posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 韓国海洋大学 石村裕美 2017年10月

 こんにちは!8月末から韓国の釜山に位置する韓国海洋大学校へ留学中の、国際関係学科2年石村裕美です。留学を開始してから早1ヵ月が経ちました。今回のレポートでは一ヶ月を振り返って、学校生活についてお話したいと思います。  ここ韓国海洋大学は、キャンパス全体が島となっており、海や山など多くの自然に囲まれています。また海洋大学ということで、学内には二隻の船があり、海軍の制服を着た学生さんもたくさんいます。この大学の大きな特徴の一つが、日本人が少ないという点です。北九大から派遣された私たち二人を含めた合計三人なので、学校生活を送る中で使う言語はほぼ韓国語ということになります。また、授業は留学生だけで行われる韓国語の授業も週に1コマありますが、留学生もそれぞれの学科に所属する形になるので、現地の学生と同様の講義を聞いています。私は英語英文学科に所属していますが、留学生だと他の学部の授業も取ることができるので、英文学科だけでなく東アジア学科の授業も受講しています。授業で話される内容は難しいものも多く、また英語に関しても韓国の学生はとても得意なのでついていくのがやっとな状況ですが、サポートしてくれる友達や先輩方もたくさんいるので、楽しく大学生活を送ることができています。現在は秋夕といって日本でいうお盆休みのような期間なのですが、休みが明けるとすぐに中間テストがあるので、勉強の方も気を抜かず一生懸命頑張っていきたいと思います。 写真は学内に二隻あるうちの一つハンバダ号です。
カテゴリー: 2017秋, 新着情報

【留学レポート】 韓国海洋大学校 塩出菜々子 2017年5月

 遅くなりましたが、4月の出来事のついて書きたいと思います。  釜山は暖かい気温のおかげか、桜の咲く時期が日本より早く、海洋大にある桜も3月末頃には満開になっていました。寮に行くまでの道にちょっとした桜並木があるのですが、そこの桜は何故か他と違ってモコモコと咲いていて可愛かったです。  その頃に私は友達と釜山外国語大学の先輩と一緒に、学校からバスと地下鉄で1時間半ほどいった所にある、トンネという桜の名所である所に出かけ、桜並木を見てきました。そこは道なりに永遠と桜が続いていて本当に綺麗でした。そこではお年寄りから子供まで幅広い年代層が集まっており、各々写真を撮ったり運動をしたりして楽しんでいました。  また、そこでは誰もレジャーシートを広げてご飯やお酒を食べたりしておらず、韓国には日本のように桜の下でお花見をするような文化が無い事に気づきました。そして、同じ日にその先輩に釜山外国語大学を案内してもらいました。外大は島状の海洋大と逆で、山を少し上ったところにありました。さすが私立だけあって学内の設備の良さや学生寮の綺麗さに驚きました。先輩のおかげで他の大学の雰囲気を知ることができて良かったです。  そして授業面では、今回の留学で初となる韓国語でのプレゼンテーションをしました。それはアメリカ文学史で教科書内(英語)に出でくる文学者についてプラスαで調べて発表するというものでした。発表時間はおよそ3~4分で、パワーポイントを用いて発表しました。発表の前に韓国人の友達に文法や発音がおかしくないかをチェックしてもらったおかげで自信を持ちながら発表できたと思います。クラスの人達もとても熱心に耳を傾けてくれていて嬉しかったです。しかし、他の韓国人の学生の発表を聞いているとみんな原稿を丸読みするのではなく、頭に入れておいた知識をその場その場で臨機応変に話している感じがして、自分の発表の未熟さに気づきました。  運よく、期末にもう一つ韓国語でプレゼンをする機会があるので、その時にはこちらの学生達の様なやり方に挑戦しようと思っています。  留学生活あと1か月も残っていませんが、やり残すことのない様に全力で頑張るつもりです。
カテゴリー: 2016秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 韓国海洋大学校 塩出菜々子(2016年12月)

12月に入り韓国は本格的な冬の寒さになりました。こちらは大学が海沿いに位置するため風がとても強く、本来の気温よりとても寒く感じます。では今回は11月の報告をしたいと思います。 先日大学内で外国語・韓国語大会が行われました。外国語は中国語・日本語・ドイツ語・フランス語部門があり、これらは韓国語も含めてスピーチの部門です。その他に英語プレゼンテーション部門と英語エッセイ部門があります。興味のある学生は申請して参加するという感じです。各部門順位によって賞金が貰えることになっており、私は今回韓国語スピーチの部門にエントリーすることにしました。スピーチのテーマは環境・平和・災害から選ぶことになっており、私は環境を選びました。 台本を作るときに仲のいい先輩が手伝ってくださり、申請まで一緒にしてくださいました。その先輩もフランス語のスピーチにエントリーしていて、実際私の知ってる人の中で今回のスピーチ大会に申請している人は多かったです。当日、開会式の後、各言語別に教室に分かれ始まりました。韓国語はあまり参加者がおらず、審査員の先生も優しい雰囲気の人だったため、あまり緊張することなくスピーチをすることができ、1位を貰うことができました! 私は今回のような人前に出て何かをするようなことに自分から挑戦したことはほとんど無く、不安もありましたが、今回やり遂げたことで少し自信に繋がったし、いい経験ができたと思いました。ちなみに授賞式前にはダンスサークルが前の舞台でTWICEのTTやSEVENTEENのアジュNICEを披露し、さすが韓国っぽいなと感じました。
カテゴリー: 2016秋, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 韓国海洋大学校 塩出 菜々子 2016年10月

こんにちは。私は韓国海洋大学に留学中の英米学科2年の塩出菜々子です。今回は9月の報告をしたいと思います。 9月に入り、履修を決めも終わり、本格的に授業が始まりました。土屋さんと私は英語科に所属しているので、授業はほとんど英語です。北九大とは違って3時間の授業もあるので少し大変です。韓国語の授業は週に1回、3時間あります。韓国語は初級・中級・高級から自分に合うクラスを選ぶことができます。私は北九大で韓国語の1~4と5.7を既に履修していたので中級を受けています。授業はオール韓国語で先生が丁寧に教えてくださいます。そして先ほど述べた通りその他は全て英語の授業なのですが、ネイティブの先生がオール英語でするものもあれば韓国語で授業をするのもあるのでその場合は授業についていくのが少ししんどいです。出される課題も、両面にわたって韓国語で書かれた文章を英語に訳すものが出たりして、時間がかかってしまいますが、その分達成感を感じ、楽しいです。 私達は留学生なので授業が少なく、空いた時間がとても多いです。だから自分のしたい勉強に充てれたり、たまに学校の近くの、ご飯屋さんが集まっているハリという所に行って、外食をしたり、カラオケに行ったりして楽しんでいます。 こちらに来てからもう1か月が過ぎてしまいました。残りの約9か月もあっという間だと思うので、これからも頑張っていきたいと思います。  以上で9月分の報告を終わります。
カテゴリー: 2016秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 韓国海洋大学校 奥山英里子(2016年4月)

こんにちは。4月分の留学レポート担当の奥山英里子です。魔の中間考査がやっと終わりました!!(毎日3時過ぎまで勉強に追われていました、、、)9月に韓国の한국해양대に留学し始めて約7か月経ちました。こちらでの生活にはもうすっかり慣れ、釜山が第2の故郷に感じます。3月に新入生が入学し、軍隊から帰ってきた学生、新しい交換留学生など様々な出会いがありました。そこで今回は、留学先での友達の作り方や友達とどのように過ごすのかについてお話ししたいと思います。     まず、最初に友達の作り方についてお話ししたいと思います。韓国へ留学する学生は、語学堂と呼ばれる大学に敷設するlanguage instituteのようなところで、韓国語だけを勉強するということが一般的ですが、ここ韓国海洋大学校には残念ながらそのような施設がありません。つまり、私たち交換留学生はそれぞれ各学科に所属するという形になります。ちなみに、北九州市立大学は、東アジア学科と英語学科と提携しています。各学科のスケジュールにもよりますが、3月の2週目の夜に、개총と呼ばれる開講総会があり、そのあとに食事会へ行きます。そこでたくさんの人が集まるので、自然と友達を作る機会を得ることができます。隣に座っている人に挨拶をし、名前や年齢を尋ねれば、もう100%友達です!!(笑)     [개총にて]   このように、みんなでたくさん写真を撮り、初対面であるにもかかわらず気まずさを全く感じません。とても楽しい時間がすごせます。   また、学科ごとにМTと呼ばれるmember trainingという仲良くなることを目的とした合宿や留学生のための小旅行などもあります。日本の大学に比べて、韓国海洋大学校は友達を作りやすいのではないのかなと思います。  [MTにて]  [留学生旅行にて]   他にも、学校の近くにある하리というチキン屋や食堂が集まるところで、隣の席に人と仲良くなり、たくさんの友達を作ることもできます。韓国海洋大の学生たちは、他の大学に比べてとてもフレンドリーだと彼ら自身が言っているほど、フレンドリーです。韓国人の友達何人できた?と言われても、本当に数えきれないほどたくさんの友達ができました。    次に、友達とどのように過ごすのかについてお話ししたいと思います。   私は主に、友達とご飯を食べにいくことが多いです。チキンや설빙という韓国の有名なデザート、豚足、釜山ならではの貝なべやタコ料理を食べに行きました。現地の人と行くので、美味しいお店や食べ方を教えてくれます。   また、一緒にカラオケに行ったり、野球観戦に行ったりもしました。他にも、カフェに勉強しに行ったり、ショッピングをしに行ったりもしました。    [野球観戦にて]   友達とこのように過ごすことで、日本語以外の言語をフルに使い、自然に言語を身につけることができます。   友達を作り、一緒に過ごすことで留学生活をより充実、楽しくさせることができると思います。   あと2ヶ月で、留学生活が終わってしまいます。最後の最後まで、授業からだけではなく、友達からもたくさんここでしかできないことを学んでいきたいと思います。       最後の写真は学校内の桜の写真です。釜山もとても桜が綺麗でした~!
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】韓国海洋大学校 野口梨子(2016年3月)

遅くなりましたが1月の報告をさせて頂きます、国際関係学科の野口梨子です。 韓国海洋大学校では12月の後半から2月の末まで長期休暇でした。 今回の報告では長期期間中の過ごし方について報告しようと思います。   韓国人学生のほとんどは実家に帰省しますが、留学生の場合、別途休暇期間の寮費を支払うことで休暇中も滞在することが出来ます。また私の場合、年末年始は日本で過ごし、1月の大半はまた韓国で、そして2月は日本に帰省するという形を取りました。   このような形をとった理由は、私は今学期から4年生になるので日本で行われる就活準備講座やインターシップに参加したい、また同時にようやく身についてきた韓国語を長期休暇中、より向上させたいという思いがあったからです。   1月は韓国語能力試験TOPIKの1番高い級である6級を目指して勉強をしていました。が、残念ながら5級に合格という結果に終わりました。 履歴書に6級と記入したい…ので継続して勉強中です! ここでTOPIKを受けるとき注意しておくべきことがあるのですが、学校に近くの試験会場で試験を受けようと思うのであれば、受付開始からすぐに申請を出すことです。 빨리빨리 해야지ㅎㅎです。 私は申請にてこずってしまい、結局バスを乗り継いで3時間程度かかる会場で受けることになりました…           TOPIKの勉強以外では、TOEICを受けに行ってみたり、留学生の友達と釜山を探検したり、韓国人の友達と食事をしに行ったり… 私のおすすめはお洒落なカフェを探してそこで勉強することです。 韓国には店員さんと話すことも勉強になりますし!         韓国はカフェだらけです。   という締まりのない文章となってしまいましたが、以上で1月の報告を終えたいと思います。
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】韓国海洋大学  新井隼(2015年12月)

みなさん、こんにちは。 私は現在、韓国海洋大学に交換留学生として留学している、外国語学部英米学科の新井隼です。大変遅くなってしまいましたが、ここに11月の留学報告をさせていただきます。  韓国に留学し約3ヶ月がたとうとしています。海洋大は海のすぐ側にあるので最近では海風がとてもつめたく感じます。ですが風があまり強くない日には大学の敷地内を、夜ご飯を食べた後に友達と散歩をすると風が心地良く感じられます。今回は交通手段について紹介したいと思います。釜山市内バスの190番と学校のシャトルバスの2つが私たちは最近主に使っているものです。 市内バスは学内にバス停があり、そこが始発となっています。それに乗ると釜山の観光スポットの1つでもある南浦洞に約20分程で行くことができます。また交通費は日本に比べ非常に、安く交通ICカードを利用すれば約130円(₩1,200)ほどです。 また学校のシャトルバスは、学内からハリというところまで行くことができます。ハリというところまで行けば、バスの本数も多くなり、複数の飲食店、カフェ、小さなスーパーのようなものもあります。また1人暮らしをする韓国人の学生たちの多くはハリに住んでいます。 以上簡単ですが、海洋大の主な交通手段の紹介でした。    
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】韓国海洋大学校 野口梨子 (2015年10月)

こんにちは。私は韓国海洋大学校に留学中の国際関係学科3年の野口梨子です。遅くなりましたが10月の報告をさせていただきます。周囲を海に囲まれている海洋大は非常に海風が強く寒くなってきました。 今回は9月後半にあったチュソクという韓国の季節の行事と、私が所属する東アジア学科の様子について紹介したいと思います。9月26日から29日までチュソクという日本で言うお盆のような行事がありました。韓国の人々はこの時期に家族で集まり団欒を楽しみ、お墓参りなどをします。寮に住む生徒たちほとんど実家に帰るため、寮の食堂は営業していません。そのため私たち留学生は学校の外にご飯を食べに行くか、事前に食料を確保しておく必要があります。また学校の外に出るシャトルバスが運休していて、近くの食堂、スーパーも休みの所が多いので少し不便でした。   10月に入ると私の所属する東アジア学科でとタプサ(踏査)という1泊2日の社会科見学に行きました。午前中は博物館を見て回り、夜は飲み会です。韓国で人間関係を築く時にはお酒が必須条件です。教授も踊っていらっしゃいます…       そして中間考査もありました。韓国は完全な学力社会のため、生徒たちは良い成績のために必死です。    東アジア学科は発表の授業がとても多く、生徒たちのプレゼンテーション能力はかなり高いです。50分間のプレゼンをして40分も討論する授業もあります。見てください、このパワーポイント!!商品企業の会議のようなクオリティ…ちなみに私は来週発表の担当になっています。なんとか頑張ろうと思います。     以上で10月の報告を終わらせていただきます。
カテゴリー: 2015秋, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】韓国海洋大学校 奥山英里子(2015年9月)

こんにちは。国際関係学科2年の奥山英里子です。私は、韓国の釜山にある韓国海洋大学校に留学しています。私を含め3人が今年から初めて韓国海洋大学校に留学しています。まだ、こちらに来て約1週間ですが、今回は韓国海洋大の様子についてお話しようと思います。  海洋大は、島全体が大学となっています。周りは、海に囲まれ、山もあるので自然にとても恵まれています。ちなみに、北九州市立大学では信じられないと思いますが、海洋大には鹿やウサギもいます。 キャンパスは、学部ごとに一つの建物があり、他にも海洋工学科や海洋体育科のために大きな船、クリーニング屋、カフェがあります。また、たくさんの学生が寮生活をおくっています。私たちが生活しているのはD8のInternational Exchange & Cooperation Centerです。
カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 韓国海洋大学
{z[
カテゴリー