 2つ目は、この大学を通して契約する、1ヶ月 1.5GB 3500円のプラン、全くお得ではありません!!! もっと安い通信社が探せばあります。ソウルのある通信社のSIMカードは、1ヶ月 10GBで3000円だそうです。ただ、これらの通信社と契約する際はソウルにある事務所に直接行かないといけないので、事前に計画しておくと良いと思います。   そして、次は 韓国でのお金管理! 韓国はカード社会です。交通カードのチャージなど、現金が必要な場面もありますが、ショッピングや食べ物屋さんの支払いにはほぼ、カードが使われます。 しかし、日本のカードを韓国で使うと手数料が高く、かといって韓国でカードを作ろうと思えば、外国人登録証のナンバーが必須なので入国してから1,2ヶ月はかかってしまいます。 ではその間、お金の管理はどうしたら良いのか? 結論から言うと、最初に日本から現金をできるだけ持ってくるのが一番いいと思います。キャッシュパスポートなどの手段もありますが、これは手数料が半端なく高くもったいなさすぎるのでお勧めしません。 外国人登録証さえあれば、どの銀行でもデビッドカードを作ることができるので、それが届くまでは保管に気をつけながら現金で過ごし、カードを作ったらそのカードの口座に入れて管理するのが一番ロスが少ない方法です。   ※これはあくまでも韓国に入国して外国人登録証が届くまでの1,2ヶ月間のお金の管理方法です!   以上、長くなりましたが、これらの事情は留学前にも留学に来てからも誰からも説明を受けなかったため、私ももう1人の北九大生も困惑していました。先に知っていて損はないです!また、こちらの大学(海洋大)の国際交流センターの方々は、優しいですが、自分から聞かない限り、向こうから何でもかんでもお知らせしてくれたり教えてくれたりしません。掲示板や放送に常に注意して過ごし、わからないことごあればすぐに聞くことが大切です。 のちに海洋大に留学する学生さん達の助けになる有益なレポートとなればと思います!   それでは、私の食料庫となっている机の引き出しの写真とともに、今月の留学レポートを終わります。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】韓国海洋大学校 外国語学部英米学科2年 H.K 2018年11月

 こんにちは!10月分の留学レポートを担当する、外国語学部英米学科2年の上米良穂乃里です。韓国に来てからもう約2か月経ちました。韓国と日本は似ている点が多くあるので、思った以上に生活に慣れるスピードが速いな、と自分でも感じております。ただ、私は辛い物が苦手なので、寮の食事や外食で未だに苦労しています。韓国に留学に行きたいと思われている方は早めに舌を慣らしておいて損はないと思います!(笑)   さて、10月の韓国海洋大学は2つメインイベントがありました!まず一つ目は大学祭です。 10月10日~13日まで3日間開催された大学祭では、外に特設ステージや屋台がたくさん並んでいる道があり、夜になるとステージで学生たちのカラオケ大会やダンスサークルの発表などいろいろな催し物がありました!一番驚いたのは大学内でお酒が無料で配られ、さらに即席のDJコーナーがあったことです(お酒は成人者のみ)。飲み会文化が浸透している韓国らしい一面を見ることが出来ました。  また、大学祭期間中にInternational student dayと称して、留学生全員で集まって、一緒にビュッフェを食べたりイベントを楽しんだりすることができる日もありました。韓国語を喋れる人とは韓国語で、まだ勉強中の人とは英語で話すことが出来て、とてもいい思い出になりました。    10月のもう一つのメインイベントは中間テストでした。中間テストで特に私が苦労したのは韓国語でのレポートと発表です。内容は、授業中に見た韓国映画を見て感じたことと、その映画のタイトルがなぜこうなったのかを考察するもので、自分なりに必死にまとめて発表しました。韓国人の友達にレポートを添削してもらい、何とか形にすることができてよかったです。それ以外にも学部の授業の試験もあり、中間テスト期間はほんとうに忙しい毎日を過ごしていました。こういう課題を着実にこなしつつ、いろいろな人と交流することで、少しずつ韓国語力を上げていけたらいいなと思っています。    最後に大学祭の写真をいくつか貼って、今回の留学レポートを終わりたいと思います。
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学
{z[
カテゴリー